2020年09月19日

玄関先のパネルヒーター

玄関に、それはそれは大きな大きな
温水パネルヒーター。


天井内に敷設された温水の往き管と還り管が
天井から生えてきている。


20091901.JPG


この地は、そのくらい寒いんだろうか。

なら、正面はガラスじゃなくって
断熱材がしっかり入った躯体壁にしたら良かったのでは?


でもでもそうすると、玄関が暗くなっちゃうじゃない。

エントランスの開放感も薄れてしまうし。



天井にファンコンベクターを埋込みで設けたら、どう?



それだと本体天吊で、ダクトと制気口とスイッチをつけて
コストもその分高めになるじゃん?



暖房用に温水回すんだったら、
パネルヒーターが一番でしょ!



そういう経緯があったか、無かったか。



このくらい大きいと、
放熱器というよりも温かい壁という感じになるだろうか。



どこを、どのように暖房(冷房)するか、
古くて新しくて完璧な解答はない
奥深い問いだったりするのだ!
(「玄関先のパネルヒーター」おわり)
posted by けろ at 17:00| Comment(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

大きすぎるノズル

ある施設に入って、驚いた。


奥行きがほんの4mほどしかない事務受付室の壁面に
立派な、それはそれは立派なノズルがついていたから。



20091001.JPG



室の幅だって、7〜8mくらいしか、なかろう。


なのに、こんなにでっかいノズルが、4つもついている。


どんだけの送風量なのさっ!!!



でも何か、きっと何か理由があって、こうなっているのだ。

無意味に、なんとなく、こんなモノをこんな数つけるわけがない。

対面が全面ガラス張りだから、負荷が、特に冷房負荷が多大になると見込まれたからなのだろうか。



う〜ん。

でもね、対面のガラスは北面なのだ。
しっかりした庇もあるから、
直射日光が差し込むことは、下記の日の出・日没頃を除いて、あまり無い。



じゃあ、暖房負荷対応か?


寒冷地ならともかく、連日猛暑日がこれでもかと続くような温暖地の施設なのだ。

そもそも、ペリメーター暖房負荷を処理するのに、
広くもない室の対面にこんなに大きなノズルを多数配置する意義はあるのだろうか。



……まあ、いろいろと思い巡らすのは勝手なのだ。



設計時に、あるいは施工時に、
聞けば「なるほどっ!」と思うような当然の理由があったのかもしれない。



あるいは、建設当時、この地で(またはこの業界で)流行っていた方式なのかもしれない。



絶対的な正解や、絶対的な不正解がそんなに無いからこそ、
「せつび」は味わい深くて、興味深いのである。
(「大きすぎるノズル」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月29日

仕上がってくれば何てことはない、室内機

木造建築に、エアコンの室内機を設ける。



コンクリートスラブのように、
コンクリートスラブ打設前にインサート金物を埋め込んでおくことはできないから
何とかして、吊る。


20082901.JPG


床下地の木材を足がかりにして鋼材を渡し、
そこから、吊る。



天井下地(木造だけど、ここでは軽量鉄骨下地なのだ)を流して


20082902.JPG


天井カセット形・4方向吹出形であるから、
不要となる部分の天井下地を切断し、
適切な開口補強を設けてから
天井ボードを貼っていく。


20082903.JPG


ボードも、必要箇所を切り抜くのだ。



天井が仕上がったら、フェースを取り付けると出来上がる。



天井裏がどのような状況になっているのか
このようにボードを貼ってしまうと全くわからなくなる。



ギリギリ収まった!? と思われる室内機であっても
ボードを貼ってしまえば、そんな事情など全部隠れてしまうのだ。


20082904.JPG


仕上がってしまうと、

「室内機は、窓のセンターに合わせたかったよね」

とか、勝手なことを言えるのであるが
そうしたくてもできない理由が存在したのである。


いつだって、第三者は勝手で無責任だ。



でもだからこそ、客観的に批評してくれたりする。


それはそれで、尊重したいものである。

……五月蝿いと感じるものであったとしても。
(「仕上がってくれば何てことはない、室内機」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月28日

ドレン配管の防臭に

エアコンなどの、ドレン配管。


機器本体で生じる結露水(ドレン)を集めて、
排出するための配管であって
要は排水管なのであるが。



一般の衛生器具だったら、器具にトラップが付いていて
排水管内の悪臭が出ないようになっているのだけれど
エアコンにはそのようなものは無い。


と言って、悪臭が出てきてしまうのは困る。



それで「ドレントラップ」を設けて、それを防止したりする。


こんなやつ。


20082801.JPG


フラップにある程度水が溜まると、弁が動いて流す。

流れてしまって軽くなれば、弁は戻る。



封水によって防臭するタイプとは、
機構も形状も異なる、そんなトラップ。



あんまり普段目にすることはないだろうけれど、
たまに部屋の隅っこなんかにこそっと付いているのが見えることも
あるのだ。



見つけたら、ラッキー!?



別に、そんなご利益はないのだ。
(「ドレン配管の防臭に」おわり)
posted by けろ at 14:00| Comment(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月27日

灯油タンクに屋根はついているか

灯油タンクとは、文字通り灯油を貯めておくためのタンクである。


タンクローリーから給油するための、給油口
どのくらい灯油が入っているかを示す、ゲージ
灯油の減りに応じて空気が中に入るようにする、通気口
使用場所へ送り出す部分に設ける、ストレーナー
などの部材から成っている。


また、倒れないように脚部を束石などに固定して埋めたりする。



設置場所によっては、「屋根」を設けることもある。


20082701.JPG


タンクに雪が積もってしまい、
それが日光に照らされて一部融けて
冷気に晒されて凍って……を繰り返すと
給油口は凍りついて開かなくなるし、
ゲージも見えなくなってしまう。



屋根がついていれば、それらを防ぐことができる。



また、屋根から落ちてくる雪や雪庇から
タンクを守る効果もある。


まあ、程度によりけりではあるけれど。



そもそも、こんな立派な灯油タンクは
温暖地ではあまり見かけまい。



雪国に行ったら、探してみよう。



どんな灯油タンクがついているのか、
(丸形、角形、など形状にもバリエーションがある)

容量はどのくらいか
(90Lとか275Lとか490Lとか950Lとか、いろいろだ)


そして、屋根はついているかどうか。
(「灯油タンクに屋根はついているか」おわり)
posted by けろ at 23:00| Comment(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月24日

ギリギリ収まった!?

せつびの収まりには、
いつだって気を揉むものなのだ。



たぶん、出来上がってしまったら
何の変哲もないただの事務室なんだろうけど、
その天井内では人知れず丁々発止の遣り取りが繰り広げられていた。



梁成の大きな、木造建築だけに
エアコンのカセット形室内機が梁間に収まるかどうか
かなりシビアな状況になっていた。



20082401.JPG



何とか、ほんとうに何とか、入っている様子がわかる。


エアコンだから、冷媒管にドレン管、電源と制御のケーブルが
接続されなければならない。

それらがギリギリ梁下を通過できるか?


そんな鬩ぎ合いが、ミリ単位で行われていたであろうことが窺える。



梁下で、天井仕上材の上で、
何としても冷媒管を通過させるために……


20082402.JPG


ドレン管には勾配が必要だから、
これまた難題である。



たとい天井内が如何様であったとしても、
天井下地が取り付けられ、天井仕上材が美しく付いてしまえば
ただの「室」にしか見えなくなる。



そうなんだ。



設備屋さん、電気屋さんの苦労は
いつだって「人の見えないところ」にあるんだ。



設計者も、時間的制約の中で、限られた情報の中で、
それなりに考えはするんだけれど、
実際に実現に至らせなければならない、機能させなければならない、
現場職員と職人さんたちの汗と涙の結晶には遠く及ばない。



テレワークできない職種にこそ、価値が詰まっているのである。

と、痛感するのである。
(「ギリギリ収まった!?」おわり)
posted by けろ at 18:00| Comment(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月12日

ガンバッテ通したのだ

柱を巻いて、冷媒配管(と電源・制御ケーブル)を
伸ばしたのだ。


20081201.JPG


左手前の外壁を貫通して、
柱をぐるっと巻いて、
向こう側の室外機に繋がっている。



途中には、ルーフドレンの配管が!
(ドレン管も、そっちに放流されている)



その間に、ギッチギチでするりと通して
仕上げてあるのだ。


なかなか、ガンバッタ。



たまーに、
よく見ると冷媒管用のスリムダクト(プラスチックのカバー)を
こっそり切り欠いてあったり……
なんてことが、あるのかもしれないけれど。
(「ガンバッテ通したのだ」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月04日

凹まされてしまったのだ

ガッツリ、凹まされてしまったのだ。


何か、やらかした?


いやいや、何も悪いことしてないのに。


強いて言うなら、「存在が邪魔」だったからなのかな。


なんて、悲しいんだ。そんな言われようは。



十分に強ければ、
逆に相手をやり込めることが出来ただろうって?

だから、体を鍛えろって?



カネがかかるから、丈夫な体になることができなかったんだよ。

「非常識だ」ってね。

「お前なんかを強くしてどうするってんだ!」ってね。



だから、やられるばかりなんだ。

相手は馬力があるからね。
ぶつかられて弱るのは、いつもこっちなんだよね。

まあ、相手だって無傷じゃ済まないだろうけどさ。

かといって、そんな大ダメージを受けるわけじゃないだろうさ。



こっちは主に、人知れず地中ではたらく存在なんだから、
まあいいや。

多少、地上部が凹まされてしまったとしても
美観上情けなくなることを除けば
機能の上で支障ないんだから。



そんなボクは
ロードヒーティングヘッダーボックス。


20080401.JPG

(「凹まされてしまったのだ」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月31日

壁にズラッと室外機

窓から〜下を〜見てみるとぉ〜〜〜。


エアコンの室外機が、たくさん並んでいた。


20073101.JPG



冷媒管や電源ケーブルを入れたスリムダクト(商品名)は
外壁の色に合わせてあって、そんなに目立たない、かも。



室外機も建物の裏手だから、誰も気にしないし
特に問題は無いよね。



ほんとに、「これでもか」と並んでる。


20073102.JPG


カラオケボックスなんかも、そうだね。

部屋ごとに1台、ルームエアコンがついてるから。



ああいうのは、マルチにしないで個別にしといたほうが
故障してもその室だけ貸さなければ済むし、
何せ価格が安い。

妥当なところだね。



なぜ、室外機をぜんぶ下の方につけてるのか?



そりゃ、あんまり高い位置だと、
メンテも交換も大変だからさ。



このくらいの高さにしておけば、
高くない脚立で十分届く。

地面に直接置かないので、
雪に埋もれる心配も無い。

配管はちょっと長くなるけど。



心配があるとすれば、
ドカ雪が降った時に、室外機の上にがっぽり雪が溜まることと
陸屋根のパラペットから雪庇(氷塊)が落ちてきて
潰されてしまわないか、ということくらいかな。
(「壁にズラッと室外機」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

床暖房のヘッダーが古めかしい

とある機械室の、
グラスウール断熱材も剥き出しの壁面に、
かなり年代モノの古めかしい床暖房ヘッダーを見つけた。


20060201.JPG



いつ頃のものだろう。
建物の年代からして、バブル期のものだろうか。



たったの3回路だから、
そんなに広い面積をカバーするものではなさそう。



それでも、ちゃんと往管、還管にそれぞれ温度計がつけてあって
ヘッダーには圧力計もついていて、
管理できるようになっている。



現在でも健在のようで、
「せつび」としては十分に働けていると言えるのではなかろうか。



「古めかしい」設備は、故障がちだとか性能効率が悪いとか電気をやたら食うとか
あんまり良い評価はされない。


これだけ科学技術が日進月歩である現代だから
当然と言えば当然なんだけれど、
たまには「末永く大事に使われるせつび」があっても
いいんじゃないかな。

特に、機械系じゃないやつについては。



まあそれは、趣味の領域、なのかもね。
(「床暖房のヘッダーが古めかしい」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

下がり天井脇にはノズル

広めの空間に空気を送るには
ある程度の到達距離が欲しい。


ということで、良く見かけるのは ノズル形吹出口 である。


ダクトから、勢いよく空気が吹き出してくるイメージに
なるだろうか?



下がり天井を設けて、その天井内にダクトを通し、
天井が下がっていない空間へ、吹き出す。


20053101.JPG


極めてよく見られる光景だ。



あるものは横吹き出し、
あるいは、高い天井内のダクトから
下吹き出して取り付けられたものも少なくない。



ちょっとした天井の高い空間があったなら、
見渡してみよう。



きっと、こんなやつが、ついているんだから。



上の写真のやつは、まだまだ小さなモノ。


空間が大きくなれば、
もっとでっかいノズルがついていたりする。

遠近法で、そんなに大きく見えないけれどね。



ノズルの奥、
ビス止めしてる部分が白いのは、
結構気になる。


あそこは、黒色塗装で良かったんじゃないだろうか。

製造工程上、あそこだけ黒くするのは至極面倒で高コストになるから
仕方ないのかな。
(「下がり天井脇にはノズル」おわり)
posted by けろ at 12:00| Comment(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

ででんと冷凍機

おお、そこにおわしますは
立派な冷凍機さまではござりませぬか。


20051801.JPG


なんと、凛々しい

なんと、存在感のある

なんと、落ち着いた

機械ではあるまいか!



マルチパッケージに、押しに押されてきているけれど。
(「ででんと冷凍機」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月13日

使い捨てか、洗って使うか

使い捨てを選ぶか、
洗って何度も使う方を選ぶのか。



マスクの話ではない。



政府支給の布マスク(首相名を冠された通称がすっかり定着したかな)は
洗って何度も使えるという触れ込みであるが
洗ったら縮んだとか、分解したとか、
小さすぎる、いやちょうど良いとか
カビてる、ゴミ混入とか
まだ来ないとか
2セット来たとか
家族5人でも1世帯2枚ってどういうことかとか
まあ、話題が尽きない。



そろそろ不織布マスクも市中に出回りつつある。
価格高騰も収束しつつある。
何なら不織布マスクも洗って使える。


もう、布マスク支給は要らないんじゃないか。
数百億円を、お友達企業に融通しただけになったかな。
どさくさに紛れて。
検察官定年延長超法規的措置の追認化も然りで。



おっと、誰か来たか?



それはさておき。



洗う、洗わないというのは


20051301.JPG


フィルターの話である。



公共建築工事標準仕様書(機械設備工事編)平成31年版

第3編 第1章 第8節 1.8.1 パネル形エアフィルター
によれば、

1.8.1.2 ろ材ユニット
(オ) ろ材ユニットは、再生式又は非再生式とし、特記による。
  なお、ろ材交換形の適用は特記による。

( こちら の P.135 を参照)

となっている。



洗って乾かして何度も使うのが大変、と捉えるか
使い捨てはもったいない、ゴミも増える、と捉えるか。



枚数にもよるだろう。

人件費が大きな「コスト」である今日において、
手間がかかるのは敬遠される理由の一つになり得る。



ただ、「使い捨て」を利用できるのは
物資が正常に流通していて
いつでも適正な価格で入手できる前提があるのだなぁと
マスクを通じて気づくことができたのは事実。



世の中便利になればなるほど、
それが失われた際のダメージは大きいものである。


物流やインフラももちろんであるが、
建築の中の「せつび」もそういう類のものなのだ。
(「使い捨てか、洗って使うか」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月27日

隠したいんだね

灯油タンクが、2基。


目隠しの板で、覆われている。


20042701.JPG


そのまんま姿を表していたのでは
無粋だと、思われたのだろうか。



冬には、雪も積もる。


板とタンクとの間に、ごっぽり積もると
除雪が面倒臭そう。



でも、見た目を選んだ。



そういうことなんだろう。



とにかく、隠したいんだろう。



「せつび」って、
そんなに見苦しいですか?


そんなに邪魔ですか?


そんな、人の目に触れさせちゃいけないような
陰の存在ですか?



まあ、そんなに捻くれるほどのことでもあるまい。



とにかく、隠したいんだね。
(「隠したいんだね」おわり)
posted by けろ at 21:00| Comment(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月25日

鋳鉄製細柱型放熱器

古めの建物に行くと、
たま〜にこんなモノを見かける。


20042501.JPG


鋳鉄製の、放熱器である。



これに、低圧蒸気を通して
暖房をするためのものだ。



左側の管から蒸気が入る。

バルブで、流量調整ができる。



右下の放熱器トラップを通して
液化した還水を回収する。

還水は、巡り巡って蒸気ボイラーに戻され、
再加熱されて再度蒸気として送られる。



3細柱型と5細柱型とがあって、
放熱量が違う。

横から撮った写真が無いけれど、
横から見ると、細い柱が3本または5本あるのだ。



上の正面から撮った写真でわかるのは、
細柱パネルの枚数。

15枚あるのが、わかるだろう。

その室の負荷に応じて、このパネル枚数を変えていく。


だいぶ少なくなったのだと思うが、
まだ 製造している会社 は、あるようだ。

年々、減っているんだろうけれど。



カタログ や 図面 も参照すると、
雰囲気がわかるのでは。



まずもって、新築でこれを見る機会はなかろうが、
既存改修であれば、まだ辛うじて見ることもあろう。



「どやって設計したら……」

困るんじゃなかろうか。



古い文献 とか、漁るしかなかろう。



非常に詳しい方のページ なんかもあって、
なかなか楽しい製品だったりする。

うん、ワタクシにゃ、そんな知識も経験も素養もないなぁ。

ちっと、勉強させていただかなくちゃ。
(「鋳鉄製細柱型放熱器」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月23日

ガスヒートポンプエアコンの室外機

狭い屋上にズラッと並べるのもいいんだろうけど。


でも、敷地に余裕があるんだったら、
屋外に並べたって、いいよね?



20042301.JPG


そのほうが、ほら、メンテだってしやすいしさ。



鑑賞だって、し易いでしょ?



20042302.JPG



人知れず、健気にはたらくモノたちが
いぢましいじゃないか。


たまに、日の目を見させてあげたいじゃないか。



なんて。




単に、建物に乗せるには構造上不利で、
敷地も広めで土地代も高くないし、
思いっきり目隠しするような場所でもないし、
フツーに外置きするにに何の支障もなかった、

ただそれだけなんだろうけど。
(「ガスヒートポンプエアコンの室外機」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月16日

ねじ、留まってないけどね

エアコンの冷媒配管が露出になる場所には
たいていカバーを被せてあるものだ。


ステンレス製のものもあるけれど
樹脂製のほうが安いし手軽だから
よく見かけるだろう。



あまりにもありふれているんだけれど、
たまにじっくりと眺めてみてもいいんじゃないだろうか。



……と言うのも。



見ちゃったのさ、先日。



20041601.JPG



なんてことはない、カバーに見えるでしょ?

外壁を貫通して、屋外に出てきて、
屋外機につながろうっていう、そんな冷媒管を覆う、カバー。



ねじ、回し忘れてません?



もっと、奥に、グイグイと、
しっかと留まるやつですよね?



ってなわけで、たまに見てみると
面白かったりするのだ。
(「ねじ、留まってないけどね」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

昇降するエアコンパネル

今や、どこに行っても見られるエアコン。


特に、天井カセット形4方向吹出しのエアコン室内機は
もう至る所でお目にかかる。



あの天井パネルには、じつは種類があって
値段のたかいやつ、そうでもないやつ、安いやつなど
いろいろだ。



ただのパネル、
センサーがついていて、人の居そうな場所に
風を送るように調節できるパネル、
などなど。


メーカー各社がしのぎを削っている。



あのパネルには、たいてい簡易なフィルターがついている。

簡易ではない、しっかりしたフィルターをつけるオプションも、ある。



さて、そのフィルターを清掃する際には……。



背の高い脚立を持ってきて、1枚1枚パネルを外して、
中のフィルターを取外して……ってやるのは、とても面倒だ。



で、その部分だけ、リモコン操作で降りてくるタイプのものも
あるのである。



20040301.JPG


天井仕上げが白くって、パネルも白いので
見づらくて申し訳ない。

床面近くまで、下げてくることができる。

これなら、脚立を使うよりも効率よく進められる。



メンテのことを気にするなら、
こういうのを使いたいものだ。


「メンテ? そんなの知ったこっちゃない。
 とにかく1円でも安く造りたいんだよ」

まあ、そういう建物には向かないかも知れないけど。



放っておくと、これ用のリモコンが
台数分ついてくる。

1つのビルに数百台の室内機がついているとしても、
リモコンは数百個もいらない。

そのへん、早めに打合せしておかないと、
膨大なリモコンの山を前に、
途方に暮れることになる!?
(「昇降するエアコンパネル」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月31日

埋もれている三方弁

「三方弁」という、
制御弁がある。


空調機などに送る冷温水の量を調整して
使用する熱量を制御するための弁である。


弁にモーターがついていて、
その動きによって開度を調整するのだ。



蛇口を閉めるように、流量を絞ってしまうのは
「二方弁」


流路を変えて、
目的の場所(空調機コイルなど)に流れる量を変え、
しかし送水側の流量は変わらないようにするのが
「三方弁」


文字通り、三方に配管がつながっている。



さて。



今日も、調査に出かけるのだが。

その、三方弁があったのだが。


20033101.JPG


いろんなモノに囲まれて、
にぎやかで幸せそう……?



密集した配管は、物置棚と化し

バルブはモノ掛けフックに利用され、

というか、そもそもこのスペースが
狭いながらも空調機械室のはずなのだが
物入れ(物詰め、とでも言わんばかりの)として
「利用」されている。


「利」なのだろうか?


きっと、「利」なのだろう。



われわれ、業界の者にとっては

「何ごちゃごちゃモノ置いてくれてんねん!」

って感じだけれど、

一般の人たちにとっては「ただの空きスペース」。


いろんな物を置いて、有効活用しなくっちゃ。

そんな「機械室」なのである。



まあ、火気があるわけでもなく、
危険はないんじゃないかな。



それにしても、こんなに「埋もれた」三方弁は
初めて見たのだよ。
(「埋もれている三方弁」おわり)
posted by けろ at 09:00| Comment(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

錆びっ錆びの電気パネルヒーター

とある場所の、とあるトイレにて。


入ってまず目についたのが、
その中にある暖房設備だったのです。



そのフォルムは、ありきたりの四角いやつだったのですが。



表面が何とも個性的で。



20032101.JPG



漏電とか、
大丈夫なんでしょうか!?



どうして、
こんなになるまで放っておいたのでしょう。



どうして、
こんなになったままで、未だにそのままなのでしょう。



持ち主じゃないし
たまたま寄っただけなのだから
何も言うことができないのですがね。
(「錆びっ錆びの電気パネルヒーター」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする