2021年02月11日

科学未来館の造り

「未来館」という名称だけれど、
開館してから今年7月で20周年になるそうだ。



21世紀のはじめに開館し、
「20年前の未来感」を一所懸命に表現した建物、
と言えるのではないだろうか。


21021101.JPG



スペースシャトルに搭乗する初の日本人宇宙飛行士となった
毛利衛氏が開館以来館長を勤めてこられたが、
この3月末で退任されると 発表 されている。



当然、建築技術としても当時の最先端を駆使しているのだろう。


21021102.JPG


国立科学博物館の、
古いどっしりとした建物とは
対極をなす存在である。


もっとも、設備的には
古い時代の建物こそ、何度も改修を繰り返されていて
内容としては決して見劣りするものではないのだが。



吹き抜け部分の上部。


21021103.JPG


内装と、設備との調整が行われている。



1階シンボルゾーンの天井面は
後からの設備改修もやりやすそう。


21021104.JPG



設備的なフレキシビリティー、
改修のし易さというのは、
この類の施設には特に必要なんだと思うのだ。



外にあった、碑。


21021105.JPG


スペースシャトル石像と
毛利氏直筆を掘った石板。


200年もすると、
史跡巡りを趣味とする人たちが
こぞって訪れる先の一つになるだろうか。
(「科学未来館の造り」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 建築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月07日

和風外装のビル

広い通りに面した、間口の狭いビル。


和風な感じに仕上げようと、
こういう外装にしたんだろう。


21010701.JPG


なるほど。

木の格子のように見えなくもない。


消防隊進入口の部分も、
外側から開けられるようになっているようだ。



もっとも、一刻を争う場面で
開ける開口部が二重になっているわけだから
そのあたり、所轄消防とのやり取りが
いろいろあったんだろうな、と。



屋上に乗っけてあるキュービクルは
特に色を付けなかったのね。



まあ、誰も存在にも気づかないんだろうから
あんまり気にはならないだろうな。
(「和風外装のビル」おわり)
posted by けろ at 09:00| Comment(0) | 建築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月31日

温故知新の木組

竹中さんの展示を見る機会があった。


竹中大工道具館 というものがあるのだが、
そこの巡回展、という位置づけのものである。


20123101.JPG

古今東西、いろいろな木組がどのように造られているのか
様子の良く分かる展示なのであった。


20123102.JPG

建築で習う、いろいろなタイプの「継ぎ」について
実物とともに解説されていて
たいそうわかり良い。



いろいろな継ぎを用いた大きな模型もあって
そんなに広い会場でもないけれど
とても見ごたえのある展示なのであった。


20123103.JPG



ヨーロッパの木組もいくつか展示されていて
それぞれの地で長年受け継がれてきた匠の技に
感嘆するものなのである。


20123104.JPG



昔から継承されているものとともに、
現代の技による作品も並べられていて
なかなかに楽しい。


20123105.JPG


壁面に描かれた図とともに
実物が置いてあることで
立体的な構成が良く分かる。



この、球たるや!


20123106.JPG


気の遠くなる手間暇を掛けた
工芸品である。



20123107.JPG


すごい人はいろんな分野に存在していて
素人目にもその凄さの一端を感じられる。

詳細がわかればわかるほど、
より凄さが際立つのであろうけれど。


20123108.JPG


実物、模型、写真、動画映像などを通じて
その凄さが少しでも伝わるように
工夫されている展示なのであった。



「お手を触れないで下さい」という展示だけではなくて

「実際に手にとって、その組み合わせを体感して下さい」っていう
気前の良い(?)模型もあったのが
なお嬉しいことであった。


20123109.JPG


この手の継ぎが、
いくつもいくつも置いてあったので
つい一所懸命に組み、バラシ、を繰り返してしまったではないか。



時節柄、
至る所にアルコール消毒用のボトルが置いてあるから
ちゃんと気にして対処していれば
特に問題は無いのではないかな。


本館にも、ぜひ行ってみたいものである。

新幹線駅の傍だから、
まあ、行きやすいかな?
(「温故知新の木組」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 建築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月09日

小田原の街並

小田原市内を少し歩く。



バス停の屋根が、特徴的であった。


20120901.JPG


瓦屋根っぽくなっていて、
棟があって、
両側に雨樋がついていて。


20120902.JPG


城下町であることを意識して
このように統一されているのであろうか。



電話ボックスも、だ。


20120903.JPG


こちらには、雨樋はない。

「妻入り」のボックスになっている。



とは言え、携帯の普及により
電話ボックスは使用されなくなったのではなかろうか。


近年めっきり数が減っている気がする。


駅などにズラッと並んでいた
公衆電話コーナーは、絶滅したのでは



小田原駅から南方に歩いていくと、
途中から国道1号線の重複区間に入り、
その突き当り(曲がり角)に
「小河原宿なりわい交流館」が姿を見せる。


20120904.JPG


「お休み処」の布と、赤い円筒の郵便ポストが、映える。

垂れる柳も、趣を醸し出している。



建物の裏手。


20120905.JPG


古い建物の様相を保存しつつ、
利用上の必要性もあって
手を加えている様子がわかる。



換気用のベントキャップ(といっても新しくはなさそうだが)が
内部を機械換気していることを示している。


20120906.JPG


軒下すぐ下に設けることで、
あまり目立たなくしてある。



ちょっと中を覗くと、
茶屋風になっていて居心地は良さそうだ。



この近く(かまぼこ通り)には
デザインマンホールがあるので
ちょろっと歩いて回るには良い。


それなりの交通量があるので、
下ばかり、道ばかり見て歩いていると
ちょっと危ないけれど。
(「小田原の街並」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 建築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月02日

旧新橋停車場

ちょっと近くを通ったので、
少し見てみましたよ。


20120201.JPG

どのくらいオリジナルで、
どのくらい補修されていて、
どのくらい創作なのかはわからないのだけれど
見ていて楽しい建造物である。



鉄路も、置いてある。


20120202.JPG


創業時の線路、なんだそうで、
ゼロマイル標識とともに展示されている。


20120203.JPG


そうか、線路が半分埋まりかけているように見えたのは
そういうわけだったのか。



少〜し、上の方からも眺めてみる。
隣のビルから、見ることができるのである。


20120204.JPG


棟部分は、自然換気用なんだろう。



雨樋と配管は少なくとも取り替えられているのだろう。


20120205.JPG



本来の目的は、


20120206.JPG



展示内容は一切合切撮影禁止だから
撮ってないけれど。

非常に興味深く見せていただいた。



分離派建築会100年展 を開催していたもので。


ハタチそこそこの昔の学生たちの作品群であるけれど
「設備」に関してもそれなりに知見と配慮があるように感じられて
非常に参考になった。



停車場を、少しアップしてみる。


20120207.JPG


ちょっと見づらいけれど
換気用のガラリのようだ。

元々有るものか、
後付けかは、わからない。



雨樋廻りも。


20120208.JPG


銅板で作られた樋が見られる建物もあるけれど
ここは違うみたい。



視線を上げると、
ほんとうにいろんな建物がごっちゃごちゃに混じっていて。


20120209.JPG


これはこれで、
楽しいと思うけれど。
(「旧新橋停車場」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 建築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月18日

カラフルEVシャフト

吹き抜けホールに、
エレベーターシャフトやら、
連絡通路やら、
あるんやけど。



なんとも、カラフルぅ〜。



20111801.JPG



お国柄、っていうん?



なんか、ええわぁ〜。



建物内、
みんな、カラフル。


20111802.JPG


窓の向こうには、
さんふらわあ が見える。



その土地土地の、
魅力ってもんだなぁ。
(「カラフルEVシャフト」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 建築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月15日

借景外装、かな。

ガラスカーテンウォールの外装って、
透明感があって、
意匠的にはかなり好まれているんじゃないかと、
そんな気がする。


街中のビルで採用されているものも多いんじゃなかろうか。



20111501.JPG


「せつび」的には、冷暖房負荷が大きくなるし、
特に日射負荷は絶大になるし、
あんまり嬉しいモノではないんだけれど。



「今のガラスは遮熱性能が高く、Low-Eガラスなんかを使えば
 すんごく省エネだ!」


そういう説明もあるのだけれど、
確かに従来のガラスに比べて格段に性能は向上しているのだけれど
それでも熱貫流率は昔むかしの外壁ほどの数値でしかない。


今ドキの外壁に比べれば、やっぱりガラス面は
熱的には「ザル」である、と、ワタクシは主張したい。


「見た目の美しさ」を求めるあまり、
鉛や水銀の化合物を化粧品として
健康・命を損ねてしまった古代の人々……に擬えるのは
さすがに言い過ぎかな。



いずれにしても、
建物は様々な要素を組み合わせて出来上がるもので、
その用途、立地、セールスポイントなどによって
その重点とするところが異なるのはある意味当然ではある。


だから、熱性能よりも意匠的要素に重点を置くことがあっても
それはそれで可であろうと思う。


そういうコトだと、理解した上で、という前提付きで。



熱性能的にあまり素晴らしくは無いことを承知した上での
選択であって欲しいものだ。

いや、そうあるべきだ。

と、設備に関わる人間としては、思うのである。


当然ながら、立場が異なれば、
その意見や重要視するところが異なるのは致し方ない。




さて、前置きが長くなってしまったのだが。



ガラス面は、光を反射するという要素もある。



もしそれを意図してやるならば、
周囲の景色を「借りる」ことだって可能だ。

『借景』と捉えることも
できるんじゃないかな。



実際、建築物の写真などで
ガラス面の「借景」を美しく捉えたものも
多い気がする。



借り方にも、いろいろやり方があって
全面でそのまま借りることもできようし、
角度を替えてやれば、
「特殊効果」も望める。


20111502.JPG


意図してやったか、
たまたまそうなったか、
それはわからないけれども

これはとても面白い効果だと思ったので、一枚。



造園だけじゃなくって、
建築の外装でも『借景』ができるのである。
(「借景外装、かな。」おわり)
posted by けろ at 09:00| Comment(0) | 建築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月06日

丸亀城は400年

丸亀シリーズが続いて申し訳ない。

なんか、面白かったもので。



丸亀城跡の一番高い場所に
天守が残されている。


20110601.JPG


その威容! と言うには、かなりこじんまりしているのである。



3層。


松本城や姫路城のような大きなものばかりが天守ではないのだ。



入り口のある面は……。


20110602.JPG


とっても、控え目でしょ?



12しか残されていない現存木造天守の中で
一番小さなものだということだ。


20110603.JPG


当初丸亀城として築かれたのは、江戸時代になる直前。

それから400年以上が経過している。

もっとも、現存の天守は江戸初期に山崎氏により建築されたもので、
それからだと370年余になるだろうか。



城主となった、生駒家、山崎家、京極家の家系図。


20110604.JPG


まあそれぞれ、遠い遠い親戚にあたる関係であったようだ。



小さいだけに、中はすぐ見尽くすことができるのだが
やっぱり細かいところも見てみたいじゃない?


20110605.JPG


火打ち梁ももちろんだけど、
消火器とか消火器ボックスとか。


窓にガラスが嵌めてあるぞとか。



折角だから、架構も見るけれど。


20110606.JPG


ボルト・ナットじゃなくって、
釘と鎹(かすがい)。



階段は、急だ。


20110607.JPG


階段とはしごの中間みたいなモノ。


手すりや補強金物は、
後付けだと思われる。


20110608.JPG


ノンスリップまでつけてあるし。

元のままじゃ、現代人には危険過ぎる。



木造3階建て。

文化財だけれど、やっぱり火災報知器は必要だよね。


20110609.JPG



屋内消火栓だって。


20110610.JPG


消火栓箱も、配管も、
木の色に近づけた塗装を施してある。

もちろん、電線管やボックスも、だ。

白い壁が背景だから、目立つっちゃ目立つけど、
っていうか、存在を認知されないのはまずいから
壁と同色にしてしまうわけにはいかなかったんだと思うけれど、
まあ、いい感じじゃないかな。



最上階(3階!)からは、城下を見渡すことができる。


20110611.JPG


かつては、いろいろ建っていたんだろう。

石垣だけが、残されている。



丸亀の市街地が、視界に連なる。


20110612.JPG



瀬戸内海に面した港に林立するクレーンと


20110613.JPG



遠く、瀬戸大橋も見渡すことが出来る。


20110614.JPG



四国山地の山々は、
なんか、他地方のそれと形が違うような気がする。


20110615.JPG



コニーデ火山のような、
スラッとした形じゃないのだ。

なんか、もこもこした感じ?



『讃岐富士』とも呼ばれる飯野山も、
平地がボコッと盛り上がったような
そんな形状。


20110616.JPG



市街地や瀬戸内の長大橋はともかく、
これらの山々はきっと、最初の築城から400年間、
同じように四季折々の表情を
各時代の人々に見せてきたのであろう。



400年、かぁ。


そのくらい生きてたら、
それでもやっぱり「人生って案外短いもんだ」なんて
感じるものなのかなぁ。


なげ〜、ヒマ〜、退屈ゥ〜

って、なるのかな。

ならないような気がするなぁ。
(「丸亀城は400年」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 建築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月05日

丸亀城大手一の門

丸亀城敷地の入り口に、
『大手一の門』
というものがある。



門の上の部分が、見学できるようになっていた。


20110501.JPG



若干の展示品とともに、
内部の構造がよく見える。


20110502.JPG


提灯の紋は、京極氏のもの。



鯱瓦。


20110503.JPG


雌雄2体セットだったものの雌が失われていて、
1985年に35年ぶりにそれが見つかった、という記事が
掲示されていた。



製材していない木材を巧みに組み合わせた構造が
よく見える。


20110504.JPG



現代のように構造力学などが構築されていなかった時代に
数多のトライ&エラー、諸災害を経て編み出された
そんな構法なのであろう。


20110505.JPG


当然のことながら、
ダメだったものは現存しておらず、
今に至るまで残っている『スゴい』ものだけが伝えられているはずだ。



「昔の人は、凄い!」


それはある意味正解で、
ある意味不正確である。


スゴかった人もいたし、
凄くなかった人も居た。


たぶん、現在でも同様である。



時間が、歴史が、その価値を審査するのであろう。

価値あれど不幸にしてアクシデントに遭遇して残らなかったものもあるし、
たまに全然凄くないけれど運良く残っているものもあるんだろう。



そんな注釈にも少〜し気に留めつつ、
先人の偉業を愛でる、楽しむ、驚嘆する、

たまに突っ込む、

歴史に詳しければ詳しいなりに、
詳しくないならばそれなりに、
楽しみようはあるというものだ。
(「丸亀城大手一の門」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 建築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月02日

エクステリアとしての

「建築」において、
省エネとか環境負荷低減とか、
今や一般的になったメニューがたくさんあるのだけれど。



得てして、「コストが合わない」ってことで
取り止めになってしまうことも多々あるけれど。



それでも採用されて、
日の目を見るものだって
少なからず存在する。


20110201.JPG


太陽光発電と、
壁面緑化。



積極的に、
意匠として、
エクステリアの一環として、
取り込んでしまいました、的な感じ。



あの植物の給水はどうするとか、

空気中の湿気のみで生育可能な樹種にするとか、

枯れ枝が落ちても大丈夫かとか、

20年後はどうなっているかなとか、


いろいろ心配・気になる要素もあるのかも知れないけれど、
きっとそれらに対しても、
様々な配慮・計画・工夫があって
成り立っているんだろう。



もちろん、全てを見通すことなんて出来ないから、
思わぬ弊害が出てくるようなこともあるのかもしれないけれど
それも、採用してみたからこそのコトだ。


生命や財産の重大な危機につながるようなことでなければ、
こういういろんな取り組み、試行錯誤は
歓迎すべきことなんだと思うのだ。



四季折々の色が出るとなお良いのだけれど、
きっとそんなコトもいろんな方々が考えておられることだろう。


秋になると、見事な紅葉が……


ステキだと、思いませんか?
(「エクステリアとしての」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 建築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月28日

兵どもが夢の前?

千駄ヶ谷と言えば……。


やっぱり、国立競技場?



でかいでかいと、話には聞いていたし
映像では見てもいたのだけれど。


20102801.JPG


現地に行ってみたら、
やっぱでかいわ。



なんか、すごい圧迫感がある。


20102802.JPG


真っ直ぐな壁じゃないだけ、
マシなんだろうけど。



工事囲いで囲われたまま。

工事用ゲートも、そのままだ。


20102803.JPG


植栽は、立派に植わっている。



「延期」が決まってから、
オープンするでもなく、前哨戦に使用するでもなく、
囲いの中にあるまま、何らかの工事を続けているようだ。


20102804.JPG



本来の日程であれば、
オリンピックもパラリンピックも終わって
落ち着いていた頃であろうに。


20102805.JPG


配管やらダクトやら、
結構露出で出ているのね。


20102806.JPG



道路沿い、一部ゲート上が見えるところもあって。


20102807.JPG


まんだまんだ、
仮設いっぱい残ってるだね!


20102808.JPG


安倍さんが1年延期を発表してから、早半年。

中止説もネット界隈で飛び交う中、
果たしてどうなるのやら。


20102809.JPG

つはものどもがゆめのあと


となっていたはずの施設。


現在は、夢の前なのか、
夢に終わるのか、さて?
(「兵どもが夢の前?」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 建築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月22日

旧三井銀行小樽支店

小樽市。


かつては、非常に栄えた街である。


現在は主に観光地として名を馳せているのであるが
商業・貿易・金融・交通の要衝として、栄えていた時期があるのだ。


「北のウォール街」と呼ばれ、
都市銀行の支店が軒を連ねていた時代があったのだ。



旧三井銀行小樽支店 は、その雰囲気を味わうことの出来る施設の一つである。


20102201.JPG


重厚な造りが、財閥銀行の威厳を誇るかのようである。


20102202.JPG



昭和2年築の、SRC造建築物。


20102203.JPG


平成14年まで、実際の店舗として使用されていたという。



裏手の増築部分は、とたんに重厚感のないただの建物感あふれる
様相になるのだけれど。


20102204.JPG



内部のホール。


20102205.JPG


これを、SRCの架構で実現している。


この特徴的な天井仕上げを利用して
プロジェクションマッピングが披露される。


20102206.JPG


入館料だけで見られる。

立って見ていると首が痛くなるので
ちゃんと椅子が用意されている。



ヨーロッパから運んできたステンドグラスも展示されている。


20102207.JPG



旗竿取付金物の一部が残されているそうで


20102208.JPG


その図面があるそうで、


20102209.JPG


昭和の始め、もちろんCADなど無い時代、
ちゃんと「圖學」を学ばないと
とても描けたもんじゃなかっただろう。



鉄骨建方の写真が残されている。


20102210.JPG


重機の無い時代の施工。

想像もつかない。



建築概要書が、興味深い。


20102211.JPG


水洗トイレ、なのである。



拡大パネルもあって、


20102212.JPG



現在の建築概要書の先祖だ。

設備(「附帯設備」となっている)の部分を
拡大すると、


20102213.JPG


配線工事ハ隠蔽コンヂツト式

ス井ツチ

高サ十一尺ブロンズ製大スタンド

電鈴装置ヲ設ク

低壓蒸汽直接煖房式

米國アメリカンラヂヱーター會社製アイデアル、スモークレス汽罐

同社製ピヤレス型放熱器

外氣温度華氏五度ノ場合各室華氏六十五度乃至六十度に煖房スルモノトス

空氣清浄器付ヱイロフインヒーター装置

湯は局部的に瓦斯ヒーターヲ使用して供給ス

各衛生配管ハ夜間水ヲ抜き其氷結ヲ防グモノトス


……ナカナカ、趣深キモノト思ヰマセンカ?



地下の金庫室。


20102214.JPG


左上にある小扉は、「人孔」である。


20102215.JPG


こういうものが有るということは、
かつて、世界のどこかで、閉じ込められてエライ目に遭った人が
いたということなのだろう。

どんな目であったかは、知らねども。



2階回廊は、営業室ホールに面している。


20102216.JPG


その回廊に沿って、応接室、会議室などの各室が並んでいる。


20102217.JPG


当時の「設計」とは、
ずいぶん範囲が広かったものだと思うのである。


20102218.JPG



小樽市内に銀行が25もあったというのだから
相当なものである。


20102219.JPG



似鳥美術館、旧三井銀行小樽支店、ステンドグラス美術館をまとめて
小樽芸術村」 と称している。


20102220.JPG


時間がゆるすなら、
3館共通券 で全部観るのがよかろう。



銀行の支店として営業していたカウンターには、
多くの化石も見られる。


20102221.JPG


あんまりうまく撮せなかったのだけれど。

これらを探すだけでも、観る価値があるんじゃないかな。
(「旧三井銀行小樽支店」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 建築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月20日

天井点検口は必要性があるから設けてある

天井面に、天井点検口がついていることがある。


「なんか四角い枠があって、邪魔だなぁ」


そう言うなかれ。



だって、無駄に付いているわけじゃないんだから。



天井の中には、いろんなものが隠されていて、
それを見るため、点検するため、メンテナンスのために
都度天井仕上げを壊すのはあまりにも無駄だから
開けやすくしてあるのだから。



建築工事のシャッターボックスや、
天井内区画壁の確認のためであったりもするけれど
大部分は設備機器、配管類、貫通処理、断熱などの確認のため
ダンパー操作、バルブ操作、プルボックス点検のため、など
「せつび」のために必要なものが圧倒的に多い。



20082001.JPG



確かに、天井面につく照明器具や制気口や機器類、
天井仕上材などとのバランス上、
点検口の存在が邪魔に思えてくるのかもしれない。


でもやっぱり、必要性があるから、取り付けているのであるからして
あんまり邪険に扱わないで欲しいのだ。


まして目の敵にしたりしないで欲しいのだ。



そもそも、だ。



天井点検口なんて、存在にさえ気づかないのが普通じゃないだろうか。


たまたま「ギョーカイ」にいるもんだから、
天井仕上ボードの目地とか、
スプリンクラーヘッドやスピーカーの配置の美しさとか
そんな「些細なこと」が気になっちゃうだけなんだ。


そんなものは、一般の人々にとって
必要な機能さえ果たしていればそれで良いもの
だったりするんだ。



もしも存在が気になるのであれば、
あんまりにも邪魔に感じてしまうのであれば、

「そこに天井点検口をつけちゃダメだ」

ってただ主張するだけじゃなくて

そこに天井点検口をつける必要性が無いような
設備システムを採用するとか
別に機械室やPS的なスペースを設けるとか
それなりの根拠ある対策をひねり出すべきなのである。



デザインに優れた建築物を創造したいのであれば
そういう知識があると、実現しやすくなるはずだ。



「せつび」は、建築とは無関係ではない。
建築を構成する要素の一つなのである。

だからして、

「設備、よくわからん」

で済ませないで、ある程度は関わりを持つようにすれば
意匠屋さんであっても、構造屋さんであっても、
きっと役立つはずなんだ。



もちろん、逆も言えるのであって、
設備屋さん、電気屋さんが
意匠、構造、建築法規などの知識を持つことは
やはり役立つはずなのだ。



そういうわけだから、
「天井点検口は必要性があるから設けてある」のである。



でもたまに、設備から天井点検口を要求したけれども
やっぱり必要なかった(テヘッ)ってことも
無いわけではない。


要求したんだけれど、設け忘れられてしまった、というのと
どちらが多いんだろう?


現場(担当者)によりけり、なのだろう。
(「天井点検口は必要性があるから設けてある」おわり)
posted by けろ at 23:00| Comment(0) | 建築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月06日

縞々煙突

見上げれば、青い空。

そして、煙突。


20080601.JPG



青と、赤と、白と、
空も合わせてトリコロールである。



脇に写ってる窓が、やけに小さい?



いやいや。


20080602.JPG


煙突が、でかいんです。


すんごく。



工場だから、ケーブル類も何の遠慮もなく露出で這わせてあるし
換気用ガラリだって容赦なく大開口を取ってある。


20080603.JPG


でもそんなこと、全く気にも留まらないくらい、
全体のサイズが大きい。

そんな、工場。



この煙突、遠方からでも相当目立つ。

稼働中は、大気中の湿度の状況によっては
白い煙をモクモクと吐き出していることもある。



とにかく、高い煙突は、
赤白の縞々なのだ。


航空法による、「昼間障害標識塗装」なんだそうだ。
(「縞々煙突」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 建築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月01日

外断熱のヒートブリッジ

外壁躯体に、断熱材が貼り付けられている。

けれども、その外壁には元々煙突が取り付けられていた。


20080101.JPG


そうなると、支持金物部分は当然にして断熱材の無い状態で
躯体と直結していることになる。


中の四角い部分にはあとから貼り付けるにしても、
金物が生えている部分だけはどうにもならない。



金属だから、熱伝導はすこぶる良くて
この部分だけ熱をよく通す「熱橋(ヒートブリッジ)」となるのだ。



とは言え、しょせんはこの部分だけ。
そんなにものすごく大きな影響がある、というわけでもない。


20080102.JPG


それに、この建物は元々内断熱もあるのである。

だから、まあ、すごく大きな悪影響は無いんだろう。



でも、普通はある程度気にしなくちゃならない。

この鋼材だけ熱を通しやすいから、
冬期にはこの部分だけどんどん熱が逃げる。

室内側の、金物部分だけ、壁の表面温度が低くなる。

条件が悪いと、その部分だけいつも結露することになりかねない。



熱貫流率と、内外の温度、室内湿度によって計算上結露の有無が出せるから
アヤシイ場合には確かめたら良いのだ。



どうしても外壁側に支持金物をつけなくちゃならない場合、
何らかの熱橋対策が必要だ。



熱を伝えない鋼材 とか、 鋼材に匹敵する強度・耐久性を持つ樹脂材 とか
そういうのが手軽に安価にあると良いんだけれど。

ポリカーボネートの材料とか、いろんなところがいろんなものを開発しているから
遠くない将来には一般化するんだろうな。
(「外断熱のヒートブリッジ」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 建築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月30日

金物っ!

鉄筋コンクリートは鉄筋コンクリートの、
鉄骨は鉄骨の特徴と表情があって、
じつは設備としてはこれらの構造形式のほうが
何かとやりやすかったりするのである。


けれども、木造の建物にだって、
設備は存在していて
だからこそ、お目にかかることだってあるわけで。



RC造やS造の壁の場合には、
壁下地材が等間隔で縦に並んでいるのだが、
木造の場合にはナナメの材料もあちこちに出てくる。

そして、それらを留めるための金物も、たくさんついてくる。


20073001.JPG


「筋交い」を留めるための、筋交い金物。

コーナーにつけるものと、横につけるものと、
2種類が写っている。



この壁を貫通する配管、ダクト、ケーブルは
筋交いを避けて通さねばならない。

自ずと、ルートが制限される。



土台部分には、ホールダウン金物。


20073002.JPG


RC造やS造の壁であれば、
下に梁さえ無ければ床から直接壁内に
配管やケーブルを入れることも出来るのであるが。


木造の場合には、土台の下に必ず基礎があるために
そういうことが出来ない。



設備系の自由度は、RCやSに比べてかなり制限されるように
思うのだ。



だんだん、大規模な木造にお目にかかることも増えてきた。



RCやSに慣れた状態でいると、
面食らうことも多くなるんだろうなぁ。



木造準耐火に関する制約も多いし。


日々、勉強やね。
(「金物っ!」おわり)
posted by けろ at 10:00| Comment(0) | 建築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月24日

今にも崩れ落ちそうな

年数を経ると、いろんな建物は古くなる。

古くなって、傷んでくる。



それでも使いながら、早め早めに補修を重ねていくならば
そんなに酷い外観になることもなかろう。


たいてい、建物の正面には特に気を遣って
あまりみすぼらしくないようにするものである。



それでは、側面や裏面はどうだろうか?



20072401.JPG



あちゃー。



サビサビの、タラップ。


鉄板の丸煙突を支えていたであろう、朽ちかけの金物。


バラバラと剥がれ落ちないかどうか不安な、外壁。


植物とともにここまで育ってきた? かのような、排水管。


てきとうに伸ばしててきとうに留めてある、ケーブル類。



こんなのも、味があって……

まあ、好き好きだ。



ただ、実害が生じるようだとヤバいかな。
(「今にも崩れ落ちそうな」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 建築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月21日

塀の控え壁

だいぶ、年代モノの塀を見かけた。


あちこちにヒビが入ったり、
ヒビと見紛う植物が張り付いていたりする。


20072101.JPG


だいぶ高さのある塀だから
倒れてきたりするととても危険!

というわけで、控え壁が設けてあった。



ブロック塀など、組積造の塀には控え壁が必須である。
建築基準法にも規定があるし、試験にも出る。



組積造でなくても、
やっぱり構造上の安全性は欲しいもの。



東日本大震災以来、
日本全国どこででも地震活動が活発化している感のある昨今、
身近にある「塀」を 再チェック してみてはどうだろうか?



基準に照らし合わせて不備があるようならば、
補強工事をしなくてはならない。
「いざ」という時に、犠牲者を出さないために。



いっそのこと、重たい塀をやめるのも一考かと。
(「塀の控え壁」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 建築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月14日

旧平造材部飯場

北海道開拓の村の「山村群」としてまとめられた区域の林の中に
旧平造材部飯場」が再現されている。



大正後期というから、比較的新しい部類に入るのだろうか。



林内の飯場であるから、その場所にある木材を利用して建てた
雨風をしのげて寝泊まり出来さえすれば、という類の施設である。


20071401.JPG



雑魚寝も雑魚寝、びっちりと並んで寝るだけの、スペース。


20071402.JPG


北海道、しかも道北地区であるから、暖は必須。
木材あるいは木炭を燃やしたのだろう。

こんな造りでは、火事も多かったかもしれない。



「製材」なんて、必要ない。

そのまんまの無垢の木材で十分。


そういわんばかりの架構である。


20071403.JPG



詳しくは たくさんの画像を紹介しているブログ があるので
参照いただきたい。

ここを見ると、写真が綺麗だ!


カメラも腕も違いすぎるけれど、
それは仕方がない。
(「旧平造材部飯場」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 建築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

掘ったら水が出てくる

とりあえず、ユンボで穴を掘ると。


ボーリング調査でわかってはいたけれど、
地下水位が高いね。


20070501.JPG


ピット内にはすぐ水が溜まりそうだから
釜場と排水ポンプは必須だ。



基礎打設の際の水替も、結構なことになりそう。
(「掘ったら水が出てくる」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 建築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする