2019年09月06日

倶多楽湖は見るからにカルデラ湖だ

支笏洞爺国立公園内にある、倶多楽湖。

「くったらこ」と読む。

19090601.JPG


日本で一番丸い湖」だというくらいの、
もう、見るからに「カルデラ湖」ってやつだ。

19090602.JPG



湖岸に降りれば、
まんまるの湖の全貌が見渡せ……

19090603.JPG

なかった。



あいにくの曇り空。

っていうよりも、霧がかかる寸前って感じ。



湖面と空との境界が不明瞭だ。



説明看板には、
「注ぎこむ川や流れだす川はありません。」
と堂々と書かれていたのだが。



発見!



19090604.JPG



しっかりと「注ぎこんで」いる。

でもまあこれは、「川」とは呼んでもらえないかな。



湖岸に、建物。

19090605.JPG



白鳥ボートやら、
釣り船やら、
出せるようだ。



閉まってたけど。



年間、どのくらい「営業」できてるんだろう。



「見るからに」の倶多楽湖は
全貌は見られなかったのだけれど
機会があれば見ることもできよう。



摩周湖は、晴れてるのを見たんだけれどね。
(「倶多楽湖は見るからにカルデラ湖だ」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]