2019年05月15日

錆びてる金物とボルトナット

壁掛け設置のエアコン室外機。


架台もボルトナットもステンレス製なのだけれども
本体の接続金物がそうじゃないから
金物部分だけ錆びてしまっている。



sbtrkditbltntt1.JPG



本体は、カバーを掛けて
ちゃんと冬季養生してあるのだけれど
底の部分はどうしても手薄になってしまうから
難しいね。

せめて、何らかの絶縁措置を施しておけば
良かったのかもしれない。



屋上の、配管架台。

sbtrkditbltntt2.JPG



金物はステンレス製なのだけれども
ボルトナットが鉄製だったようだ。

完全に錆びきっている。



sbtrkditbltntt3.JPG

ビスも、ステンレス製なのに。



なんで、鉄製のボルトナットを使っちゃったかなぁ。



錆びてくるまで、
気づかなかったりするんだろうなぁ。



このボルト、
あとどのくらいもつだろう。



ポキっと逝っちゃう前に
取り替えたいものだね。

ステンレス製のモノに、ね。
(「錆びてる金物とボルトナット」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]