2020年10月17日

年季の入った立体駐車場

たまたま停めた駐車場が、
なかなか味のあるところで。


20101701.JPG


ターンテーブル部が凹んでいるところ。


このまま地下に……ではなくて、
上の方に車輌を収納していくのである。


制止用には、
踏切の棒みたいなやつがあるのみ。


全部顕になった状態で、
ガコンガコンと動いていくのだ。



なかなか、楽しいモノを見たのだ。


最新式は最新式で面白いけれど
長年使われてきたメカも、味わい深いのだ。
(「年季の入った立体駐車場」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 昇降機設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月28日

踊り場付きのエスカレーター

八重洲口。


20092801.JPG


日本の玄関と言っても過言ではない……なんていうのは
もう過去の話なんだろう。


今はどこでも「玄関口」といえば、たぶん空港だ。



東京駅の駅舎には 免震化を伴う保存・復元工事 が施されて
古びた感じは一掃された。



建物外周を見ると、免震クリアランスの存在がわかるのだ。


20092802.JPG


雨水配管も、建物本体(というか、地面、というか)の挙動によって
破断しないようになっている。



さて、この地下には
踊り場付きのエスカレーターが存在している。


20092803.JPG


ちょろっと上がって、踊り場水平移動。
それから、また上がる。



改修に改修を重ねてきた施設ゆえ、
踊り場無しでまっすぐ上げ下げできなかった
深〜い理由があるはずなのだ。

見ただけじゃ、全然わからないけれど。



あの部分に何らかの重要な荷重を負担する躯体があって
どうしても壊せなかったとか、
元々の階段形状をエスカレーター化したのだとか、
いろいろ推測もできよう。


然るべき(どんな?)ルートで話を訊けば
解明できるのかもしれない。


いずれにしても、ただ通りかかっただけじゃわからん。

でも、面白いから、撮っちゃう。



東京駅地下と言えば、
東京キャラクターストリート も、なかなか楽しかろう。

いろんなキャラの店舗が、わんさか。



ある程度の人口と通過者数が無くては成り立たない商売だろう。



トイレに行こうとして、途中にあったのは、これ。

20092804.JPG



いろんな権利関係に関わりそうだから、店舗の様子は撮らないけれど
「撮影可」とあったものは、せっかくだから撮っておこう。


20092805.JPG


創作当時の 石森章太郎さん も、
現代においてこんなふうになるとは
思いもよらなかったのでは。
(「踊り場付きのエスカレーター」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 昇降機設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

エレベーターの停止階が限られていると

たぶん、20年以上前の建物であろう。



集合住宅にエレベーターがついているのは当たり前で、
現代では各階に停まるのは当然のことなのであるが。


かつては、そうではなかったようだ。


20012201.JPG


たまに、こんな建物を見ることはないだろうか?

6階と10階だけ、壁面が出っ張っている。



共用廊下が、この2フロアにしかないのだ。
エレベーターの停止階が、1、6、10階の3フロアだけなのだ。

他の階は、階段室を通じて上り下りする。



エレベーターの乗降口を作るコストと、
共用廊下分の床面積とを削減するための措置なんだろう。



おそらく停止階の室は、他の階よりも高く売れたであろう。



エレベーターシャフト頂部に設けるエレベーター機械室と、
更にその上に設ける高架水槽室も
現代では設けられないモノである。



米とか牛乳とか根菜類とか、
重たい荷物を運ぶのに、
階段しか使えないのはキビシイ。

そういう人は、少々高額になっても停止階の室を買う。



健脚に自身のある人であれば、
階段利用になるけれども割安な階の室を買う。



そんなふうに選択していたのだろう。



ただ、35年ローンなどを組んで購入して
やがて人間は齢をとっていく。

そのときに果たしてどうなるのか
なかなか思いが及ばないものであろう。


ある程度の値段で売ることができれば
住み替えもできるのだろうけれど。



現在当たり前に売られている集合住宅も、
時代が進むと「あり得ない」と思われてしまうような
仕様であることもあろう。



先のことは、なかなかわからないものだ。
(「エレベーターの停止階が限られていると」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 昇降機設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

動く歩道が保守点検中だった

歩く歩道、は普通だ。

人が、歩く。

歩道は地面だから、静止。

ほんとうは地球が自転してるから
すんごい勢いで動いちゃいるんだけど。


でも今日の話は、

動く歩道、だ。



/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 昇降機設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

エレベーターかごの出入りは自在に

エレベーターって、
正面から乗って、正面から降りるもの。

昔々はそうだった。


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 昇降機設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

エレベーターが停まらない階

通りがかりにあったマンション。



/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 昇降機設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

長〜いエスカレーター

長〜〜〜〜いエスカレーターに出逢った。


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 昇降機設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

シースルーのエレベーターシャフト

普通のエレベーターは
躯体のエレベーターシャフトの中を通っていて
中身の様子を見ることができない。

でもたまに、それが見えちゃうマシンも見かける。


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 昇降機設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

エレベーター廻りの表示が珍しくって

ミシガン州某市にて、
エレベーターに乗ったら、
いろいろと珍しく感じてしまった。



/つづき
posted by けろ at 09:00| Comment(0) | 昇降機設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

高層・大型建築の設計を根本から覆す、MULTI by THYSSENKRUPP

大規模な建物、高層の建物になるほど、
搬送スペースが大きくなり、
建築計画の自由度が減じていくような気がする。



/つづき
posted by けろ at 09:00| Comment(0) | 昇降機設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

エスカレーターの手すりは、踏み段と同じ速度で連動することが決められている

エスカレーターとは、
ただひたすら人を運ぶための設備です。

普段、全く意識すること無く
使っているのが普通のコト。

それがどうなっているかなんて、
気にも留まらないことでしょう。

/つづき
posted by けろ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 昇降機設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする