2018年12月04日

小樽忍路トンネルの周囲

後志自動車道にある、小樽忍路トンネル。

「忍路」は「おしょろ」と読む。



otroshrtnnl1.JPG

数kmに及びトンネルが増えているので
あまり長くないように感じるが、
実際に車で走行したら、あっという間であろうが、
掘るとなったらやっぱり大変なんだと思う。



反対側まで歩いても、すぐなんだけれど。

otroshrtnnl2.JPG

楕円断面なんだね。



現場にあったトラック、
なぜか新潟のレンタカーナンバー。

otroshrtnnl3.JPG



そんな遠くから運んでこなくちゃならないほど
車両が不足しているの?

それとも、資材ごとフェリーで運んだの?

わからんけど。



トンネルって、
スゴいだね。

関わった責任者の名前まで貼り付けてある。

otroshrtnnl4.JPG

「地図に残る仕事」だから、
当然なのかな。



抗口付近には、
電気室も建ててある。

otroshrtnnl5.JPG



人間ではなくて機械のためのハコだけど

高速道路脇にあって違和感がないように
デザインもそれなりに考えられているのだろう。

otroshrtnnl6.JPG

機能が優先ではあるだろうけど。



トンネル内部には、多数のケーブルが納まっているのだ。

otroshrtnnl7.JPG

トンネル両側の「歩道」的な(実際に歩行者の通行は認められないが)部分に
たくさんの電線管が埋まっていて、
躯体で構築されたハンドホールがところどころに設けられているようだ。



と、路肩と中央の路面に凹んだ部分が続いている。

otroshrtnnl8.JPG

居眠りなどで車線を外れてしまったとき
ゴトゴトと走行音が鳴って気付くように……なのだそうだ。

コンクリートを打つ際に
何か出っ張るものを埋めておくのが普通らしいのだが
積雪寒冷地でそれをやると
除雪作業で取れてしまうから
逆に削ってやるらしい。

otroshrtnnl9.JPG

手間もコストも、
かなりかかるようだが。



うん、トンネルもいいね!
(「小樽忍路トンネルの周囲」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(2) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
けろさん、お久しぶりです。
夏からこちら怒濤のようでしたが、やれやれとほっとしたとたん、
風邪ひきました。何年ぶりでしょう。○○は風邪ひかないっつって、
風邪ひかないのが自慢だったのにー。

居眠り防止のために削られた道路。イイですよねぇ、除雪作業に
影響ないための工夫。もしかしたら私がガタガタ言わせたうちの
どこかは、出っ張りではなく、凹みだったのかもしれませんね。
そこまで意識は行かなかったなぁ。


わたしは「書いたモチ」をほんとのモチにしてくれた多くの人たち
に感謝している日々です。(風邪なのでちょっと殊勝 笑)

Posted by punpun at 2018年12月06日 16:51
異常なほど暖かな秋でしたが
いきなり冬と化し、急に寒くなってきました。
どうぞ、お大事に。

ワタクシは、描くだけしか出来ない者ですが、
「描いたモチ」を「食えるモチ」にして下さる多くの方々によって、
この社会が成り立っていることに感謝しています。

だから、造っている最中や出来上がったモノを見るのが大好きで
機会があればあちこち足を運んでいます。
Posted by けろ at 2018年12月08日 01:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]