2021年11月05日

土地が傾いているから架台は

ゆるやかな斜面に建っている建物。


裏手には、設備機器類が並んでいる。


21110501.JPG


裏手が地盤が低い側であるために
機器類の架台が、ずいぶん高さのあるものになっている。



室外機は、こんなに高い架台でなくても
良かったんじゃないかな?


いやでも、車両が通行する面でもあるから
破損防止も兼ねての措置なんだろうか?


接地部分は市販のコンクリート材で、
アジャスタによって高さを調整してあるから
強度としてはたいして無いだろう。


転倒防止に壁つなぎしてあるくらいなら
壁(基礎立ち上がり)から支持した
壁掛け架台でも良かったんじゃないかという気もする。




屋根に上がるための外壁はしごの脇に
スライダーのはしごが立て掛けたままになっている。

しょっちゅう屋根に上る必要性があるんだろうか?



そして、手前の灯油タンク。

これまた、脚が長いのだ。



21110502.JPG


どう? 4等身くらい?


重心が高いから、束石を埋めて
そこにアンカー止めしてあるようだ。

このくらいしておかないと、
倒れそうだから。



タンクから下部に取り出す灯油配管
(たぶん被覆銅管だ)は
カバーによって覆われている。


立ち下げ長さがかなりあるので
破損対策という側面もあるだろう。

「灯油の盗難防止」という面も、
少なからずあるだろう。


世界的に見れば治安が良いと言われる我が国であるが
だからと言って窃盗や殺人が皆無というわけではなく
一定数の犯罪は起こるのだから
予防の観点も必要なのだろう。


住宅の鍵なんてかける必要もない、なんていう
田舎の集落であっても、
それらを専門に狙い行脚する輩もいるというのだから
ある程度の防犯対策は必要なのだ。


これだけ高さのあるタンクだと
上部から給油するのは大変だろうな。


いやいや、タンクローリー自体が足場代わりになるから
横付けできれば問題ないかな。



中に厨房があるみたい。


21110503.JPG


換気用のフードがいっぱい並んでいて、
たぶん給湯機用の給排気トップもまた、並んでいる。

よく見ると、一番右のトップだけ形が違うようだ。


これだけ排気口が多いと、
トップから吸われる給気は排気成分が多いものに
なるのだろうなぁ。


ガスか灯油か、燃焼用の空気であって
人間の呼吸用じゃないから
それほど支障は無いのかなぁ。

少々の不完全燃焼気味になることは
ひょっとするとあるのかもしれない。
(「土地が傾いているから架台は」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月04日

うっかり操作してしまうから

とあるトイレを利用した。

個室タイプだから、落ち着いて利用できて、
落ち着いて撮影できる。


ふぅ。


21110401.JPG


粗相をしてしまう利用者が一定数いるのか、
ライニングに清掃用の水栓が設けてある。

もちろん、勝手に水を出されたら困るから
ハンドルは外してある。

必要な際にはスタッフがハンドルを持ってきて
水を使うのだ。


跳ね上げ式の手すりは、
スイング式のように場所を取らないけれど
手を挟むリスクはつきまとうので
一応「気ぃつけや!」とシールが貼ってある。



さてこのトイレ、
側面に特徴的な表示が……。



21110402.JPG


フツーに手すりと紙巻器とリモコンとがついているのだが
その右、緊急呼び出しボタンのところに
何やらシールが貼ってある。


21110403.JPG


洗浄ボタンか何かと勘違いされて押され、
スタッフが駆けつけざるを得ない事態が
何度もあったんだろう。


お気の毒、かもしれない。



緊急呼び出しボタンなのだから、
緊急時には迷いなく、探すことなく、
躊躇なく押してもらって良いのだけれども
うっかり押されてはたまらない。


そんな切実な思いが具現化された
そんなテープに見えた。

大変だなぁ。



窓のないトイレだから、
換気扇がついている。
(建築基準法施行令第28条による義務でもある)

天井面に設ける、
天井埋込形換気扇である。


21110404.JPG


お約束のようにフェースがナナメなのは
ご愛嬌なのだ。



この換気扇は、
建築基準法施行令第20条の8第1項に基づく
常時換気(24時間換気)でもあって、
壁面上部にスイッチがついていた。


21110405.JPG


ホルムアルデヒド発散対策として、
新築建物の居室に設ける義務がある機械換気設備だ。

換気計画によっては廊下やトイレ部分も
「居室」としてカウントされる場合がある。
飽くまで「計画次第」だ。

この建物では、トイレも対象面積に入っていることになる。



常時運転されている前提なので
スイッチは入れっぱなしである。

ついうっかり切ってしまわないように
ON-OFFスイッチ部分にはカバーがかかっていて
「24時間換気」と表示されている。


21110406.JPG


このカバーを開けると片切スイッチが入っていて
OFFにすることができる。

カバーによって「うっかり」を担保しているのだ。

これは緊急用でも何でもないから、
カバーをかけて、
更に壁の上方に設けることによって
敢えて操作しづらくしてあるのだ。



呼び出しボタンと換気スイッチ、
どちらも「うっかり操作」を防止したいものではあるが
「緊急用」についてはなかなか悩ましいものだ。


目立たせるテープで訴えるしかないのかな。
(「うっかり操作してしまうから」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月03日

便座の色を意識するかしないか

昔の衛生陶器には、
いろんな色があった。

カタログにもいろんな色のバリエーションが載っていて
なかなかカラフルであったものであるが、
最近はめっきり色数が減った。


TOTO株式会社の2021年カタログ P.17には

#NW1 ホワイト
#SC1 パステルアイボリー

この2色が標準色としてあるのみで、

#SR2 パステルピンク
#NG2 ホワイトグレー

の2色が納期約2週間の受注生産品となっている。


よほどの大型物件で大量注文があれば
特注対応をしてもらえるのかどうか。

生憎該当するような案件に関わったことがないので
知る由もない。


古い飲食テナントビルに入る店のトイレなんかに
昔のいろんな色の便器が据えられているのを見ることもあるが
徐々にその姿を減らしているのであろう。



ロータンク式の洋式トイレは
便器・タンク・便座の組み合わせになっているのだけれど
改修やら取り替えやらの都合で
色が揃わないこともある。

洗浄便座など、陶器メーカー以外でも造っているし。



そんな便器セットを見かけると、
やはり撮っておきたくなるのである。


21110301.JPG



白い便器・白いタンクに、クリーム色と表現したらよいのか、
そういう便座が載っている。


元々普通便座で、後から温水洗浄便座に取り替えた、
そんな感じだろうか。



21110302.JPG


照明がいまいち明るくないので違いがわかりづらいかもしれないが
こっちの便座はピンク系だ。

洗浄機能の無い、暖房便座である。


これも、普通便座からの置き換えか。



これらのように、便器と便座、
ごくたまに便器とタンクとの色が違ったりするのを見ると
嬉しかったりする。


止むを止まれぬ事情により
心苦しいながらも仕方なく
心ならずもそうせざるを得なかった苦渋の決断に対して

「嬉しい」

なんて言ったら、怒られるかもしれない。



でも、むしろ心を軽くしていただきたいものだ。

「不本意ながら」と思っていたことが
実はある人物にとっては希少価値を感じるものである
可能性もあるのだと。



切手とかコインなどの収集家にとっては、
何かしらの「エラー」が出来てしまったものこそ
価値あるものだったりするのだ。


ペットの動物でも、
特殊な模様や毛並みを有する個体のほうが
重宝されたりするものなのだ。



そんな風に捉えることができたら、
物事結構気楽に取り組めるのではないだろうか?



だからと言って、
エラーに満ちた設備設計図は
誰にとっても希少価値などではない
ただの「クズ」と言われてしまうので
そっちのお仕事はちゃんとやらないとならないのだ。

(っていう、自戒なのだ)
(「便座の色を意識するかしないか」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 衛生設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月02日

外壁の色を意識するかしないか

外壁に沿って置かれる設備機器について、
その色をどうするのか、
関心がある人がいたり、どうでもよい人もいたり。



21110201.JPG


黒い仕上げの外壁だから、
冷媒管用のスリムダクト(配管カバーのこと)や電線管も
同じ色にしている。


のだけれども、室外機本体や架台については
オリジナルの色のままで特に着色するでもなく。

その意図は、如何に?



そして更に横を見ていくと、
途中で仕上材が変わる。


21110202.JPG


黒い外壁部分では、
プルボックスも電線管も盤も、
黒く着色されている。

ついでに言及すれば、
窓枠も黒い。



けれども、換気フードは
元の製品色のまま着色されていない。



レンガ調の仕上げになった部分の境目には
茶系のスリムダクトを通してあって
(窓枠も茶系になっている)
それでも室外機や架台はオリジナルの色。


その意図は、如何に?



更に更に横を見ていく。


21110203.JPG


レンガ部分のプルボックスと電線管は、
茶系に塗られていて、

一部挟まれている黒い仕上げ部分にあるスリムダクトは
やはり黒色のものが取り付けられていて、
でもここのボックスや換気フードは銀色のままで、
室外機や架台もオリジナルのままだ。


その意図は、如何に?



なんて、いちいち茶々を入れたって、
仕方がないのである。


この建物の利用者でも所有者でもない、
単なる通行人なのだから
何も気にせずに見過ごせばよいのだ。


所詮は他人事なのだ。


なのだけれども、
気になり出すと気になっちゃうのも
やっぱり仕方のないこと。


別にクレームの電話やメールを送るわけでもなく
ただこうやって記事に上げて
(住所や建物名を晒すわけでもなく)
ひとりごちているだけなのだから
こういうどーでも良いことを一々気にする
「変なヤツ」と片付けていただいて構わないのだ。



誰のご迷惑にもなっていないですよね?


ただ、この記事をご覧になっておられる方々の
お目汚しではあるかもしれない。



勝手ながら、
ちょっとだけ付け加えさせていただくならば、
このようなブログを
ある程度の頻度でご覧になっている方がいたとしたら
「ご同類」に比較的近いのではないかという気がするので
きっとご甘受いただける筈に違いないのだ。


そういうことに、しておくのだ。
(「外壁の色を意識するかしないか」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(2) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月01日

排気は屋上から

駐車場の隣に、ラーメン店があった。


ラーメン店では、湯気が朦々と立ち上り
またチャーハンなどを煽る際の煙もまた激しいものである。


よって、それなりの排気設備がなければ
店内たちまち湯気と煙とが充満してしまう。



排気ファンはどこに置くか?


排気ダクトはどこに通すか?



テナントとして入る建物であれば
後付けで何とかするしかないから、

ファンは屋上に、

ダクトは外壁に。



21110101.JPG



ビカビカのステンレスダクトだったのだろうけれど
長年の排気、漏気、支持金物などの錆により
外壁ともども徐々に汚れていくようだ。



たいてい、ほんとうに少しずつ少しずつ
それらの汚れが進行していくので
毎日とか毎週とか見ている人にとっては
ほとんど気にならないことだろう。



でもそうではない人がみると

「なんか、キタナイ。汚れてる」


意識にものぼらない、
そんな漠然とした印象だけを残すことがある。


ただ逆に、むしろそんな所こそが
老舗感を醸し出して食欲をそそり
集客につながるかもしれない。


意図してやるか、
意図せずしてたまたまそうなるか。


商売って、難しいものだと思うのだ。
(「排気は屋上から」おわり)
posted by けろ at 12:00| Comment(0) | 換気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月31日

壁面に埋め込まれている熱源機

とある、駐車場にて。



壁面部分に、何かが埋め込まれている?



21103101.JPG



上方に、給排気トップと思われるものが2つ。

その少し下と、最下部に通気口らしきベントキャップが計4個。
(1つは、ひしゃげている)

そして何か、電線管らしきものが、左上方から伸びてきている。



これは、何だろう?



たぶん、この駐車場部分用に設けられた
ロードヒーティングの熱源機が2台、
この壁面に埋め込まれているのだろう。



給排気トップが出ているということは
電気式ではなくて燃焼式なのだ。


灯油なのかガスなのかは、ここだけじゃわからない。


どこかから引っぱってこられているのだろうけれど
表に見えていないから、わからない。



あの扉を開いて中を見たら
わかるんだろうな。



でも、たまたまここに来ただけだから、
わからんよ。



雪を解かしてしまうのが前提だから、
建具下端が地面ギリギリであっても問題ないのだろう。
(「壁面に埋め込まれている熱源機」おわり)
posted by けろ at 21:00| Comment(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月30日

配管改修をした後の洗面器

あるところのトイレに寄ったら
配管改修をした後と思われる洗面器が並んでいた。



その改修自体が、結構前のことだったのだろう、
すでに「故障中」となっている。


21103001.JPG


何が故障しているんだろう?

カランがダメになった?

排水が詰まった?

少なくとも止水栓は機能しているようだ。



水石鹸入れと、混合水栓のスパウト部が取り外されていて
こういう状態を目にすることは珍しいだろう。



給水管も給湯管も排水管も、
一斉にやり替えたのだろう。


元々ライニング内に配管されていたものを
ライニングごと壊してやるのではなくて
配管のみ露出で通してつなげましたという状態。



こうなると、ちょっとしゃがんで下から見てみるしかなくなる。


21103002.JPG


なかなか、うまい具合につなげたものである。



Sトラップには、この長さのものが部品としてあったものか
下部を切断して使ったものか、
よくわからない。



配管保温の外装材が綿布巻きになっているから
結構昔の施工によるものだ。

保温材を巻いて、針金で留めて、
綿布を巻いて、目止めを塗って、
中塗りと仕上げ塗りをして……。

すごく、すごく手間のかかる仕上げなのだ。

よくこんな事してたなぁ。


最近の仕様だと、カバーをかけておしまいだ。


21103003.JPG


支持金物もボルト・ナットも、全部クリーム色に塗ってあって
執念を感じるくらいだ。



タイルも、目地も、
だいぶ劣化してきている。


打診棒を当てたら、
かなり浮いているヤツが多いんじゃないかな。



遠からず、トイレの全面リニューアルでも行われるんじゃないかな。
(「配管改修をした後の洗面器」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 衛生設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月29日

向かい合う壁に

建物と建物との間には、
いろんな設備類がついていることが多い。


正面に据えてしまうと目立ってしまうから
側面とか裏面に置くようになるのも
仕方がないのである。



とある、住宅とちょっと大きめの建物とが隣接している場所で
壁を眺めてみた。


ほんの通りがかりだ。



21102901.JPG



住宅の脇には、
屋根付きの灯油タンクがついている。


隣の施設の壁面には、
換気用のフードやらエアコンの室外機やら
所狭しと並んでいるのである。



壁面の室外機は、
冬期の雪対策として
防雪フード付きになっている。

ということは、冷暖房どちらも使うタイプなのだ。


近年、外気低温時の暖房性能が格段に向上したため、
寒冷地であっても冷暖房をエアコンでまかなう例が
激増している。


夏期の暑さが尋常ではなくなってきているから
冷房はもはや必須であって
暖房性能が高まったのであれば、
更に別に温水暖房や灯油ストーブを追加しなくても
現代の高気密高断熱建築物であれば
全く問題無くなっているのである。



住宅側の壁を、もちょっと見てみよう。


21102902.JPG


それほど新しい造りではなさそうで、
だとするとそれほど高い断熱性能を有していないはずで
となるとエアコンだけで冷暖房を賄うには厳しかろう。


で、灯油を燃料とした暖房を行っているのだろう。



屋根からの落雪に備えて、
灯油タンクには屋根が取り付けられている。


雪庇がタンクに直撃すると
上部の通気管やレベルゲージが壊れるかもしれないし、
給油口が凍りついて開かなくなるかもしれない。


タンクメーカーでも、こういうオプション品を
売っているのである。



灯油タンクから取り出された灯油管にはカバーがついていて
細い被覆銅管をちょん切って灯油を失敬しようなどという
不届き者を妨害するようになっている。

こうしなきゃならない、被害の実例があるのだとしたら
なんとも残念なことである。



住宅の屋根は無落雪の造りのようだ。

外壁にくっついた縦長の出っ張りには
雨水管が納められているのだろうか。

屋内に通すとその分家が狭くなるから
見た目を気にしない側面ならば
これも良かろう。



そこかしこ、あらゆる建物には、
「せつび」がついていて
このように目に見える状態のものも少なくない。


どこを歩いていても、
まず退屈する心配は無いのである。
(「向かい合う壁に」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月28日

掃除されていない制気口

とある天井面についていた吸込口。


21102801.JPG


既存図が無いから、サイズを測ってみたのだけれど。


ずいぶんホコリがついたルーバーである。



うまくピントが合っていなかったけど
雰囲気はわかっていただけるだろうか。


21102802.JPG


何年分のホコリなのかな。



半年くらい毎に掃除してほしいものだけれど
なにぶん人件費がかかるから……ね。


ってことで放置され続けてしまうのである。



気になるって言うんだったら、
お前がやれよ。


そですね。そう言われますよね。


でも装備がないし……。

コレ、設計調査だしぃ……。

ワタクシもまた、見るだけ見て
何らの改善策にも着手しないのである。



かくして、これからも放置され続けるのである。
(「掃除されていない制気口」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 換気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月27日

タコ足ダクト

天井内、ボックスからフレキダクトが伸びていて
壁の向こうにつながっている。


21102701.JPG


排水管や上方の給水管、電線管などと位置の取り合いをした結果
こんな避け方になったのかもしれない。


も少し奥をみると
このボックスから出ているフレキダクトは1本ではきかない。


21102702.JPG


貫通孔のサイズの制約などから
あまり太いダクトを通すことができないから
丸ダクトを何本も通さざるを得なくなったのだろうか。


21102703.JPG


制気口につながるダクトも
なぜか2本に分けられていた。



このボックス、タコ足のようにダクトがたくさん生えているのだ。

分岐用のチャンバーなのだ。



キレイに割りを入れた矩形ダクトは作りが美しいのだけれど
イザとなったらこうやって無理くり分岐してしまう手もある。


ダクト抵抗的には、あんまり条件が良いとは思われないけれど。
(「タコ足ダクト」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 換気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする