2018年01月14日

配管を撤去する・つなげる

改修工事には、撤去がつきものだ。

ピット内配管の撤去材。

tkkysrtngr1.JPG

表面が黒いのは、「ジュート巻き」仕上げのため。
「防水麻布」に「タール塗り」のような感じのものである。

かつては、これが標準仕様であった。

今は、手間がかからず性能の高いいろんな材料が出ているから
新設で使われることは無いであろう。



ルーフドレン配管の盛替えがあるから、
保温材を剥がして、配管も撤去……

tkkysrtngr2.JPG

しようとしたら、
別作業をしていた建設機械をぶつけて
継手部分で折れてしまった。

折しも、外は雨。


ルーフドレン配管から遠慮会釈無く溢れ出る雨水。

たちまち床は水浸し。


建設機械を入れるくらいだから、
床も含めて内装は全部やり替え。

そんな現場だから、「あ〜あ、折っちゃった」で済むのだが。



既設の配管に、改修に伴い新設する配管をつなぐ。

tkkysrtngr3.JPG

管材も、継手も、
新旧入り乱れる。

そんな様子も、
改修工事途中の見どころだったりする。
(「配管を撤去する・つなげる」おわり)
posted by けろ at 09:00| Comment(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]