2019年05月09日

官製の『働き方改革』よりも意識改革だな

去る4月1日から、
年次有給休暇を最低5日間
消化することが義務化された。

官製の『働き方改革』が、
進行中だ。


ドイツなどと比べて、
日本の有給休暇日数は大変少ないという。

少ない上に、取得率が低いという。



「長時間労働がない」ドイツと日本の致命的な差



それだけ働く時間が短いのに、
国として経済が回っているだけではなく
名目GDPが世界4位(2017年度)だというのだから
すごいもんである。



たかだか10日間の休日を持て余す日本人は
どうやって過ごせばよいのだろうか?



「法律」も大切なのであるが
働く人間自身の意識も大きいのであろう。



なんせ、生産性がものすごく低いわけなのだから。



で、自分の労働時間集計を見てみたら……。



2018年は、2090時間であった。
(一応、集計しとるんよ)

おぉ、メキシコ並みだ。



今年1〜4月の集計を見てみると……。

ありゃりゃ、700時間だ。
去年と同じペースじゃないか。



こりゃ、何とかせんといけん。



『働き方改革』は、被雇用者向けだからさ、
自営業者には関係ないのよ。
(アタリマエだ)



自分自身の意識改革こそ、大切だっ!


で、その上で、
ちゃんと食えなきゃならないんだからさ。

しっかりやらなくちゃ。
(「官製の『働き方改革』よりも意識改革だな」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨年末からこちら、まー、仕事以外でいろいろありまして、長く(?)生きてると
こんな時期もあるのだなと思いました。そろそろ落ち着きつつある中、10連休
は全部休ませてもらいました。(実際休めたかは別として)

「働き方改革より意識改革」って、ほんとそう思います。‘遅くまで仕事’‘休
みも仕事’が、自分自身はそう思わなかったとしても‘良’の時代を長く生きて
来たんですから。

‘生産性を落とさず’に、‘時短’して、休まなくちゃ。
でも、それするには、努力して、模索して、新しいことを発見しなきゃ。
ホント今まで以上に、「しっかりやらなくちゃ」

改革して、北海道へ飛んで、巨大アンモナイトをナデナデするか・・・な。

Posted by punpun at 2019年05月09日 18:31
「いろいろ」ありましたか。お疲れさまです。

「新しいこと」……ワタクシも、発見しなきゃと思います。
ガンバリマス。
Posted by けろ at 2019年05月10日 21:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]