2022年07月27日

並べてみないとわからない

JR新千歳空港駅の改札を出たところに
地図が貼ってある。


22072701.JPG


北海道地図に、
薄っすらと本州の地図を重ねてあるものだ。



22072702.JPG


「北海道と本州の大きさを比較」

そう書いてある。



北海道で旅程を考える際には、
こういうのを参考にするとよいであろう。



「新千歳空港からぁ、
 函館に言ってぇ、夜景を見てぇ、
 大沼公園のステキなホテルに泊まってぇ、
 洞爺湖の観光船に乗ってぇ、
 積丹半島の神威岬で写真を撮ってぇ、
 小樽運河とか見てぇ、
 札幌時計台に寄ってからぁ、
 旭山動物園に行ってぇ、
 北海道最北端の宗谷岬を巡ってからぁ、
 知床(事故があったけど安全対策強化したから大丈夫よね?)を見てぇ、
 納沙布岬灯台を見てぇ、
 霧の無い摩周湖を見てから
 帯広の豚丼を食べてぇ、
 襟裳岬にも足を伸ばしてからぁ、
 十勝空港から帰京するのっ!」


海鮮丼全部のせみたいなスケジュールをこなそうと思うと
相当な日数を要することが
地図の比較によって理解できるはずなのだ。



翻訳すると、こうなるかな。


「県営名古屋空港を起点に
 琵琶湖をぐるっと回ってから奈良の吉野に行って
 名張あたりに泊まってから
 彦根城に寄って
 越前海岸で若狭湾を背景に写真を撮って
 福井の街を見て
 郡上おどりも見てから
 魚津の水族館に行って
 佐渡から大和堆あたりまで行って釣りをしてから
 猪苗代湖(遊覧船、湖だから大丈夫だよね?)を見て、
 水戸の偕楽園に寄って
 宇都宮餃子を食べてから
 甲府の信玄餅も食べに寄って
 西伊豆から駿河湾を眺めてから
 富士山近くのヘリポートから帰京する」


全部レンタカーで巡るとなると
一体何kmの道程になるのか!?


「北海道」という括りにしないで
地域を絞る必要性が理解できるであろうか。



2018年、北海道胆振東部地震で震度7を観測した際に
知床観光も訪問者が減って打撃を受けたという。
同じ「北海道」だから。


岐阜で局地的に起こった大地震により、
猪苗代湖観光の訪問者が減った!?
同じ「本州島」だから!?



距離感が無いと、そういう現象が生じるのである。
(「並べてみないとわからない」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック