2019年03月02日

外壁面にびっしりと

外を歩いていると、
いろんな光景が見られる。

季節の移ろいや、ふと現れる野生生物のほかに
建物の表情も気になるものだ。


道行く歩行者や、通りがかりの自動車なんかは
たとい気になっても撮影が躊躇われるが
建物であれば、
人通りが途切れている瞬間であれば
ぜひとも撮っておきたい、と思う。



さて。

なかなか、賑やかな壁面に出逢った。


gihkmnnbsshrt.JPG


表通りに面した正面側ではなくて
脇の細い道路に面した側面だから
外観なぞ誰も気にしない事であろう。



このあたりの室外機群やダクトは
後付なんだろうな。


冷媒管だけじゃなくて、
排水管もガス管・ガスメーターも給湯器も、
遠慮なく露出で取り付けられている。



あのダクトを出している部分、
排煙窓の面積は大丈夫だろうか?



新築時は法規チェックを行って
採光、換気、排煙の開口面積をしっかり当たるのだけれど
改修時、特に設備だけの改修になってしまうと
誰もそのあたりをチェックする機会が無かったりする。

ある程度古い年代になると、
「法規チェック図」もロクに残っていなかったりする。

どの壁を防火区画として計画していたか、
もう全くわかならくなっていたりする。



だからこそ、建築基準法第12条において「定期報告制度」が規定されているのだが、
既存建物の法規チェックを漏れなく行うのはとても大変なのだ。



まあそれはともかく。



設備屋としては、
ガラスカーテンウォールのファザードなんかよりも
よほど眼福な外壁面なのであった。



でも、あんまりジロジロ見るのはやめておこう。

不審者にしか見えまい。



不審でない程度に、
街の景色を撮るついでのようにこういう外壁面も撮っておいて、
あとで観察・考察すれば良い。


「いやぁ、設備って本当にいいもんですね〜」
(「外壁面にびっしりと」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(2) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
   水野晴郎ですね!







    さよなら、さよなら、  サヨナラ!
Posted by 勇者雷電 at 2019年03月14日 12:38
それではまた次回をお楽しみに。
Posted by けろ at 2019年03月14日 20:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]