2022年04月06日

用途は書きたい

「ええと、キミは誰かな?」

「どこの誰?」



初対面で相手が名乗ってくれないと
戸惑うことも多いだろう。


ボソッと

「タナカ」

それだけ名乗られても、ちょっと足りない。



「○○株式会社設計部の田仲です。
 普通の田中ではなくて、ナカは人偏がつきます」

少なくとも所属と名前くらいは言ってもらえないと、
挨拶もし辛いのだ。



ある程度話を続けていけば、
実は同郷で出身高校が同じだったとか、
母方の祖母が恩人の知り合いだったとか、
前職の上司が自分の上司の先輩だったとか、
設計部所属だけど積算ばかりやらされてうんざりしているとか、
詳しいことがお互いにわかってくる。



でも、せつびの世界では
名も名乗らないヤツも多いのだ。



「見りゃわかるだろ。配管だよ、配管」

そりゃ、配管だってことは見りゃわかるよ、確かに。



でもさ、一体キミは、何を流す配管なんだい?

どっち向きに流れてるの?

どういう系統の管なのさ?

太さは何mm? 保温材被ってるから、わからないんだけど。



いろいろ、情報足りないよね。
もっと語ってよ。


でも、配管は語らない。

語れない。



だからさ、せめて、最低限の情報は
書いておいて欲しいんだな。



「図面見れば、わかるっしょ」



まあね。その図面が正しければね。

そもそも、図面が残っていればね。



でもさ、得てして図面って、正しくないでしょ?

図面すら残っていないことなんて、ザラじゃない?
公共の建物だって、マトモに既存図が無いなんて
よくある話でしょ? 特に設備図って。改修されてたら特にさ。



22040601.JPG


流れの方向と、用途が書いてある。
バルブには「常時開」とか書いた札が下がっている。


せめて、最低限、これくらいは欲しい。

できれば、太さも欲しい。

バルブの用途も欲しい。
何々系統の止水弁とか、何々室用とか。

配管材の種類とか、保温材の種類と厚みとか、
設計単位摩擦抵抗とか、
系統の給水負荷単位、排水負荷単位とか、
いろんな属性がわかればわかるほど良い。



面倒くさいって?

そうだよね、実際にそれをやるとなると大変だよね。


そういうやつを全部デジタル化して、
3Dモデルに落とし込んで、
属性情報をすべて詰め込んで、
施工やメンテナンスなどに役立てようって話がある。

二次元CADが普及し始めた頃から盛んに言われているが、
施工情報のデータベース化ってそんなに進んでいるように思われない。

いつしか形式化し、
ただ作っただけで誰もチェックしない、誰も検証しない、
誰も利用しない、正確性も不明なただのデータファイルが
サーバーのどっかに半永久的に保存されるだけになってしまう。

データ形式とか汎用性とか日進月歩のデバイスとか
詰め込みたい情報が多すぎて一般化しにくいんだろう。



現地に表示するのさえ、面倒くさいんだ。

データに落とし込む作業なんて、
もっともっと大変に違いないのだ。

(実際、業務仕様書に書いてあったゆえに作成したこともあるから
 大変さは身にしみている)

そして、それらを改修のたびに正確に更新して
入力ミスを見つけたら修正して、
……人力でやるのは大変過ぎるのだ。

だから、たいていやらない。


AI搭載自動調査機か何かで、
勝手にデータベース化してもわらないと
とてもやってられない。

果たして今後どうなることか。



ひとまず今できることは、
現場である程度親切に表示を書いておくことだろう。



もしも何の予備知識も無い状態で
何らかの改修工事が必要になった場合、
図面と現地とを見て現状が正確にわかるかどうか。


そういう観点で現場の表示を行って、
工事完成図を作成してもらえると
とても助かるのだ。



でも竣工間際、てんてこ舞いの状況にあって
そんなちまちました事に打ち込めるほど
現場に余裕は無かったりする。

施主側も、そんなモノは求めちゃいなかったりする。



だから「現状よくわかんない」建物がたくさん生じるのだ。



それ故に「それを何とか解明して、改修計画を作らなくちゃ」
と、設備技術者のメシの種になる、という側面もある。



でもさ、しっかりした表示と、正確な完成図が残されていれば
後々の改修計画もちゃんとできて、

「現状不明点がたくさんあるけど、こんな感じかな。
 何とか施工してよ。頼むね」

そういう無茶な設備改修設計図が減っていくはずだから
将来の施工者にとっても決して悪い話では無いはずなのだ。


そうは言ってもねぇ、
「今」のワタシにゃ関わりのねぇこってす。


結局は、そこに行き着いたりする。
(「用途は書きたい」おわり)
posted by けろ at 18:00| Comment(2) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
けろさん、こんにちは。
「現状不明点がたくさんあるけど、こんな感じかな。
 何とか施工してよ。頼むね」
私のことだ!とドッキリしました。
無茶な設備改修設計図、書いてしまってるかもなあ。
施工業者さん、ごめんなさい。
Posted by ちまむすび at 2022年04月07日 14:42
ワタクシ自身も反省を込めて……。

「でも、不明点ばかりなんだもん。仕方ないよね」

開き直りたくなる自分も居たりします。
Posted by けろ at 2022年04月07日 15:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]