2021年10月16日

トランスだらけの柱上

ちょっとした駅前とか表通りとか、
無電柱化が進められているところがある。


一方で、フツーの住宅地などでは
コストがかかるから地中化なんてせずに
電柱を立てまくっていたりする。



需要先がそれなりにあると、
電柱の本数も増すし、そこに乗っかるトランスも多くなる。


21101601.JPG


引き込み柱として敷地内に立てられたものだろうか。



一般の人々にとっては
電柱なんぞ景色に溶け込んでしまっていて
ほぼ意識されないものなんだろう。


けど、気になりだすと「こんなにあるんか!」と
驚かれることもあるかもしれない。



ただ、地中化にはコストがかかる。

架空配線した場合の10倍かかる、とも言われる。



かけられる費用が限られているのであれば
仕方のない面もあるのだ。



たまにトランスだらけの場所があったとしても、
おおらかに受け止める、
見なかったことにする、というのも
必要かもしれないな。
(「トランスだらけの柱上」おわり)
posted by けろ at 10:00| Comment(2) | 電気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近、EVの話題が頻繁にネットニュースとかに載る様に成って
ふと、電柱を見上げた時に
「そのうち全部の電柱にトランス載るのかなぁ」って、
ぼんやりと、想像してしまいました。

外線いじらない電気屋ですが、
高所作業車に乗ってる工事屋さんを見ると
送電屋さんは、地獄を見るのかなぁ?って、
そんな事を考える、今日この頃です。
Posted by 通りすがりのでんきや at 2021年10月17日 12:02
通りすがりのでんきやさん、いらっしゃいませ。
全部の電柱にトランス……業界人にとっては壮観かもしれません。
でもきっと、トランス載ってても載ってなくても気づかない人が大多数じゃないかと思うのです。
忙しいのは良いことなのかもしれませんが、程度にもよりますよね。
Posted by けろ at 2021年10月17日 20:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]