2022年11月23日

そこにあるゼロ

小樽港の中をゆく。



石狩湾の西端に造られた港湾は
物流の拠点として、
フェリーターミナルなどとして
明治期の石炭から現代の豪華客船に至るまで
利用されてきたし、
これからも利用されていくであろう。


22112301.JPG


港の湾側には、
古くに築かれた防波堤が
なお現役で活躍している。


『港湾工学の父』である、廣井勇によるもので、
北海道遺産 として登録されている。



建設コンサルタンツ協会のページ でも紹介されている。



北防波堤に、赤い灯台。



そして、南防波堤に、白い灯台。


22112302.JPG



この灯台の下には、小樽築港2代目事務所長の遺骨が納められている という。



灯台の脇にある文字が気になる。


22112303.JPG


何かの起点か?

それとも水準?


明治期に設けられた文字そのままではなさそうだ。



一体……?



上で紹介しているページなどを見ると、
縦に書かれた ゼロ の左に、海。右に、難、と
丸い看板が取り付けられている。


『海難ゼロ』


というスローガンを貼り付けてあったようだ。


海 と 難 が取れてしまっているのが
現在の状態であるというのが正解のようだ。


ついに、海難が無くなった。


そういう解釈でよろし?

海、難、の2文字が波浪によって取れてしまった事自体が
海難と言えなくもないけれど。



なかなか、
海の構造物も面白いものである。


スローピングブロックシステムなど、
上記で紹介したページを見ていただくと
昔の技術者たちの智慧に圧倒される。



PCやらドローンやら、
道具は目覚ましい進歩を遂げているが、
人間力そのものは果たしてどのくらい進歩できているか。


ちょっと振り返ってみたくなったりもする。



が、まあ、多くの技術者たちは確かに進歩し、向上し、
スキルアップ、レベルアップしているに違いないのだ。


ワタクシは数少ない例外なのかもしれないなぁと、
なんとなく寂しくはある。
(「そこにあるゼロ」おわり)
posted by けろ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月19日

バイパス管なんだって

それほど大きくもない川があって。


22091901.JPG


ほんと、ちょっとした「せせらぎ」なのだ。



だが、その脇に、何やらあるのだ。


22091902.JPG


トンネル?

抗口部分が板で塞がれて、ドアが取り付けてある。



22091903.JPG


覗いてみる?



「ライト点けるから、見てね〜」


22091904.JPG



おお、中はドロドロである。


22091905.JPG


足跡が中に続いている。

どこへ続いていく?



これ、冒頭の川の上流部分へとつながっている。



この川の途中に、これからダムを造るのだという。

ダム建設時には川をせき止めてしまうのだけれども、
流れは下流に送ってやらねばならぬ。


そのための「バイパス管」としてのトンネルなんだそうだ。



制御弁装置のバイパス管とは、スケールが全く違う!



人間の尺度ではどう見たって「トンネル」であるが
河川を、流体を流す配管として捉えるならば
やはり「バイパス管」なのだ。



これだけスケールが異なると、
あらゆる点で違いが生じるのは仕方がない。



材料も、施工方法も、工期も、費用も。



……当然、設計費も、だよね。
(「バイパス管なんだって」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月26日

湯西川ダム

ちょっと足を伸ばす機会があって、
更に足を伸ばせば行けそうってことで
押し込んでみた。

「足」といっても自動車なのだが。



22072601.JPG


湯西川ダムである。



鬼怒川上流域に設けられている、
重力式コンクリートダムである。


22072602.JPG


ここの管理棟でダムカードを入手できる。



堤体はこのようになっている。


22072603.JPG


2008年本体着工、2012年完成ということで、
比較的新しい堤体である。

堤高119m、堤頂長320mということである。



減勢池は、かなり下の方に見える。


22072604.JPG



ダム湖側も新しさを感じさせる。


22072605.JPG


ボート発着所か。

観光船でも浮かべたら
それなりに需要あるんじゃないかな。


ま、安全対策、カスハラ対策なんかをやっていたら
管理運営費が嵩んで、採算が取れないんだろうな。


予約制で利用者募集するくらいはやったら
ある程度の収入にはなるんじゃないかしらん。
(「湯西川ダム」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月17日

1トンの石球を手で動かせる

「グラニットボール」は楽しい。


だってさ、こんな1トンもある球体を
手で自由に回せるんだよ。


22071701.JPG


普通じゃ動かないようなものが
動かせちゃうって、感動モノじゃない?



ま、ポンプ揚程に依存しているだけなんだけど。


22071702.JPG


文字通り「手玉に取る」ことができるなんて
嬉しいじゃないか。


軽自動車でジャグリングしてるみたいなものだ。



でも、0.064MPaで済むんだね。
「圧力」だから、面積がかかっているから
力としては大きくなるんだね。
(「1トンの石球を手で動かせる」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月04日

橋桁とか橋脚とか

たまぁに、でっかいモノにも目が行く。

べつに「せつびなんてちゃちいモノよりも、デッカイのがいいね」
というわけではない。


せつびを愛でたいのは変わらないのだけれども
他のモノにも目がいく、それだけだ。


移り気が多いって?


対人じゃないから、いいだろ。



さて。



鋼製の構造物も、なかなかたのし。


22070401.JPG



いろんな震災を経て、
橋桁にはたいてい落橋防止装置が装備されている。


かな〜り、ゴツいものたちだ。



剛で固めるもの、
ワイヤーで引っ張るもの、
いろいろだ。


22070402.JPG



あのへんのヒンジがガシンガシンと動いて変形して
巨大ロボットにでもトランスフォームしそうな、
そんな造り。


22070403.JPG


第二次大戦後、
何度も何度も各種怪獣やロボットの類に破壊され続けてきた
(つい最近も、シン超人や怪獣どもによってやられている)
首都高速の防衛機能の一環として、
そういう装備があっても良いのかもしれないが、
しかし現状設けられているものは基本的に地震対策である。



「せつび」と比べると、とにかくスケールが大きいのであるが
計算上必要な張力に耐えるだけの強度と断面積を有していれば
その機能は果たすはずである。


22070404.JPG


これらを支える、鋼製の橋脚の
継手部分のボルトナットの数と言ったら。


22070405.JPG


穴の数による断面欠損はもちろん計算に入っていて
結果このようになっているに違いないのだ。


少なくとも、定常の熱負荷計算に比べれば
遥かに工学的に確実性の高い計算となっているはずだ。


長円形の点検口が、カワイく見えるくらいだ。



汚垂れ防止なのか、傘付の点検口もあって、
どういう使い分けをしているのか、
とんとわからなかった。


22070406.JPG



でも、「移り気」だなんて言っても、
やっぱり地面のほうに意識が向く。


22070407.JPG


どこだって、いつだって、
何らかの配管が埋まっているんだ。
(「橋桁とか橋脚とか」おわり)
posted by けろ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月26日

筋だけが残った

とある公園、というのだろうか
そんな場所で。



敷地の分界ということだろうか、
擬木で作られた柵が設けてあった。



しかし、作られてから相当の年月が過ぎ
徐々に朽ちかけている、そんな擬木。


22062601.JPG


コンクリートが劣化して、部分的に剥がれ、
鉄筋が露出している。


そこから入り込んだ水分によって鉄筋が錆びて膨張し
ますますコンクリートを侵していく。



今まさに、その現場に居合わせているのである。



が、ここはまだマシなのであった。



なぜなら。



22062602.JPG



コンクリートが完全に脱落して
鉄筋1本が残されている部分もあったから。



あと何十年かすると、
鉄筋だけでできた柵が出来上がるのか、
その前に朽ちて倒れるのか、
あるいは修理、あるいは更新されるものか。



いかんせん、どこも予算が厳しいのだ。

なかなか、こういう所にまで
工事費が行き届きにくいのだ。


さて、この先どうなることだろう。
(「筋だけが残った」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月26日

海から生えてる

着陸が近づき、海面が近くなり、
窓の外を見る。


すると、海から何やら生えてきているのが
見える。



22022601.JPG



上空から見るとさほどの距離でもないかのように見えるけれども
約15kmある東京湾の幅の半分を橋で、半分をトンネルで結ぶ
東京湾アクアラインが、ちょうど海から生えてくる場所 なのだ。


全部を橋とか、全部をトンネルにしなかったのは、
橋の業界にもトンネルの業界にも恩恵があるように……なんて話も
あったりしたのだけれど。


首都圏の物流を担う大型船舶が行き交う回路の要衝でもあるからして
「全部橋」というのは支障が大きいだろうし、
換気の都合などもあるから、
全部トンネルというのもかなり大掛かりになってしまう。


ということで、結構妥当な線なんじゃないかと思うのである。



莫大な建設費と長期にわたる工期と多大な労力によって
出来上がっているのだけれど、
こんなのもミサイルなんか撃ち込まれたりすると
一瞬でダメになるだろう。



壊したり、殺したり、燃やしたりするのは簡単である。

ブッ放すだけの話。

エントロピーを激増させるのは
自然法則的に進行方向にあるのだから
簡単で当然。


しかし、エントロピーを縮小させるには
多くのエネルギーを必要とする。


そっちのほうに、知恵と労力とエネルギーとを
使うわけにはいかんのかねぇ。



国と国とが当事者だと規模がデカくなるだけで
内戦や紛争、テロ、殺人事件、傷害事件は
日常茶飯事だ。


ニンゲンのサガなんだろうね。
結局、そういう種、そういう生物だということなのだ。


だけどね、それを言い訳にして
ぶっ壊す側にはなりたくないわなぁ。できることなら。



ま、国家指導者がやっちゃうと
一般国民に出来ることは非常に限定されてくるのだけれども。


そして世の中、綺麗事だけでは済まないのも確かなのであって。



海ほたる(に限らないけれど)、
少なくとも人為的にぶっ壊されるんじゃないことを
願うばかりである。



flightradar24 を見ると、
見事なくらいに、ウクライナ周辺を飛行機が避けて飛んでる。

前に民間機が撃墜されているから
そりゃ避けるよね。
(「海から生えてる」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月15日

石山緑地は凝灰岩公園だ

札幌市の南の方に 石山緑地 と称する公園がある。


開拓当時の石切場の面影を残す公園 として造成された公園である。



今でも札幌市内や周辺地域に多く見られる「札幌軟石」を切り出していた場所の一つを、まるごと公園にしてあるのだ。



あちこちで接道しているので、どこが正面入口かと問われると
難しいところかもしれないが、
メインエントランスっぽい構えのある部分があった。


21081501.JPG


ここで採れる石を主とした構えが、立派である。

石山緑地、札幌市、と彫り込んである。



文字は墓石のようにカッチリと彫ってあるのではなくて、
ドット画っぽく表現してある。


21081502.JPG


近づいてしまうと、却って判別しにくくなる。



せっかくの石畳なのに、
それ用の化粧マンホール蓋なのに、
目地を合わせて嵌めていないところが
商売上気になったりする。


21081503.JPG


なんでよ。



「石山」公園なのだが、公園(の半分だけ)の模型は
鉄板で作られていた。


21081504.JPG


石だとすぐ欠けてしまいそうだし、
軟石だから、こういう細かな細工には適していない
ということなんだと解釈した。


等高線に沿って厚紙を切って重ねていく、
「立体地図」を作ったことがあるだろうか。

あの雰囲気になっている。



広場にある、カナル。


21081505.JPG


訪れたのは春先なのだけれど、
夏になるとここに水を流すのだそうだ。


子どもたちの水遊び場となるのかもしれない。



ここの軟石は、支笏火山の火砕流を元にした
溶結凝灰岩であるという。



ガッチリ固まっているため、石材として切り出され
各所の建材として利用されている。


21081506.JPG


上のほうは降り積もった火山灰が堆積し固まった凝灰岩。
風雨によって徐々に削られ、少しずつ形を変えていることであろう。



上部から土が落ち、そこから木が芽を出して
花を咲かせるに至ったりしている。


21081507.JPG


この公園に面して、平屋の老人福祉センターが建っている。


そしてさり気なく「熊注意」の貼紙。


21081508.JPG


人口190万人を超える札幌市だけれども、
近年市街地にまで熊が出没するようになってきているという。

シカやキタキツネは前から結構出ていたようだけれども
熊はそれほどでもなかったはずなのだが。


市街地の拡大、気候変動、生態の変化、などなど原因はあるだろうが
ヒトにとっても出てくるクマにとっても、
鉢合わせは不幸なことに違いない。



街灯の根巻きのような形で
軟石が配してある。


こういうのは、フツーの造園屋さんの発想じゃないよな、
と思ったらやはり 造形集団 CINQ のデザインである と説明されていた。



庭園灯も、洒落てると思いません?


21081509.JPG



地下鉄の真駒内駅からバスに乗るか、
レンタカーで行くか、
それほど便利な立地ではないけれども
行ったらきっと面白いはずである。


でもとにかく、どこに行くにも
コロナにカタがついてからじゃないと
難しいかな。
(「石山緑地は凝灰岩公園だ」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月30日

樹脂製の擬木

公園なんかで、擬木 なんか、見たことはないだろうか。



ほんとうは木で作りたいんだけれど、
木だと傷みが早いしだんだん見た目汚くなってくる、ってんで
木に似せて作った「何か」のこと。
それが、擬木。



古い公園や、頻繁には手が入れられていなさそうな観光地などでは
鉄筋コンクリート製の擬木が使われていたり する。



けれど、最近は樹脂モノが多くなってきたように思う。



加工のしやすさ、色の付けやすさ、軽さ、劣化しにくさなどを考慮すると
樹脂製のほうがメリットが大きそうな気がする。

値段はわからないけれど。



21073001.JPG



接続部が、もうちょっと何とかならないんかなぁ。


木肌もイマイチだから、
まあ、こんなもんか。



でもだんだんと、
よりリアルに近い製品が出てくるんだろうな。
(「樹脂製の擬木」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月21日

オロフレ峠の春は

連日猛暑なので、少々涼しげなものにしてみる。

北海道中央部、登別温泉から洞爺湖温泉へと抜ける「道道2号線」の途中に
「オロフレ峠」なる峠がある。

展望台 は、道道から分岐して少々離れているけれど
道道沿いにも駐車スペースが造ってあって、
それなりの展望を楽しめる場所がある。


21072101.JPG


5月半ばの峠には、まだ雪が残っている。

どうです? 涼しげでしょ?



とは言え、路面にはもはや雪なぞ無くて、
山肌に少々残されている程度である。


21072102.JPG


周辺では、まだ新芽が出ていない。

もう少し季節が下る必要がある。


21072103.JPG



北海道室蘭土木現業所による、立派な「史碑」が建てられている。


21072104.JPG


史誌が長々と刻まれていて、その偉業を後世に伝えている。


21072105.JPG


昭和の末期になってようやく、
通年通行できる道路として共用されたようだ。

とは言っても、悪天候時などには通行止めになる。
吹雪とか。


このような地に、明治初期に私費を投じて開削したとは
ものすごい事であったと思うのだ。



碑の裏側には、当時のおエライさん方のご芳名が
しっかと刻まれていた。


21072106.JPG


当時のお役人は、碑文の揮毫もできなくてはならなかったのか。
大変だぁ。


青函トンネルの抗口部にある「青函隧道」は
時の総理たる中曽根氏によるもの である。
軍人ではないから、このような形で名を残したいと
虎の皮の如くに願ったのかもしれない。



今でも、トンネルや橋のたもとには
関係した技術者たちの名が記されて いたりする。



5月中旬と言えば、季節的には一般的に夏と言って差し支えないことだろう。
大相撲だって、5月の場所は夏場所と呼ぶ。


けれども、南北に長い日本列島では
まだまだ春のはじめである地も、あるわけだ。


少しは、涼感を得ていただけたであろうか……。



なお、前述の展望台は、
まだこの時期は冬期通行止め期間中であって
見に行くことはできない。

もう少し季節が進まなければダメなのである。
(「オロフレ峠の春は」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月24日

橋を渡るのは人や車だけじゃない

以前訪れた川べりで
橋が2橋並んでいた。



橋の数詞って、「本」? 「橋」? よくわからん。



欄干が赤く塗られた、結構人々の往来がある、橋。


21062401.JPG



もう一方は、ごくごくフツーに見える、橋。


21062402.JPG



どっちも、人が通るし車も通る、
川を渡るための通路。



けれども、川を渡っているのは、
人や車だけではないことも多い。



インフラ系もまた、
ここを渡っていることが多々ある。



水道本管だったり、下水管だったり、高圧ケーブルだったり。



すいません、上の写真ではそこまで近寄って撮らなかった。


でも、橋を下から見る機会があったら、
ぜひそのへんも眺めてみたら良いのだ。


橋によっては、横からでもよく観察できる場合もある。



橋上の雨水排水も、
そのまま下に垂れ流しているもののほか、
ある程度配管で繋いであるものもあって
意外にバリエーションがあるものだ。



建築とか土木とか、そういう分け方もあるのだけれど
電気とか配管ってやつは
建築・土木という括りに関わらずそれぞれに存在しているものなのだ。



「建築設備」からすると、親戚にあたるような存在かな。



大陸に比べると急峻な地形が多く、
短い河川がたくさん存在する日本。



川を渡る「せつびの親戚たち」もまた、
多く存在しているのである。
(「橋を渡るのは人や車だけじゃない」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月13日

漁川ダムの景

北海道恵庭市の山の中、
漁川(いざりがわ)の中流域に
漁川ダム が存在している。

いざり と、発音が濁る。



北海道百名山の一つである漁岳(いざりだけ)(1,318m)を源流とする漁川は
このダムで堰き止められて えにわ湖 を形作っている。


21061301.JPG


ここには 取水塔 があって、水力発電も行っている。


21061302.JPG


管理事務所の電力を、これで賄っているという。



ダム堤体上流側には、石がゴロゴロ。


21061303.JPG


ロックフィルダム らしい姿である。


ダムのゲートは、建築設備でいえばバルブに相当するのだろうけれど
まったくもってスケールが違う。


21061304.JPG


下流側には土が被せられ、草木が植えられている。


21061305.JPG


21061306.JPG



ダムの管理事務所脇で、ちょうど桜が咲くところであった。


21061307.JPG



管理事務所外壁に並ぶ、監視カメラ、換気フード、灯油タンク。


21061308.JPG


ああ、これ撮ってるの、監視されてるよなぁ。


換気フードから垂れてる茶色のモノは何だ?


壁掛ロスナイがついてるってことは
なにかの小部屋がある?


ずいぶんちっちゃい灯油タンクだこと。
小部屋のFFストーブ専用かな?

冬は、雪で埋まってしまわないのだろうか?


いろいろと、目に留まる。



たいてい、ダムの管理事務所には
一般公開されている説明コーナーがあったりするものだ。


21061309.JPG


ダムの模型とか、役割(必要性!)とか
周辺の地形や生息する動植物とか、
PRビデオとか、そんなものが並んでいる。


小学生の校外学習なんかには利用されていそうだ。



「建築」の範疇ではないけれど、
ダムはダムでおもしろい。


スケールがでかいこと(でも漁川ダムは小さめ)、
周辺の山、川、木々の景観が良いこと、
そして、いつだってすいていること。


そもそも、人が大挙して押し寄せるような施設じゃない。


存在すら、あんまり知られていないかも。


でもそれによってもたらされる環境を
人々は求めるのである。


そんなところが「せつび」に通じるところがあるかな。



21061310.JPG


ダム本体よりも、
それによって形作られるダム湖と、
下流側に整備される公園、
それらが観光ガイドなどでも紹介される。



ダムサイト下流側にある桜公園で、桜が舞い散っていた。


21061311.JPG


訪れる人は、わずか。



コロナのことがなければ、
大勢の市民が花見(と称する焼肉パーティー)に訪れ
楽しんでいたところであろう。

禁を破っている人達は居なかった。
(もちろんワタクシも移動のついでに一瞬花を見に寄っただけだ)


さぁて、来年の春は
人が溢れる場所となるのかどうか。


その前に、秋の紅葉シーズンは
どう迎えられるのであろうか。
(「漁川ダムの景」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月23日

神坂PAは馬籠と湯舟の里

中央自動車道、岐阜県長中津川市を通る部分に
神坂パーキングエリア がある。


神坂 と書いて ミサカ と読む。
(御坂、ではない。超電磁砲じゃない)

カミサカ が短縮された読み方なのだろうか?



中山道馬籠宿を模した造り、ということで
なかなか趣のある建物だ。


21032301.JPG


馬籠と湯舟の里(まごめとゆぶねのさと) と看板が掛けられている。


こぢんまりとしているけれど、
食堂と売店とトイレとがある。

「木曽路のアンテナショップ」を標榜するだけあって
土産物類も豊富である。



せっかくなので、蕎麦でも食して……と。



上り線のこのPAから先には
恵那山トンネルが控えている。


木曽山脈を貫く、8000mを超える長大トンネルである。


山間地にとって、
このトンネルの開通は
とても意義深いものであったようだ。


21032302.JPG


当時の道路公団総裁の書による碑が
建てられていた。



2012年12月の笹子トンネル天井板落下事故を受けて
恵那山トンネルの天井板も、撤去された



意匠だけが目的なのであれば、
建築・土木に限らず、
重たい天井は不要なのかもしれない。



かるてん なんかが一般的となる時代に
なってきているのかも。



天井下地も軽くなるんだとすると、
設備系の支持方法も
かなり変わってきそう。


と同時に、天井内に潜っての設備工事は
不可能になるなぁ。
(「神坂PAは馬籠と湯舟の里」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月17日

松川ダム

下伊那地域の、長野県飯田市。


その地を流れる、天竜川水系の松川に設けられた
長野県営の多目的ダムである。


堤高84.3mということで、
なかなかの威容を誇っているのである。


21031701.JPG


松川町という自治体が別にあるのだが、
そちらにあるのは 片桐ダム なので、紛らわしいかも。



大山脈に挟まれた地に流れる川だけあって、
結構な急勾配である。


ダムサイトの標高も高く、
689.403m と表示されていた。


21031702.JPG


「せつび」を追いかけるワタクシなのであるけれど
時々、こういう土木系の構造物も見に行く。


建築設備とのスケール感の違いが、
なんか、心地よいから。



どっちが良いとか悪いとか、そういう話じゃなくって。



超マクロスケールの宇宙論と、
超マイクロスケールの素粒子論とが関連しているように、

でっかい構造物と、ちっこい「せつび」とも
無関係じゃぁないんだから
どっちも楽しめるのである。


あちこち気になる、
落ち着きがないヤツと言われると、
まあ、否定する材料は全く無いんだけれど。


いいじゃん、それだって。
(「松川ダム」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月25日

雪の片桐ダムと南アルプス

高さ59.2mの重力式コンクリートダムである、
片桐ダム。


天竜川水系に数多くあるダムの一つである。


21022501.JPG


なかなかの、堂々とした体躯である。



普通に、堤体上を歩くこともできる。


21022502.JPG


片桐松川に建設されたダムで、
長野県下伊那郡松川町に存在する。


このダムにより形成されたダム湖は
松川湖である。


21022503.JPG


堤体の脇に管理事務所の建物があるのだが、
職員は常駐しておらず、
普段の維持管理業務は別の松川ダム管理事務所で
兼任しているようだ。


松川町にあって松川湖を作るダムが片桐ダムで
飯田市にある松川に建設されたダムが松川ダムで
なんだか非常に紛らわしい。



堤体の上から見下ろすと、
なかなか壮観。


21022504.JPG



この堤体から東を望めば、
雪を冠する南アルプスの山々を
垣間見ることができる。


21022505.JPG


何とも美しきかな。



そんなに雪かぶることも多くはない地において
雪景色になった最中に訪れることができたのは
何とも僥倖。


このダムのダムカードが発行されているのだが、
そのカードをもらいたければ
松川ダム管理所まで行かなくてはならない。

自動車で、二十数km、1時間弱かかる。


松川ダムのカードも合わせてもらえるから、
行くべきか、行かざるべきか!?


あとは、仕事の都合次第だな。
(「雪の片桐ダムと南アルプス」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月21日

箱根ジオミュージアム

大涌谷の黒たまご館1階には
箱根ジオミュージアム がある。



この手の施設は、
多少の時間の都合を付けてでも
行かないわけにはいかない。


だって、楽しいもん。



黒たまご館 といえば、
これ。


21012101.JPG


第47期岡田美術館杯女流名人戦第1局に先立ち、
タイトルホルダーと挑戦者が 記念撮影 をしている。



そんなに広い施設じゃぁないけれど、
そういう問題でもないのだ。


21012102.JPG


要は、中身なんだよ。



ま、パネル展示が多めなのだけれど、
こういうのがあると、
ついついじっくり読んじゃう。


読むために展示してあるんだから、
当たり前なんだけど。


21012103.JPG


2015年の水蒸気噴火について、
詳しく解説されていた。


観測史上初の水蒸気噴火だったとのこと。



「せつび」的に目を引いたのは、
これ。


21012104.JPG


温泉配管に、どのようにスケールが付着していくのか
いろんな断面があって面白かった。


錆びコブとかスライム状物体とか
そんなものしか普段は見ないからね。


21012105.JPG


こうなると、配管は消耗品だ。


いや、フツーの配管も、
ある程度長期間においては消耗品なのだけれど
温泉管はスケールが違う。

スケールだけに。



斜面が多いから、
アースアンカーの説明もあった。


21012106.JPG


新一万円札の人の写真もあった。


21012107.JPG


ホント、この人は
いろんな事やってたのね。


昭和初期の資材運搬って……。


21012108.JPG


牛、なんだ。



今みたいに、いろんな重機を駆使できるのって、
すごいことなんだね。


恵まれた時代、と言えるんだろう。



「此水ハ ノメマセン」


洗うためにしか、使えなかったのか。


牛用の飲み水も
運んだんだろうか。



21012109.JPG


トンネルも、基本的に手掘りか。



こんな写真たちにも巡り会えるから、
ミュージアムは楽しいのだ。
(「箱根ジオミュージアム」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月13日

箱根登山鉄道は土木遺産である

神奈川県小田原市から箱根方面に登っていく鉄道、
それが箱根登山鉄道である。


一般的に「箱根登山電車」という名称が使用されるが、
正式には 箱根登山鉄道の鉄道線 ということになるそうである。


2007年の土木遺産に認定されている。


21011301.JPG



小田急のロマンスカーが、
箱根湯本駅まで通じている。

御殿場線や千代田線との直通運転をしている。


21011302.JPG


都内から直接乗り入れできるのが魅力である。



小田原駅以降、かなりの急勾配で鉄路が敷設されていて
建設にあたってはスイスの鉄道を参考にしているということである。



箱根湯本駅に停車する特急列車の姿は
エレガントである。


21011303.JPG



時代とともにいろいろな変遷を辿っているが、
現在は箱根湯本駅で乗り換えて
その先に進むことになっている。


小田急(狭軌)と登山電車(標準軌)では軌間が異なるため
いろいろと難しい側面があるのである。



箱根湯本駅から小田原方面に向かう線路を見ると
三線軌条になっているのがわかる。


21011304.JPG


左側が標準軌、右側が狭軌となっていて
前方で合流して三線軌条になっているのが
わかるだろうか。

登山電車の車庫が、この先の入生田駅にあるためであるという。


分岐器も複雑になっている。


かつては箱根湯本〜小田原間すべてに三線軌条を採用していたらしい。
メンテも大変だったことであろう。



都内の地下鉄線では、周辺の私鉄との相互乗り入れを行っているけれど
軌間が同じもの同士でなければそれができないため
組み合わせには限りがある。

ま、何が何でも乗り入れを実現するために
軌間を変えてしまった鉄道線 もあるそうだけれど。



この箱根登山鉄道、
箱根湯本から上部は
更に勾配やカーブがきつくなり、
文字通りの「登山」感覚となる。


箱根の地そのものも
見たら楽しいのであるが、
鉄道線だけであっても行く価値は
あるんじゃなかろうか。
(「箱根登山鉄道は土木遺産である」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月30日

高輪ゲートウェイ駅前は囲われていた

所用で訪れた、駅前。


山手線で最新の駅である、
高輪ゲートウェイ駅



新型コロナウイルスの猛威により、
開業記念イベントが見送られてしまった駅。



隈研吾氏がデザインアーキテクトとして関わったという。



「設計」自体は、株式会社JR東日本建築設計 による。



その駅からペデストリアンデッキで繋がるはずの、駅前は
とても殺風景であった。


20113001.JPG


道路に沿って、全面が仮囲いで囲われていた。



白い鉄板に沿って黙々と歩く、
大勢の通勤者たち。



本来の予定であれば、
2020年東京オリンピックに合わせて
さまざまな施設・イベントが展開され、
世界中にインパクトを与えよう……という目論見だったのだろうが
コロナ・インパクトには勝てなかった。



平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法等の一部を改正する法律の施行に伴い、
2020年に引き続き、2021年の祝日移動も 正式に決定された けれど
まだ先行きが見通せない中、果たしてオリンピックは開催されるのかどうか。


高輪ゲートウェイ駅前は、
殺風景じゃなくなるのかどうか。

街区全体を覆い尽くす仮囲いは無くなるのかどうか。
(「高輪ゲートウェイ駅前は囲われていた」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月11日

増上寺の三解脱門には信号機をつけられない

増上寺の三解脱門のところは、
T字路になっている。


東から道路を進んでくると、
正面に門がある。



それなりに交通量もあるから
信号機が設置されているのだけれど
その信号機はずいぶんと横の方にあるのだ。


20111101.JPG


本来であれば、道路正面の上方に設けられるべきなのであろうが
そこは門。

仕方がないから? 歩行者用横断歩道のほうに
斜めに向かって取り付けられている。



初めて車でここを通りかかったら、
気づけないかもしれない。



歴史の古い建物の周囲には
こういうところがいっぱいあるんだろうな。



さてここから芝公園を回って東進していく途中、
こっそり(?)冷却塔を見つけた。


20111102.JPG


なかなか、可愛いヤツである。



高層ビルが林立する都心部にあっても、
こういう緑地帯があるとホッとする。


まあ、信号機の位置ぐらい、いいよね。

それが原因で事故が頻発するようだと困るけれど。
(「増上寺の三解脱門には信号機をつけられない」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月08日

雪捨て場の準備

北国で秋が深まってくると、
こういう実が目につくようになってくる。


20110801.JPG


ナナカマド の実である。

冬の間、野鳥たちの貴重な食糧になるのだろうか。



この頃になると、大きな河川敷には
ブルーシートが敷かれるようになる。


20110802.JPG
何の護岸工事? って感じだけれど、
工事用のものではないのだ。


20110803.JPG


もう少し季節が進み、街中に多くの雪が降り積もるようになると
その雪を搬出して、どこかに捨てる。

その雪捨て場、正式には雪堆積場とでも言うのか、
その準備なのだそうだ。


20110804.JPG


雪堆積場はあちこちに設けられるのだが、
この河川敷もそのうちの一つなのだそうだ。



雪がかぶってくると、
シートの存在はわからなくなってくる。


20110805.JPG


そしてやがては、
堤防と同じくらいの高さになるまで
大型ダンプで次々に雪が搬入されてくるようになる。


なんでも、除雪・排雪にかかる費用が
毎年何百億円にもなる自治体もあるそうで。



積雪地特有の経費である。



「ただ捨てるだけの無駄ガネ」



そういう捉え方をされることもあるし、

この除排雪によって、市民生活や経済活動が正常に維持されるのだから
決してムダなどではない、という意見ももっともだし、

建設重機類が冬も活躍できて、維持管理経費や雇用も守られる、
そういう側面もある。



何でもかんでも、「無駄、無駄、ムダァ〜!」と切って捨てられるような
単純な話ではなさそうだ。



でもね、世の中結構、単純な マルかバツか? っていう二元論に
動かされやすいんだよなぁ。

いろんな分野で。
(「雪捨て場の準備」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする