2017年12月15日

稚内港北防波堤ドーム

稚内港の端には
北防波堤ドーム」がある。

wkknikuktbuhtidm1.JPG

港沿いの道の端に伸びているのだ。

大卒3年目の技師に設計させて、造る……。
上司や関係者ではなく、
本人名義で「設計者」として記録される。

現代ではなかなか、そういう機会が与えられることも無かろう。


wkknikuktbuhtidm2.JPG

山側を見れば、
稚内公園の開基百年記念塔が見える。


wkknikuktbuhtidm3.JPG


1980年に大改修をしているので「当時のまま」ということはないが
その景観が復原(復元、ではない)されている。

wkknikuktbuhtidm4.JPG

見た目キレイな部分は、
手を入れたところなのだろう。

wkknikuktbuhtidm5.JPG

ところどころ、
傷みが目に留まる部分も
無いではない。

wkknikuktbuhtidm6.JPG


土木遺産に選奨されている。

wkknikuktbuhtidm7.JPG

鉄筋が露出して、
錆びている部分も。

wkknikuktbuhtidm8.JPG


80年以上を経過して、
今にその勇姿を残す構造物。

wkknikuktbuhtidm9.JPG

自然もよし、
人工物もよし、

世界中あらゆるところ、
見どころで満ちている。
(「稚内港北防波堤ドーム」おわり)
posted by けろ at 09:00| Comment(6) | 土木工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
有名な防波堤のようですが、はじめて知りました。ホント、「あらゆるところ、見どころで満ちて」ますねぇ。知らないことだらけの自分がもどかしい。
それにしても、美しい。一瞬どこの宮殿かと思いました。建設時期を見てまたびっくり。
ただの普通の防波堤でも、良かったはずなのに、これになった。たくさんの物語があるんでしょうねぇ。
わっかない、遠いよー(涙)
Posted by punpun at 2017年12月18日 19:42
何百年生きても、見どころたくさん。
人生、飽きはしません。きっと。

この形になったのは、
ひとえに冬の強風と荒れ狂う宗谷海峡と猛吹雪なんじゃないかと
勝手に思っております。

羽田→稚内、2時間かかりません。
東京から米原までひかり号で行くより早く行けます。
(自動車だと……稚内→音威子府で2時間超えますが)
上空からだと、氷河地形が面白くておすすめです。

『北海道海岸沿い岬めぐり10日間コース』は、魅力的ですけど時間と資金と体力が厳しいです。
Posted by けろ at 2017年12月18日 22:51
羽田から稚内まで、2時間かからないんですね。
またまた驚きました。「すぐ行けるじゃん」ていう、そんな発見も楽しいですな。

岬めぐり10日間コース?
しばしの間、想像の世界から帰って来られませんでした。(笑)
Posted by punpun at 2017年12月19日 18:59
「すぐ行ける」ので、是非!
目的地に合わせてうまく空港を選ぶと、意外とすぐです。
(検索→実はこんなにあります!北海道の空港とじょうずな使い方♪)(コメント欄にはURL貼れないんです。すみません)
陸路だと、信じられないくらい時間を要しますけど。
(たまに札幌→稚内を4時間以内でぶっ飛ばす人物も居ます。決しておすすめできせん)
Posted by けろ at 2017年12月20日 14:43
今年の7月初めに「利尻・礼文フラワーウォーキング」というツァーで行った折に見ました。
(氷雪の門にも行きました)
圧倒される存在感でした。
Posted by マサカのおじさん at 2017年12月23日 22:27
「圧倒される存在感」という表現が、
ピッタリだと思います。

7月初めでしたら、
利尻・礼文の一番良い時期ですね!
Posted by けろ at 2017年12月24日 21:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]