2018年09月14日

風害も忘れるわけにはいかない

北海道胆振東部地震は
最大震度7を記録する大地震だったのであるが
実はその前日には台風21号が猛スピードで通過し
結構な風害が生じていたのである。


その後の震災のインパクトが大きいゆえ、
風害については報道にはあまり乗らない。



震源近くや液状化被害地区以外では
震災被害はよく見ないとわからない。
むしろ風害の跡が目につくのである。



typh21gunyrfugi1.JPG

公園の樹木が根こそぎ倒れてしまっている。

typh21gunyrfugi2.JPG

深夜に台風が通過して、地震は翌日の深夜であったから
丸一日の間にしっかりと対処してあったのである。

typh21gunyrfugi3.JPG



道路沿いの街路樹も、
倒れたり傾いたりしているものが目立った。

typh21gunyrfugi7.JPG


交通障害を除くべく
抜き去られたり切断されたり搬出されたりしている。


typh21gunyrfugi6.JPG


typh21gunyrfugi8.JPG


typh21gunyrfugi9.JPG


typh21gunyrfugi10.JPG


強風に吹き寄せられた葉や小枝が
歩道を覆っていた。

typh21gunyrfugi11.JPG



街路樹を抜き去った脇に
電線が垂れ下がっている。

typh21gunyrfugi4.JPG

強風で電話線がちぎれてしまったもののようだ。

typh21gunyrfugi5.JPG



空き家では、
中身がなくて軽い物置が
強風に煽られて転がっていた。

typh21gunyrfugi12.JPG



家々の屋根では
アンテナが傾いてしまっているところも
散見された。

typh21gunyrfugi13.JPG


typh21gunyrfugi14.JPG


非常に強い勢力でありつつも
ものすごいスピードで通り過ぎて行ったため
この程度で済んだ、とも言えよう。

もう少し進みが遅くて強風となる時間が長かったら
更に被害が拡大したであろう。

もしくは、
進みが遅ければ、徐々に勢力が弱まったか?
しかしその場合は他の地域で風害が増したことだろう。



台風 → 地震 とう順序であり
丸一日間隔が空いていたのは
不幸中の幸いと言えるかも知れない。

もし、地震 → 台風 という順番であれば
倒木処理は遅々として進まなかったことであろう。



気圧がかなり低い台風が地盤面を吸い上げたことも
地震のきっかけになったのでは、という説もあると言う。
そのあたりは今後誰かが検証するのであろう。



風害には、
どう備えるか?



庭木を、冬囲いのように養生している家庭もあった。

看板類は早めに片付けることができよう。

耐震策と同様に、
固定、緊結をすることも有効であろう。

そして、風の強い最中には外を出歩かないことも必要であろう。
(近畿では、不幸にも飛んできたモノがぶつかって亡くなった方も
 おられたらしい)



風による力は、
複雑で、変動が大きく、
予測が難しい。

地震の予測も難しいが、
風は更に難しそうだ。

だから、被害があるたびに
その要因を推測して
対策するしかない。



特定方向からの風圧力だけではなく、
吹き下ろし、吹き上げの力が働くことも
考慮する必要がある。



これも、備忘録。
(「風害も忘れるわけにはいかない」おわり)
posted by けろ at 08:00| Comment(2) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当にすごかったんですね。
小生は、6日にセミナーの講師があり、5日の夕方に千歳着。札幌までの電車が動かず、動くまで改札で立ちんぼ。ホテル着は10時頃でした。
6日は地震で夜中に起こされ、セミナー会場は避難所になったので、自動的にセミナーは中止。
日中は、避難所で脱出経路を探して過ごし、ホテルは連泊。(全室予約されていたそうであるが、お客が来ない)
7日は朝6位半にタクシーで千歳空港へ。行列で待つこと6時間以上。
1時半に名古屋中部空港便を入手。新幹線で帰京しました。

ダブルパンチでした。
Posted by マサカのおじさん at 2018年09月14日 10:02
台風通過の直後、地震の直前に札幌にいらっしゃって
地震とブラックアウトを経験なさったのですね。
さぞお疲れになったことと思います。

国内どこでも、油断できないなと改めて思いました。
Posted by けろ at 2018年09月14日 13:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]