2020年06月07日

ああ、あの人の曲だ。伊福部昭。

伊福部昭 という人をご存知であろうか。


独学で作曲を習得した作曲家 ということである。


「公式ホームページ」というのが、いつまでも暫定版のまま。



北海道釧路で生まれた後、音更(おとふけ)町に移り、
札幌二中〜北海道帝国大学農学部を経て帝室林野管理局勤務となり
その傍ら作曲活動をしていたそうである。



それを記念して、音更町には 伊福部昭音楽資料室 が設けられている。

資料室は、音更町図書館 の一室にある。



図書館正面。


20060701.JPG


ガラスの直方体と、RCの左右に広がるアプローチが特徴的である。


20060702.JPG


設計は、山下設計 が担当したようだ。



正面入口は……実は、視認しづらい。


20060703.JPG


図書館、の文字が小さく、自動ドアも中の様子が伺えないもので

「ここから? 入っていいんだよね?」

初見だと、戸惑う。


まあ、戸惑うのは最初だけで、2回目以降は気にならないだろうし
町民のための施設であるからして問題はないのだろう。



音楽資料室の看板のほうがだいぶ大きいので、
かなり力の入った資料室であることが期待される(かもしれない)。



エントランスを入り、展示ホール的な場所を通過しそのまま奥に進むと
資料室が2階にあることがわかる。


20060704.JPG


図書館は1階この奥にあるのだが、
その存在よりも目立つ、資料室の表示なのである。



階段を上がり、折れて少し進むと「資料室」があった。


20060705.JPG



中には、氏の業績を物語る、様々な文字、文字、文字、写真。


20060706.JPG


文書庫 + 文字資料

そんな感じの展示であった。



そう。

「博物館」「記念館」なのではなく、
文字通り「資料室」なのであった。

そして、「室」は、この1室のみ。
そんなに広いスペースではない。

「博物館」の期待感を持って行くと、ちょっと拍子抜けするかも。



20060707.JPG



音楽CDやレコードの収蔵もある。

脇のミュージックボックスで240曲聴けるとのこと。



20060708.JPG


作品リストのうち、映画音楽部分。


そう。あの「ゴジラ」のテーマは
彼の作品であった。

他にも、実際に聴けば「耳にしたことのある」曲は
きっと多いに違いない。



本来はクラッシック音楽の作曲家であって、
国際的な作曲コンクールで優勝したりしているらしいのだが
映画音楽のほうが一般には馴染みが深そうである。


うん、いろんな人がいるものだ。



さて、折角なので「せつび」も観る。



20060709.JPG


廊下端部、階段室手前・エレベーターホールの外壁には
温水パネルヒーターが設置されている。

北海道十勝の寒冷条件を考えれば、
この広い窓面の外皮負荷処理は重要である。

天井面には、ファンコンベクターの吸込口とおぼしきものも見える。



エントランスホールの外壁面は、
全面ガラスである。


20060710.JPG


足元まですっきりと、中庭を見渡せる。



この寒冷地で、このガラス面が結露してしまわないために、
窓下に放熱器を置くのが一般的なのだが、
ここではそれを、このような納めにより実現している。


20060711.JPG


窓下の、グレーチング。

放熱器は、この下に入れてあるのだ。


20060712.JPG


どうせピットは造るのだし、
配管も通すのだから
放熱器ごと納めたって構わないよね。



放熱器は、敢えて見せても良いだろうし、
このように表に出さなくても良かろう。


意匠設計者の感覚・考え方・好みに合わせたい。



設備設計にかかわるワタクシ個人の好みにも
これは合致している。

デザインを重視するあまり機能を犠牲にするものではなくて
機能性も維持した上で実現されている計画であるから。



「意匠」は大事だろう。


「人は見た目が9割」なんて言われるくらいだ。
「見た目」は、たといそれを意識していなかったとしても
人の思考に及ぼす影響力は大きなものである。


けれど、もし「見た目だけ」にこだわるならば、
それは不健全でもある。



昔、女性の肌が白くなるからという理由で
水銀化合物が化粧品として使われていたというが
それは単に水銀中毒で顔が青白くなるだけであった。


理屈がわからなかった時代は仕方ないのかも知れないが
現代でそれをやればもはや犯罪である。



「室外機の見た目が邪魔」という理由で、
厳重に目隠しの板で覆ってしまえば
効率は激減し能力も下がり
人にとっても機械にとっても良いことはない。

邪魔にならない場所に置くとか
効率を犠牲にしない隠し方をするとか
できることはたくさんある。

何も考えることなく
単に「邪魔」と片付けるのは、
非常に乱暴なことだ、とワタクシは思う。



その「乱暴」が、結構いろんなところで見られるのは
悲しいことだとも思う。



逆に、そのあたりがとても良く調和してると、
楽しく、嬉しくなる。

そんな「作品」に、たくさん出会っていきたい。
(「ああ、あの人の曲だ。伊福部昭。」おわり)
posted by けろ at 12:00| Comment(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月06日

日本で唯一のビール博物館、ということだ

「日本で唯一のビールに関する博物館」と称している、
サッポロビール博物館



同じ会社の ヱビスビール記念館 は、違うの? という疑問はさておき。
(URLにも museum って入ってるけど)



明治時代、国策として行われた多くの事業の一つが、
ビール醸造、なのであった。

「殖産興業」のもと、そのバイタリティはもの凄いものである。



その産業遺構を博物館として残してあるのだ。



20060601.JPG



天気が、悪い。ので、映えない。
けど、訪れた日がそうだったのだから仕方がない。



レンガ造りの建物が遺されていて、
一部が博物館やレストランとして利用されている。



現代の利用に耐えるよう、
耐震補強、設備追加など、さまざまな改修が加えられているに違いない。
そうでなければ、いろんな法にひっかかるし、いろんな不都合が生じる。



20060602.JPG



当時の雰囲気を最大限残しつつも、
傷んだ部分は補修し、汚れた部分はきれいにし、
建築的にも必要なものを添加している。



20060603.JPG



「博物館」としての動線計画もあるから、
おそらく従来とは異なるエントランスを新設したのであろう。


20060604.JPG


今どきはスロープが必須だし、
「完全に元のまま」というわけにはいかないものである。
また、その必要性もあるまい。



連結散水設備の、送水口。


20060605.JPG


すでにこれもだいぶ古ぼけてきているから
ピッカピカのものよりも溶け込みやすいかもしれない。



屋外消火栓ホース格納箱も、それっぽい塗装。


20060606.JPG


ガス管も塗ってあるけど、
ガスメーターには「指定色品」なんて無いから
まあ仕方ないんだろう。

プロパンなら無理やり塗ってる建物もあるんだろうけど
都市ガスだとそうもいくまい。



自販機も、レンガ柄。


20060607.JPG



内部も、元のレンガのイメージを最大限保ちつつ、
おそらく全面改修したに違いない。



20060608.JPG


螺旋階段は、どうみても後付け。


元はどうだったのかわからないけれど、
壁面のノズルがいい感じで取り付いている。



20060609.JPG


喫煙所も取り付けられていて、
換気扇やダクトもナマのスパイラルダクトじゃなくて
化粧が施されている。



配管類、照明器具類、コンセント類も
全部後付け。


20060610.JPG



外壁面には、補助暖房なのか、メインの暖房なのか、
ローボーイ形っぽいファンコイルユイットっぽいものがある。


20060611.JPG


これだけでは、冷温水がつながっているのか、温水だけなのか、
電気式なのか、判別しかねる。

蒸気ではないっぽいけど。



「博物館」としての展示も、ちょっとだけご紹介しておく。


20060612.JPG


「重要科学技術史資料」としての、麦汁煮沸釜。


20060613.JPG


結構貴重なもののようである。



20060614.JPG


これは何だったのか……。
忘れちゃった。

何か搾る感じのものかな?



村橋久成、中川清兵衛の物語が
パネルによって紹介されている。


20060615.JPG


各国語で書かれたラミネート説明板も用意されている。
英、中、韓のほか、タイ語などもあったような気がする。


有料のプレミアムツアー参加者には、
専用の英語・韓国語の音声ガイド端末貸し出し(有料)もある。

今どき中国語もありそうだけれど、無いんだね。



官営であった麦酒醸造所が、民間に払い下げられて産業化していった。


20060616.JPG


大成建設との繋がりは、こういうところからあったんだ、と
認識できよう。


あ、次回一万円札の人も関係してるんだ。



「ただの暗記科目」としか認識していなかった地歴科目だけれど
時代の流れ、人物の関係性などとともに見ていくと
なかなか面白いものなんだなと、やっと気づくようになってきたような。



サッポロビール園 も併設されている
(というか、博物館のほうがオマケで、メインがビール園)ので、
羊肉とともに堪能できるのである。



もうもうと立ち込める煙を堪能したい人向け、
無煙ロースターで楽しみたい人向けなど、
いくつかの建物があるので目的に合わせて選ぶことができる。



通販や物産展で、あるいはアンテナショップで、
今どきは全国・全世界どこにいても食材は手に入るかもしれないけれど、
やはり本場で食べてこそ。

雰囲気・気分も含めての味なのである。



コロナ禍は過ぎ去ったと言える状況がいつになるのか
見当もつかないけれど、
様子を見つつ、ある程度経済を回すという意味でも、
そろそろ訪問を考えても良い時期じゃないかと思ってみたりする。



「以前(Before Corona)と同じ」には、たぶんならないだろう。

けれど、「今後(After Corona)の新しいあり方」は
形作っていかなくてはならない。



我々の敵は、決して SARS-CoV-2 だけではない。

毎年万人単位の犠牲者を出す季節性インフルエンザも、
未だ根絶とは程遠い結核、梅毒、HIVなど各種感染症も、
各種のガンも、不慮の事故も、
猛暑も豪雨も台風も地震も噴火も高潮も津波も、
経済不況も雇い止めもセーフティーネットの崩壊も
国際関係の悪化も家庭内不和も、
ありとあらゆる「危機の源泉」が存在している。



たとい健康であっても、経済的に立ち行かなくなれば
やはり生きてゆけない。

経済最優先、とするのは危険だけれど、
優先度は決して低くはないはずだ。


そもそも、ある程度経済的裏付けが無ければ、
各種の危機への対策も打てないのだから。



ここで経済をうまく回すアイディアと実行力を見せる人がいたら、
ノーベル経済学賞が貰えるんじゃないだろうか?

よくわからんけど。
(「日本で唯一のビール博物館、ということだ」おわり)
posted by けろ at 14:00| Comment(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

ビールとカブト

これ、何でしょう?


20060501.JPG


タイトルで、すでに全部説明しちゃってる感もあるのだが。



現在は、モニュメントとして保存されているのであるが、
元々は煙突の頂部に取り付けてあったものなんだそうで。


20060502.JPG



「機能美」の典型的なものなのかもしれない、と
勝手に思う。



あまり気づかれていないけれど、
後代になると取り上げられる、こういうモノたちが
現在もたくさんあるに違いない。



「せつび」たちも、その中の一領域のはずなのである。
(「ビールとカブト」おわり)
posted by けろ at 10:00| Comment(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月04日

逆さ北海道

北海道を東西に伸びる、
道東自動車道。


その途中、
日高山脈を貫くあたりに
占冠パーキングエリアがある。


「占冠」は、「しむかっぷ」と読む。


「冠」と書いて「かっぷ」と読ませる。
英語、じゃん。

……と思ったけれど、「かっぷ」なら「盃」「杯」じゃない?
「冠」なら「くらうん」じゃない?


アイヌ語起源の地名が多い地であるが
当て字の仕方にはいろいろあって、
地名探索はなかなか楽しい。



それはともかく。


PAに掲げられていた地図は、
南が上の「逆さ北海道」であった。



20060401.JPG



地図は、「上が北」というのが一般的なのではあるが
住宅街の一角にある住宅地図などでは
どの方角が上かは、まちまちだ。


見る人が、まさに今向いている方角を上にした表示も多い。



見慣れた地図も、
方角を変えてみるとまた違ったものに見えてくるのではないだろうか。



そうなのだ。



見慣れた景色、
見慣れた人物、
見慣れた建物であっても、
視点を変えると、違った見え方になる場合があるのだ。



今般のコロナ騒動も然りである。



どのような視点で見ているだろうか。

そして、別の視点は、無いだろうか。



視点なぞ、星の数ほどあるのである。

それぞれの視点から視えるものが、
かなり違っていたりするのである。 なんて。



逆さ日本地図 なんてものもあるので、
見てみたら愉しからんや。
(「逆さ北海道」おわり)
posted by けろ at 13:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月03日

管理されている制御盤だ

機械室壁面に取り付けられている、動力制御盤。


工事区分としては「電気設備」「動力設備」になる。



年に何回見てもらえるのか、というような
ほったらかしの盤も数多ある中、
こんなやつを見ると、何か嬉しくなる。


20060301.JPG


ああ、愛されてるなぁ。


いや、ちゃんと、管理されてるなぁ。



幸い、というか当然というか、
盤の筐体は大抵鉄で出来ているから
マグネットが貼り付く。


メモや百均タイマーを付けるのに
ちょうど良い。



いろんな注意書きを貼ったり、
一時的記録を貼ったり、
シールで目印をつけたり。



やっぱり、機械たるものメンテされてナンボだ。

使われていない建物は、劣化が激しいのだ。
せつびも、そうなのだ。



全世界的な減便でほとんど飛ばなくなった航空機も
定期的に電源を入れたり、操作したりしてメンテを続けないと
あっという間に使い物にならなくなってしまうという。

放置した後で使おうとすると、えらく手間と費用がかかってしまうという。

それで、コロナ禍の中でも、「整備」は続けざるを得ず、
固定費がどんどんと出ていく、と。

で、破綻する航空会社がポツリ、ポツリと出てきている、と。



ともかく、こういう愛されて、もとい、管理されている盤は
見ていて気持ちのいいものだ。


キレイに掃除された部屋のような、
ピッカピカの厨房のような、
刈り揃えられた芝生広場のような、
そんな清々しさを感じないだろうか。


感じないかな、普通は。
(「管理されている制御盤だ」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 電気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

床暖房のヘッダーが古めかしい

とある機械室の、
グラスウール断熱材も剥き出しの壁面に、
かなり年代モノの古めかしい床暖房ヘッダーを見つけた。


20060201.JPG



いつ頃のものだろう。
建物の年代からして、バブル期のものだろうか。



たったの3回路だから、
そんなに広い面積をカバーするものではなさそう。



それでも、ちゃんと往管、還管にそれぞれ温度計がつけてあって
ヘッダーには圧力計もついていて、
管理できるようになっている。



現在でも健在のようで、
「せつび」としては十分に働けていると言えるのではなかろうか。



「古めかしい」設備は、故障がちだとか性能効率が悪いとか電気をやたら食うとか
あんまり良い評価はされない。


これだけ科学技術が日進月歩である現代だから
当然と言えば当然なんだけれど、
たまには「末永く大事に使われるせつび」があっても
いいんじゃないかな。

特に、機械系じゃないやつについては。



まあそれは、趣味の領域、なのかもね。
(「床暖房のヘッダーが古めかしい」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

目を洗うやつだ

特定の場所でしか見られない水栓金具。


「洗顔水栓」


プールくらいでしか、お目にかかることはない。


それに。


昔はせっせと目を洗ったそうであるが
現代は「目はそんなに洗うもんじゃない」ということになっているようだ。

TOTOでも取替部品しか扱わなくなってしまったようだ。


20060101.JPG


だから、こういうものも、そのうち見られなくなるのかも知れない。



もっとも、研究所とか工場とか
事故で眼に薬品や異物が入ってしまった場合には
緊急避難的に洗う必要があって、
そういう製品 は、ある。



普通の学校やプールで見かけることは
決してないだろうけれど。
(「目を洗うやつだ」おわり)
posted by けろ at 13:00| Comment(0) | 衛生設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

下がり天井脇にはノズル

広めの空間に空気を送るには
ある程度の到達距離が欲しい。


ということで、良く見かけるのは ノズル形吹出口 である。


ダクトから、勢いよく空気が吹き出してくるイメージに
なるだろうか?



下がり天井を設けて、その天井内にダクトを通し、
天井が下がっていない空間へ、吹き出す。


20053101.JPG


極めてよく見られる光景だ。



あるものは横吹き出し、
あるいは、高い天井内のダクトから
下吹き出して取り付けられたものも少なくない。



ちょっとした天井の高い空間があったなら、
見渡してみよう。



きっと、こんなやつが、ついているんだから。



上の写真のやつは、まだまだ小さなモノ。


空間が大きくなれば、
もっとでっかいノズルがついていたりする。

遠近法で、そんなに大きく見えないけれどね。



ノズルの奥、
ビス止めしてる部分が白いのは、
結構気になる。


あそこは、黒色塗装で良かったんじゃないだろうか。

製造工程上、あそこだけ黒くするのは至極面倒で高コストになるから
仕方ないのかな。
(「下がり天井脇にはノズル」おわり)
posted by けろ at 12:00| Comment(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

ゲートバルブとバタフライバルブ

バルブ、もしくは、弁。


発音的には「ヴァルヴ」の表記が近いのかな?



会社名として バルヴ と表記しているところもある。



流路の開閉を司るものにもいろんな種類があるけれど、
なんか、いろいろ写ってるやつがあったので。


20053001.JPG


赤丸のやつ、赤いハンドルがついているのが
「ゲートバルブ」もしくは「仕切弁」と呼ばれるやつだ。

青銅製、黄銅製、ダクタイル鋳鉄製、ステンレス製ほか
いろんな材質の製品がある。


流体の種類によって、あるいは接続する配管の材質によって
いろいろと使い分ける。


たいてい、「常時開」とか「常時閉」とか書いてある、
バルブ札が下げられている。


写真に写っているのは、だいぶ小さいやつだ。
これが大きくなってくると、かなりの寸法&重量になる。


寸法 と 重量 の感覚(ついでに、値段も)が
わかるだろうか?

呼び径200Aの鋳鉄製バルブだと、
フランジ面間寸法が241mm、バルブの背の高さは635mm、
重量85.2kg、定価が195,000円と記されている。

すごく、でかい。



で、口径の大きな弁(50Aまたは65A以上)になると
特別な必要性が無い限りは違う形式の弁を使用する。


緑丸で囲った形式のバルブ、
「バタフライバルブ」である。


これまたいろいろな開閉機構があることはあるのだが、
蝶が羽根をパタパタやるような開閉動作をするものがあるので
このような名称になったとか。


面間寸法が小さく、背の高さも小さくて済み、
ハンドルの形状もでっかいゲートバルブよりは操作しやすい。



軽・小・短・薄と、簡潔に説明 されている。




いろんなバルブがあるので、
東洋バルヴ とか キッツ とか
たくさんのメーカーがあるので
覗いてみると楽しい。


工業会 にも 会員企業 が載っている。

113社って、すごくない?



上の写真で、青丸のがチャッキバルブもしくは逆止弁、
黄丸のものは、防振継手である。



それぞれ、意味があって、必要があってついている。
無闇矢鱈に、テキトーにくっついているわけじゃない。


こんなモノたちが、そこかしこについているのだから
機械室内は、それだけでも愉しからんや!
(「ゲートバルブとバタフライバルブ」おわり)
posted by けろ at 17:00| Comment(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

これは、埋めちゃうのね

なんか、コンクリートを打つような感じ。


あれ? でも配管が突っ切ってるような。



20052901.JPG



排水管の分岐を取り除いた上で、
そのまま埋めちゃうということなんだろうか。


そのまま埋めちゃっても、
そんなに支障が無い類の管なんだろうか。


きっと、そういうことなんだろう。


埋めちゃうのは、決して望ましいこととは言えないけれど
まま、そういうこともあろうさ。
(右寄せ)(「これは、埋めちゃうのね」おわり)
posted by けろ at 10:00| Comment(0) | 衛生設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする