2020年10月13日

電気ヒーターも突然錆びるわけではない

錆び錆びの「せつび」を
ときどき見かけてしまうものだ。


何となく、いたたまれない気持ちにも、なるのだ。



だってだって、
「錆び」って、ある日突然生じるわけじゃないんだ。


最初のキッカケは、突然かも知れないけれど
全面にわたって錆び錆びになってしまうまでには
かなり長い年月を経ているはずなのだ。


その間、ずっと放置されてきた、見て見ぬ振りされてきた、
そういう結果が今、見られるということなのだ。



20101301.JPG



トイレは、普通の部屋よりは湿気が多いのかも知れない。

だから、金属製品である電気ヒーターも
普通の部屋に設置してあるよりは、錆びやすい環境にあるのかもしれない。


それはそうなのだけれども。



だからって、こんなになるまで放置しておくのって、
どうなの?


ねえ!



「んじゃ、あんたがカネ出してよ。そしたら、替えるからさ」



「まだ使えてんのに、もったいないじゃん」



「錆び落としして、塗る? いくらかかってると思ってんの」



ま、毎日目にしていると、慣れちゃうんだな。

いきなりこれを見たら「錆び錆びっ」って思うけれど、
毎日ちょっとずつちょっとずつ広がっていると
全然気が付かなかったりするんだろうな。



万事、そんなもんだ。



服だって、突然ヨレヨレになるわけじゃない。



人間だって、突然老けるわけじゃない。



「せつび」も、そうなんだ。


でもさ、それでいいの?

放置しといて、いいの?



そういう、問題提起なのである。
(「電気ヒーターも突然錆びるわけではない」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]