2017年12月22日

しばれる現場

「寒い」という形容詞がある。

しかし、気温がとても低くなると、
この形容詞では表現しきれない感覚となる。

そういう時に「しばれる」という形容詞を使用する。


よく冷え込んだ、ある日。

足場の下は
こんな状態であった。


sbrrgnbnprprnkor1.JPG


これは、割れガラスではないのだ。
氷が、ガラスの欠片のように見えるのである。


sbrrgnbnprprnkor2.JPG


こういう中でも、
現場は進行する。


作業に当たる方々の防寒対策たるや
相当厳重である。


実際、命に関わる。


筋肉も固くなると
咄嗟の対処も遅れがちになる。



猛暑の最中に熱中症対策が必須であるように、
極寒の現場では風邪、凍傷対策が欠かせない。


そもそも雪が降った日には
「除雪」から取り掛からなければ
現場作業を始めることすらできない。


しばれる現場は、
大変なのである。
(「しばれる現場」おわり)
posted by けろ at 09:00| Comment(0) | 建築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]