2020年04月02日

イマドキのベッドサイドには

新型コロナ禍でめっきり減っている外国からの観光客であるが
それ以前にはインバウンド特需で各方面が賑わっていた。


宿泊施設も、同様である。



古めの施設に泊まると、困ることがある。

「コンセントが、足りない!」



今や、スマホにタブレット、ノートPC、コンデジの充電器、
電動カミソリ、ゲーム機、などなど
決して大電流を使用するわけではないのだが、
コンセント電源を必要とするモノが大量にある。



シングルでもそうなのであるが、
ツインになるとそれが2人分。

分岐タップを持ち歩かないとならないくらいになる。



だから、新築の施設には、これでもかと用意されているのである。


20040201.JPG



更に時代が進めば、
これでも足りなくなるであろうか?


それとも、無線給電が一般化して、
過去の遺物となるだろうか?



なってみないと、わからんなぁ。



でもとりあえず、これからしばらくの宿泊施設には、
たくさんのコンセントが必要なことは確かである。
(「イマドキのベッドサイドには」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 電気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

配線札がなくっちゃ

電線やケーブルって、
ごちゃごちゃたくさんあるように見える。


20022801.JPG


どのケーブルが、どこに電力や信号を送っているのか……?


見ただけでわかるもんじゃない。



だから、それをちゃんと表示しておくのだ。


20022802.JPG


配線札に、用途とか系統とか書いておけば
後から誰が見てもわかるってもんだ。


くれぐれも、ウソを書かないで下さいなっと。


謎解きごっこになっちゃいますから!
(「配線札がなくっちゃ」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 電気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月15日

EXPJ渡りの電線管

エキスパンションジョイント渡りの電線管、である。


20021501.JPG


建物を構造上切り離してある、EXPJ(エキスパンションジョイント)。

地震などで左右の構造体が別々に揺れるので、
この部分には少々の変位が生じる。


だから、ここを渡る配管類は、
ある程度変位できる材料でつながなければならない。



この外壁にあるのは、電線管。


20021502.JPG


黒い、可撓(かとう)電線管を使うことで、
その変位に追従できるようになっている。

軸方向の変位吸収はできないから、
その分は考慮されていない。

それも必要な状況下であれば、
また別の措置を講ずることになる。



それにしても、
でっかいプルボックスだ。


20021503.JPG


形も、色も、
かな〜り目立つ。



金属電線管と金属プルボックスのつなぎ目に、
緑色の線が見える。

アース線である。

「ボンディング」ともいう。


万一の漏電の際に、逃してやる先がないと
誰かが感電してしまうかもしれないからね。
(「EXPJ渡りの電線管」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 電気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月24日

埋込のスイッチボックス

壁を剥がすと、出てくる。


埋込の、スイッチボックス。


20012401.JPG


剥がす前には、
ここにコンセントでもついていたんだろうな。



断熱材を切り欠いて埋め込んであるようだけど、
断熱欠損を補う処理は、裏側に施してあるかな?



寒い地方だと、
このボックス部分だけ冷たくなって、
ボックス内で結露を生じて、電気がショートしてしまう
なんてことになりかねないし。



外壁側でなければ、
だいぶ違うのだろうけれど。



あと、古い建物ほど
躯体に埋め込まれた電線管が多いような気がする。



配管貫通孔などをあける際に、
うっかり電線管をぶち抜いてしまったりすると
大変である。



何十年にもわたって使用する建物だ。

電線管やボックス類は、
なるべく躯体には埋め込んでほしくないなぁ。
(「埋込のスイッチボックス」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 電気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

電力の引き込み!

電力会社の配電線から
敷地内の引込柱へと、高圧線を引き込む。


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 電気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

地下道の古い照明器具が外されていた

古い地下道だから、
こんなに薄暗いのかなぁ。


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 電気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

真っピンクのコンセントカバー

店舗内だからか?

主ターゲットが女性だからなのか?


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 電気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

Wifi 飛ばすぞ

最近は、一般家庭でもWifiを飛ばしているところが
多いだろう。


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 電気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

やたらに立っている電柱

田植えの頃。

ちょっと都市部から外れた地方に行く用事があった。


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 電気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

ケーブルはコネクタで繋げられている

天井裏にある、ロスナイ。
三菱電機製の「全熱交換ユニット(天井吊型)」である。

換気用のファン2台が内蔵されているので
当然のことながら電源が供給されている。


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 電気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月06日

今どきのブレーカーは50A

新築住戸の分電盤を開けてみると。



/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 電気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

ボロッボロの電線管と基礎

ねぇ、お宅の屋上なんて
上がってみたりする?


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 電気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

間仕切壁の中身

軽量鉄骨下地による、間仕切壁。


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 電気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

EPSが無くっても

倉庫的な室を
上下に貫通するケーブル。


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 電気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

バックヤードにある盤

盤が3面、ついている。


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 電気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

警報盤につながるモノ

壁の上の方に
警報盤がついている。


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 電気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

なぜそこだけ錆びる?

壁についているスピーカーなのだけれど。


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 電気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

緊急時用の設備では「節電」しないで!

なんとなく、薄暗い部屋。


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 電気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

自立盤の脚部

屋外設置自立盤の脚部分が
埋められる前であった。


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 電気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

なんで、まっすぐ付かんの?

あれ?

この部屋に、違和感。


/つづき
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 電気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする