2019年11月07日

中部国際空港第2ターミナルに行くには外が近い

中部国際空港の第2ターミナル。

第1ターミナルから、結構離れている。


確かに、関空や成田に比べると近いのだけれど、
ターミナル間の連絡バスが無いので、自力で移動するしか無い
という意味で、遠い。



第2ターミナルから、左隣りの FLIGHT OF DREAMS の建物を経て


19110701.JPG


いくつかの駐車場を結ぶ連絡通路を進み


19110702.JPG


延々と進み(ただし、ここには動く歩道がある)


19110703.JPG


ホテルの向こう側にある、アクセスプラザを経て、


19110704.JPG


ようやく第1ターミナルへ行くことが出来る。


19110705.JPG


正面、管制塔の下に見えるのが
第1ターミナルだ。



さて、上の写真を見ると
お気づきかもしれない。



延々と連絡通路を通っていくよりも
地上を歩いていった方が近いのではないか?



そうなのだ。

その通りなのだ。



じつは、第2ターミナルの案内板には
それが図示されている。


19110706.JPG


だが、この図があるのみで
他の案内板は第1ターミナルへの通路として
高架の連絡通路方向しか指していない。

だから、よくわからずに遠回りの通路を歩く羽目になる。

一昨日、昨日の記事でおわかりの通り、
第2ターミナルは航空機を降りてから到着口までの距離が
やたらめったら長い。

そして、ようやく第2ターミナルから出たと思ったら
乗り継ぐ場合は第1ターミナルまで
鉄道に乗る場合にはアクセスプラザまで
かなりの距離があるのである。


良い運動になるのだ!



しかしそうは言っても、わざわざ遠回りをするのも癪である。

第1ターミナル側から、地上を通ってみようか!



19110707.JPG

第1ターミナル1階を出ると、

T2↑

という看板が左手に小さく見える。

ターミナル内には、わかりやすい表示が無かったけれど。



ここを前方に向かって進む。


19110708.JPG


舗装された通路がある。


19110709.JPG


まあまあ距離はあるが、回り道の連絡通路よりはだいぶ近く感じる。



ちょっと途中で振り返ってみる。

19110710.JPG

前方に第1ターミナルが見える。



歩道の両側は、公園のように整備されていて
不思議なイラストと、
名前がたくさん書かれている。


19110711.JPG


寄付か何かした人?

造成に携わった人?


19110712.JPG



ここの水呑場、
さて一体どこから来る水でしょうか?


19110713.JPG


供給源を出てから、ここに到達するまでに
塩素消毒が抜けきってしまっていないとよいのだけれど。



続きを、歩く。


19110714.JPG


だいぶ近づいてきた。



19110715.JPG


歩道はこの駐車場を迂回している。


タクシー乗り場を経て、
第2ターミナル入り口へ!


19110716.JPG


上にかかっているのは、
第2ターミナルから FLIGHT OF DREAMS につながる通路である。



前方奥の高架通路を延々と歩くよりは
だいぶ近いのだと、感じていただけたであろうか?



灼熱の炎天下や雨模様の時には
地上を歩くのは大変かもしれないけれど
そうでもなければ、
この外の歩道を通って行くことをおすすめします!
(「中部国際空港第2ターミナルに行くには外が近い」おわり)
【関連する記事】
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]