2020年11月30日

高輪ゲートウェイ駅前は囲われていた

所用で訪れた、駅前。


山手線で最新の駅である、
高輪ゲートウェイ駅



新型コロナウイルスの猛威により、
開業記念イベントが見送られてしまった駅。



隈研吾氏がデザインアーキテクトとして関わったという。



「設計」自体は、株式会社JR東日本建築設計 による。



その駅からペデストリアンデッキで繋がるはずの、駅前は
とても殺風景であった。


20113001.JPG


道路に沿って、全面が仮囲いで囲われていた。



白い鉄板に沿って黙々と歩く、
大勢の通勤者たち。



本来の予定であれば、
2020年東京オリンピックに合わせて
さまざまな施設・イベントが展開され、
世界中にインパクトを与えよう……という目論見だったのだろうが
コロナ・インパクトには勝てなかった。



平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法等の一部を改正する法律の施行に伴い、
2020年に引き続き、2021年の祝日移動も 正式に決定された けれど
まだ先行きが見通せない中、果たしてオリンピックは開催されるのかどうか。


高輪ゲートウェイ駅前は、
殺風景じゃなくなるのかどうか。

街区全体を覆い尽くす仮囲いは無くなるのかどうか。
(「高輪ゲートウェイ駅前は囲われていた」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月11日

増上寺の三解脱門には信号機をつけられない

増上寺の三解脱門のところは、
T字路になっている。


東から道路を進んでくると、
正面に門がある。



それなりに交通量もあるから
信号機が設置されているのだけれど
その信号機はずいぶんと横の方にあるのだ。


20111101.JPG


本来であれば、道路正面の上方に設けられるべきなのであろうが
そこは門。

仕方がないから? 歩行者用横断歩道のほうに
斜めに向かって取り付けられている。



初めて車でここを通りかかったら、
気づけないかもしれない。



歴史の古い建物の周囲には
こういうところがいっぱいあるんだろうな。



さてここから芝公園を回って東進していく途中、
こっそり(?)冷却塔を見つけた。


20111102.JPG


なかなか、可愛いヤツである。



高層ビルが林立する都心部にあっても、
こういう緑地帯があるとホッとする。


まあ、信号機の位置ぐらい、いいよね。

それが原因で事故が頻発するようだと困るけれど。
(「増上寺の三解脱門には信号機をつけられない」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月08日

雪捨て場の準備

北国で秋が深まってくると、
こういう実が目につくようになってくる。


20110801.JPG


ナナカマド の実である。

冬の間、野鳥たちの貴重な食糧になるのだろうか。



この頃になると、大きな河川敷には
ブルーシートが敷かれるようになる。


20110802.JPG
何の護岸工事? って感じだけれど、
工事用のものではないのだ。


20110803.JPG


もう少し季節が進み、街中に多くの雪が降り積もるようになると
その雪を搬出して、どこかに捨てる。

その雪捨て場、正式には雪堆積場とでも言うのか、
その準備なのだそうだ。


20110804.JPG


雪堆積場はあちこちに設けられるのだが、
この河川敷もそのうちの一つなのだそうだ。



雪がかぶってくると、
シートの存在はわからなくなってくる。


20110805.JPG


そしてやがては、
堤防と同じくらいの高さになるまで
大型ダンプで次々に雪が搬入されてくるようになる。


なんでも、除雪・排雪にかかる費用が
毎年何百億円にもなる自治体もあるそうで。



積雪地特有の経費である。



「ただ捨てるだけの無駄ガネ」



そういう捉え方をされることもあるし、

この除排雪によって、市民生活や経済活動が正常に維持されるのだから
決してムダなどではない、という意見ももっともだし、

建設重機類が冬も活躍できて、維持管理経費や雇用も守られる、
そういう側面もある。



何でもかんでも、「無駄、無駄、ムダァ〜!」と切って捨てられるような
単純な話ではなさそうだ。



でもね、世の中結構、単純な マルかバツか? っていう二元論に
動かされやすいんだよなぁ。

いろんな分野で。
(「雪捨て場の準備」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月03日

線路脇を掘ってる

ボケっと列車を待つホームにて。


20110301.JPG


線路に敷設されている、何かの電線管を眺めつつ、


20110302.JPG


鉄道になると、さっぱりわかりません。


当たり前だけれど、用途があって、設計基準があって、
施工基準があって、適切に設けられているに違いないのだ。



そして、更に向こう側では、
地面を掘っていたのである。


20110303.JPG


ひっきりなしに新幹線が往来する、その向こうで。


ちょろっとでも傾斜したりしても大変なことになるのだから
土留も相当に気を遣うのであろう。



20110304.JPG


が、ユンボでガンガン掘ってる。

自らの足元まで。


あのまま、右にゴロンと転んだりしたら一大事なのだが
なんか、うまい具合に掘削を進めていた。


建築とは違う、その分野のやり方ってものがあるんだろう。



更にその脇、
レールとレールの隙間から、
ダクトのようなものが生えていた。


20110305.JPG


換気なのか、排煙なのか、煙突なのか、何なのか。



「建築設備」じゃあないけれど、
やっぱりこれらも「せつび」の仲間なんだ。


何となく、親近感。



「電気」は、相当なものだけれどね。

単相交流2万5千ボルトなんだそうで。
(「線路脇を掘ってる」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月16日

瀬戸大橋という巨大構造物

普段建築物に関わっていると、
それはそれで十分大きなものと感じているのだけれど、
そりゃ、人間の尺度から言って大きいに決まっているのだけれど、
それでも土木構造物には全く及ばないことが多くって。



かつて、日本国が経済的にとても元気だった時代、
何でもかんでも右肩上がりで、いろんな狂騒に明け暮れていた頃、
本四架橋という巨大プロジェクトが敢行された。



その一つ、「児島・坂出ルート」のメイン構造物である、
瀬戸大橋。


20091601.JPG


四国側、坂出市側の橋のふもとには
瀬戸大橋記念公園が設けられている。


瀬戸大橋を、眼前に見ることができるスポットである。



20091602.JPG



コスモ石油や、坂出LNGのタンクも多数見える場所。


20091603.JPG



常に海風にに晒され続けている鋼製構造物ゆえ
メンテナンスも常に行われているのだろうか。



この日も、足場がかかっていた。

えらく高所での作業になろう。



手前に公園、向こうに工業地帯、という配置である。


20091604.JPG



鉄骨の1つ1つが、やたらとでかい。

長大橋という観点からすると、普通なのかもしれないけれど
普段建築の鉄骨しか目にしない者にとっては、
このトラスは超スケールである。


20091605.JPG


よく見ると、鉄道が走行中であるのに気づくだろう。


下に鉄道、上に高速道路、という2階建て構造なのである。



あの足場、最初に組む人の怖さと言ったら……。

って、プロなんだから慣れっこなのかな?


20091606.JPG


って、慣れることなど、できるのかな。

道路面の最高地点では、海面から100m弱の高さになるそうだけれど。

大型タンカーや大型客船が下部を通過できるように、
橋は高く高く造る必要があったのだ。



公園敷地は、このような配置である。


20091607.JPG


広々とした3ヶ所の駐車場のほか、記念館、タワー、回廊、広場、遊具などが
配置されている。



北東角の「架橋機器展示広場」には、工事に使われた様々な機器類が
残されている。


20091608.JPG


右側のは、海上で施工範囲を示すブイである。



その他、古ぼけた解説板とともに、実物展示が結構ある。


20091609.JPG



建築の仮設計画図は、
ここまでの広範囲にはならない。


20091610.JPG


写真は、だいぶ傷んできていた。



20091611.JPG


何だったっけ、これ?



瀬戸内海を背景にステージが設けられた、
マリンドーム。


20091612.JPG


すごい舞台だ!



この瀬戸大橋、列車で渡るとこんな感じである。


20091613.JPG


ブレブレでごめんなさい。



航空機を利用すると、航路によっては上空から全体を見ることもできる。


20091614.JPG


ルートの真ん中にある『与島』には、
パーキングエリアが設けられている。



この高度からでは、ほとんどの建築設備は
その存在を認めることが難しい。


某ゼネコンが、
「地図に残る仕事」 というキャッチフレーズを使用しているが、
こうして上空から見ると実感する。



「建築設備」は、地図どころか、そもそも表に見えてこない。
人々の視線からは隠された存在なのだ。
だから、誰の心にも残らない、そんな仕事。


でもね、でもね、
そこままた、イイんだよねぇ。

そこが、「せつび」の醍醐味ってもんだ。


そう、思わないかな?
(「瀬戸大橋という巨大構造物」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月17日

豊平川にかかるドイツ?

札幌市を流れる「豊平川(とよひらがわ)」には、多くの橋が架かっている。


少し南の方にあるのが「ミュンヘン大橋」。

2本の塔を擁する、斜張橋である。


20071701.JPG


橋自体、その構造美・機能美を有しているものではあるが
斜張橋はそれが特に際立つ、ように感じる。個人的には。



豊平川の川沿いには、ところどころにその名の由来を示す看板が
設けられている。


20071702.JPG


「サツ」とか「ポロ」などの音は、
北海道内の各所で使用されている。

「サツ-ポロ」はアイヌ語で「乾いた-広いところ」を表すらしいが
豊平川によって形成された札幌の扇状地がそういう場所であり、
そこを流れる川を「サツ-ポロ-ベツ」と呼んだんじゃないか、とか
諸説提示されているようである。


文字を持たず口述伝承によったアイヌ文化の過去を掘り起こすのは
なかなか困難が伴いそうだ。



さて、斜張橋には主塔がある。


20071703.JPG


この橋の場合、主塔を2本立てて、そこからハープ型にケーブルを張って
橋桁を支える構造になっている。


20071704.JPG


景観上も影響の大きい構造物であって「映える」ことから
ライトアップも行われている。



橋名は、冒頭に書いた通り「ミュンヘン大橋」となっている。
来年、30周年を迎えるようだ。


20071705.JPG


53.6mの主塔に支えられる桁部分は107.7m、
橋幅28.6mで、途中バルコニーが設けられている、とある。


20071706.JPG



なぜ、札幌にミュンヘンか?


20071707.JPG


そう。姉妹都市の名前をつけたものなのである。

だから、ミュンヘンの凱旋門のレリーフが取り付けてあったりする。


20071708.JPG



ケーブルの固定部分は、厳重だ。


20071709.JPG


ベンチ的に、座ろうと思えば座れる。


脇に伸びる電線管がある。


20071710.JPG


一見ではわからないけれど水道橋でもあるらしい。



北海道内各所で見られるようだが、
冬が近づくとそこかしこにこんなものが設置される。
この橋の歩道にも、あった。


20071711.JPG


砂袋が入った木箱。

路面凍結の際には、これを撒いてね、というわけだ。

春が来ると、片付けられる。



橋のたもとに公園があって、

コイツが出迎えてくれる。


20071712.JPG


なんじゃ、こりゃ。
(「豊平川にかかるドイツ?」おわり)
posted by けろ at 15:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

軌道を補修してる

信号待ちのさなか、
なんか工事囲いがあるなと思ったら。


20011801.JPG


軌道の補修工事中のようだ。


落橋防止のワイヤーはもともとついていたようだから
何か他のことをしている?



雨水管の流し方とか支持の仕方とか
「建築」とはだいぶ趣が異なっていて
それはそれで興味深い。


横から見ると、
軌道をずうっと覆ってある感じ。


20011802.JPG



こういう仮設を組むのも
特殊技能だなぁと。
(「軌道を補修してる」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

幌平橋のアーチは階段

札幌市を南北に貫いて流れる、豊平(とよひら)川。


市中心部から少し南よりで
中央区と豊平区とを結ぶ橋が幌平(ほろひら)橋である。



ここは、橋にかかる荷重のモーメントに対抗すべく
アーチが設けられているのだが、
そのアーチには階段が付加してあって
人が上がることができるようになっている。


20011501.JPG


ちょっとした、展望台の役割も果たしているのだ。


この橋がデザインされた際に、
こういうアイディアが出されたようだ。

なるほど。



河川敷で打ち上げられる花火大会を見るのに良さそうだけれど、
そういうイベント時には通行止めになるらしい。

観客が雪崩を打って倒れるような事故を防ぐためなんだろう。



イベントでも何でもない時に、
のんびりと上がって、
そよぐ風に吹かれてみるのも良かろう。


もっとも、雪が積もって凍ってくると
やっぱり危険性が増すために通行止めになるようだ。


積雪寒冷地は、
なにかと厄介なのである。
(「幌平橋のアーチは階段」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

交差点を曲がる路面電車の線路がイイ!

路面電車が走る街が
全国に何箇所かある。


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

斜張橋のケーブルは、あれで固定されているのか

斜張橋って、
見た目のフォルムがきれいだ。

と、ワタクシは思う。

単なる、好みの問題なのだが。


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

列車の緩衝式車止め

終着駅の、線路の端にいくと
こんなものを見かける。


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

トンネル内にあるメカたち

トンネル内の建機も
見慣れないものがあって面白かった。


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

トンネルのインバート施工

トンネルの現場は、掘るだけじゃない。
掘った後、躯体を構築していかなくちゃならないのだ。


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

トンネル掘削現場のベルコン

トンネルで日々掘削される岩石片を
外部まで搬出するのは
ベルトコンベアである。

略して『ベルコン』


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

後志トンネルの施工現場

発破をかけて掘り進んだあとのトンネルは
もちろんそのままでは済まされない。

セメントを吹き付け、
ロックボルトを打ち込んだ後の段階がある。


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

後志トンネルの切羽

後志(しりべし)トンネルは、
現在まさに掘り進められている最中だ。


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

後志トンネルの抗口

後志(しりべし)自動車道ついでに。

北海道新幹線の新函館北斗〜札幌間が施工中である。

その中の、後志トンネルを見てきた。
何回かに分けて、ご紹介する。


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

小樽忍路トンネルの中

小樽忍路トンネルの中に入っていく。


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

小樽忍路トンネルの周囲

後志自動車道にある、小樽忍路トンネル。

「忍路」は「おしょろ」と読む。



/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(2) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

桃内川橋!

posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする