2021年07月27日

質感による色の違い?

公園の中に、ちょっとした建物。


21072701.JPG


木質の外装と、窓のようにも見える太陽光パネルが目立つ。


近寄ると、換気用のフードが多数見られる。


21072702.JPG



フードは指定色塗装品となっているのだけれど、
木質外装材と合わせた色ではなくて
明るめになっている。


木材と金属との質感の違いからこうなった?
と一瞬思ったけれども、そうではなさそう。


敢えて狙ってこの色にしてあることがわかる。



建具の枠とは、色を合わせてあるようだから。


21072703.JPG



軒天は白く、屋根や笠木は濃い色にしてあるから
意図された配色であることがわかる。



なぁるほど。



今どき、色見本なり色番号なりで選べるわけだから
「質感の違い」を気にしなくてもだいたい大丈夫そう。



誰がこの色を決めたのかな。


統括設計監理者?


発注者?


施工者ってことは、無いよね。


設備設計者が決めることも、基本的に無いけれど。
(「質感による色の違い?」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]