2019年10月03日

北海道博物館の常設展示2

かはく」などと比べてしまうと
規模も収蔵品の貴重さも展示品の充実度も
見劣りする感じがしてしまうかもしれないけれど。

それでも、北海道博物館は面白い、と思う。


北海道を語る時に、
アイヌ文化に触れないわけにはいかない。


19100301.JPG


「アイヌ文化」とは何ぞや、という命題もあるそうだが
まずはそこから説明されている。



実利、という面において、
本州各地の「和人」とアイヌ人とは
盛んに交易し付き合っていた。


19100302.JPG



数々の交易品(の模型やサンプル)があって
わかりやすい。



壁に貼ってあるのは、黒いのがクマで
茶色いのはトドである。


19100303.JPG


トドって、こんなにデカイんだ!



鮭、鮭、鮭。


19100304.JPG


どこかの湾を攻撃する合図ではない。



北方に近い北海道は
位置的に影響を受けやすかったのであろう。


19100305.JPG



言語に関する説明も。


19100306.JPG


「ゴールデンカムイ」を通じて
興味を持った方も多いかもしれない。


19100307.JPG


いろんな説明方法があるものだと
感心してしまう。



アイヌ語起源の地名は、
北海道のみならず、東北各地にも見られる。



19100308.JPG


住宅の模型も。

吊るしてあるのは、水袋?
シカの膀胱を使ったそうだ。


19100309.JPG



ニシン漁の道具。


19100310.JPG


この辺になると、「和人」の歴史である。



ストーブがついている客車とか。

19100311.JPG



まあこの辺になると
全国共通かな。


19100312.JPG


文字通りの「原動機付自転車」だ。



19100313.JPG


家電とか。



北海道の道路(高速道路を含む)でよく見られる
「動物注意」の標識。


19100314.JPG


キツネ版と、シカ版とを見かけたなぁ。



どこかの地を訪れた時、
そこにある「博物館」「資料館」などを探してみることを
おすすめする。

ほんの数百円で、
ほんとうにいろいろなことがわかる。

天候にも左右されにくいし、ね。



赤井川のように、
年に数日しか開かないところが見られたら
万々歳だ。




命みじかし、旅せよニンゲン
(「北海道博物館の常設展示2」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]