2020年11月22日

猫に受水槽

ふと、視線を感じたように思ったのよ。


ん……?



そしたら、
鎮座しておいででしたよ。


ヤツが。



20112201.JPG



眠ってるように見えたのだけれど、
カメラを向けたから寝たフリ?



しかし、そこは寝心地が良いのかどうか。


木登りか配管登りでもしないと
到達できない感じの位置だし。



彼奴にとっては、
何の用途のどんな設備だろうが、
関係ねぇ。


ただ、そこで寝そべりたかった。


それだけが理由なのだ。



と、勝手に決めつける通行人。
(「猫に受水槽」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 衛生設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]