2022年09月21日

鉄道歴史展示室

新橋の停車場跡の裏側は
鉄道歴史展示室」として公開されている。


22092101.JPG


プラットホーム側とは反対の、北東面が入口である。



22092102.JPG


敢えて白く塗ったのであろう雨樋が
なかなか楽しい。


上部は角断面で、下部は丸い配管。
外装仕上げに合わせて、微妙に振り回してある。



展示室は階段を上がった先にある。


22092103.JPG


昔の建物は、とにかく階段だらけだ。

駅舎でも役場でも劇場でも、
階段を何段も上がってから1階の床になっていた。

そういう時代なのであった。



展示室内部は撮影禁止であるので、
入り口だけ。


22092104.JPG


わりあい便利な場所である。

行きやすいところであると思う。



遺構として掘り出された部分が見えるようになっている。


22092105.JPG


適宜、コンクリート躯体で保護されている。

照明器具も設けられている。


22092106.JPG



建物南東面。


22092107.JPG


後付けの部分が、うまく形成されていると思うのだ。


22092108.JPG


トップライトとしての部分なのではないかと思う。

散水栓も、必要性があってのものだろう。



鉄骨階段の下に、
室外機たちが押し込められていた。


22092109.JPG


パンチングメタルの扉のゆえに
空気の循環並びに熱交換効率は悪くなりそうではあるが
設備機器類が表に出て来ないように配慮された結果とも言える。


いつだって、絶対的な正解のない課題なのである。



すぐ脇には、高層ビルが林立する。


22092110.JPG


150年も経つと、こんなにも変わるものなのだ。

人類の歴史は、長いようで、短いようで。


人の一生は、言わずもがな。
(「鉄道歴史展示室」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック