2022年02月03日

いつでもビューできるわけでもない

ビュープラザ、という道の駅 がある。



とうぜん、景色の良い、眺めの良い場所であって
「ビュー」できるからこその命名である。


22020301.JPG

(雪の無い頃の写真であるが)



が、そこは天候次第であって、
必ずしもビューできるというわけではない。


当たり前の話だ。



正面に、蝦夷富士たる羊蹄山が堂々と屹立している、はずなのだが。


22020302.JPG


うん、確かに途中までは「ビュー」できるんだが。


やっぱり、山体というものは、
頂上までくっきり見えてこその眺めであるのだ。


でも、仕方がないのだ。



まだ、低く垂れ込めた雲によって
山の存在すらわからなくなっていないだけ
マシなのだ。



残念だけれど、ね。
(「いつでもビューできるわけでもない」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]