2022年10月08日

伸び縮みするから

蒸気暖房をしている建物の天井内。


22100801.JPG


保温をしてあるやつが蒸気往管で、
してないのが還水管だ。



これらを吊ってある金物にはローラーがついている。

『ローラーバンド』である。



22100802.JPG


蒸気が通っているときとそうでないときとで
配管内の温度にだいぶ違いが生じる。

すると、金属でできている配管自体が伸び縮みする。



もしもガッチリと固定されていると
その伸縮を吸収する余地が無いから
このようにローラーで吊っておいて
管が動けるようにしてあるのだ。



上部放熱器に接続される部分は、
このようにエルボ返しを何度も使ってクッションを取り
3次元各方向の伸縮を撓みによって吸収できるようにしてある。



蒸気往管には保温されているけれど
支持部分は避けてある。


22100803.JPG


ローラーが働けるように。



往管も、還水管同様にクッションを取ってある。



当然、ブロック壁貫通部の穴埋めもおこなわれていない……?

最初の写真を見ると、
還水管、埋められちゃってるじゃん(笑)
伸縮、できないや。笑い事じゃ、ないんだな。本来。



22100804.JPG


温水管よりも厚めの保温材で被覆されているから
蒸気管は、えらく太く見えてしまう。



これらのほかに、
直管の長い部分には伸縮継手が設けてあって
軸方向の伸縮を吸収できるようになっているのだ。



一般の建物では、蒸気配管は見られなくなっていくだろう。


時代の流れだから、仕方がないんだろうね。
(「伸び縮みするから」おわり)
posted by けろ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック