2018年04月22日

北海道大学総合博物館は面白いぞ

北海道大学総合博物館を訪れる機会があった。

hkkidudigksuguhkbtskn1.JPG

十分な時間があったわけではなかったが、
なかなか、いや、すごく、面白かった。

また機会があれば、
もっとじっくり観たいものである。


展示詳細は、実際に観ていただくしかないのだが
ほんの一部くらいはご紹介しておきたい。



北大紹介のコーナーから、順路が始まる。



北海道大学は、「札幌農学校」が前身である。
そして札幌農学校と言えば、William.S.Clark 氏である。

羊ヶ丘展望台で、遠くを指差して立っている、彼である。
(北大構内にあるのは、胸像である)

hkkidudigksuguhkbtskn2.JPG

開拓使長官の黒田清隆と共に、描かれている。



国際連盟事務次長となった新渡戸稲造のコーナーもある。

hkkidudigksuguhkbtskn3.JPG


ノーベル化学賞を受賞した鈴木章氏のコーナーも。

研究内容と授賞関連の記念品などが充実している。

hkkidudigksuguhkbtskn4.JPG


このノーベル賞メダルチョコレートは、
まだ食べられるのだろうか?

hkkidudigksuguhkbtskn5.JPG



いろいろな展示があるのだが、
ちょっと目立たない珍しいと感じたものを少し……。

hkkidudigksuguhkbtskn6.JPG

重力基準点「札幌GS」



廊下に、何やら文字が。
そしてそれは階段の壁に続き……

追っていくと、どうやら歌詞を遡っていたようである。

hkkidudigksuguhkbtskn7.JPG

北大の恵迪(けいてき)寮歌「都ぞ弥生」



「北大のいま」と題して、
12学部や各研究所に関する展示がある。


hkkidudigksuguhkbtskn8.JPG

獣医学部は、骨、ホネ、ほね。



理学部は、地層だったり、

hkkidudigksuguhkbtskn9.JPG


マンモスだったり。

hkkidudigksuguhkbtskn10.JPG



工学部は、ロケットだったり。

hkkidudigksuguhkbtskn11.JPG

植松さんとの共同開発。



所蔵標本の一部も
所狭しと展示されている。

hkkidudigksuguhkbtskn12.JPG

まるで、宝石店。



化石、とか。

hkkidudigksuguhkbtskn13.JPG


hkkidudigksuguhkbtskn14.JPG

アンモナイトやイノセラムスに関しては、
三笠穂別の展示のほうが充実できるに決まっているが。



興味深かったのは、
昔の研究者たちが持ち帰ってきた標本を包んでいた新聞紙の
コレクション。

hkkidudigksuguhkbtskn15.JPG

大本営発表をこのように報道していたのか……と
様子がよく分かる。

ネットもテレビも無い時代。
新聞とラジオだけが情報源。

そんな時代を思う。



この新聞の左下にある広告に、目が留まった。

hkkidudigksuguhkbtskn16.JPG

「可鍛鋳鉄」と書いて「マリエーブル」と読ませるんだ!

今でも「マレブル」とか「マレアブル」と称したバルブなどが使用されている。



こんな歴史的製品も……。

hkkidudigksuguhkbtskn17.JPG

3.5インチフロッピーディスクのワードプロセッサや
マッキントッシュのパーソナルコンピューター。



時代は進んでいるのだ。
(「北海道大学総合博物館は面白いぞ」おわり)
posted by けろ at 09:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]