2020年09月16日

瀬戸大橋という巨大構造物

普段建築物に関わっていると、
それはそれで十分大きなものと感じているのだけれど、
そりゃ、人間の尺度から言って大きいに決まっているのだけれど、
それでも土木構造物には全く及ばないことが多くって。



かつて、日本国が経済的にとても元気だった時代、
何でもかんでも右肩上がりで、いろんな狂騒に明け暮れていた頃、
本四架橋という巨大プロジェクトが敢行された。



その一つ、「児島・坂出ルート」のメイン構造物である、
瀬戸大橋。


20091601.JPG


四国側、坂出市側の橋のふもとには
瀬戸大橋記念公園が設けられている。


瀬戸大橋を、眼前に見ることができるスポットである。



20091602.JPG



コスモ石油や、坂出LNGのタンクも多数見える場所。


20091603.JPG



常に海風にに晒され続けている鋼製構造物ゆえ
メンテナンスも常に行われているのだろうか。



この日も、足場がかかっていた。

えらく高所での作業になろう。



手前に公園、向こうに工業地帯、という配置である。


20091604.JPG



鉄骨の1つ1つが、やたらとでかい。

長大橋という観点からすると、普通なのかもしれないけれど
普段建築の鉄骨しか目にしない者にとっては、
このトラスは超スケールである。


20091605.JPG


よく見ると、鉄道が走行中であるのに気づくだろう。


下に鉄道、上に高速道路、という2階建て構造なのである。



あの足場、最初に組む人の怖さと言ったら……。

って、プロなんだから慣れっこなのかな?


20091606.JPG


って、慣れることなど、できるのかな。

道路面の最高地点では、海面から100m弱の高さになるそうだけれど。

大型タンカーや大型客船が下部を通過できるように、
橋は高く高く造る必要があったのだ。



公園敷地は、このような配置である。


20091607.JPG


広々とした3ヶ所の駐車場のほか、記念館、タワー、回廊、広場、遊具などが
配置されている。



北東角の「架橋機器展示広場」には、工事に使われた様々な機器類が
残されている。


20091608.JPG


右側のは、海上で施工範囲を示すブイである。



その他、古ぼけた解説板とともに、実物展示が結構ある。


20091609.JPG



建築の仮設計画図は、
ここまでの広範囲にはならない。


20091610.JPG


写真は、だいぶ傷んできていた。



20091611.JPG


何だったっけ、これ?



瀬戸内海を背景にステージが設けられた、
マリンドーム。


20091612.JPG


すごい舞台だ!



この瀬戸大橋、列車で渡るとこんな感じである。


20091613.JPG


ブレブレでごめんなさい。



航空機を利用すると、航路によっては上空から全体を見ることもできる。


20091614.JPG


ルートの真ん中にある『与島』には、
パーキングエリアが設けられている。



この高度からでは、ほとんどの建築設備は
その存在を認めることが難しい。


某ゼネコンが、
「地図に残る仕事」 というキャッチフレーズを使用しているが、
こうして上空から見ると実感する。



「建築設備」は、地図どころか、そもそも表に見えてこない。
人々の視線からは隠された存在なのだ。
だから、誰の心にも残らない、そんな仕事。


でもね、でもね、
そこままた、イイんだよねぇ。

そこが、「せつび」の醍醐味ってもんだ。


そう、思わないかな?
(「瀬戸大橋という巨大構造物」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]