2017年09月13日

国が違うと設備も違う

ミシガン州某所での宿泊先。



室内の冷暖房は、
エアコンである。

mihmptnrmstaton1.JPG


窓下に設置されているが……。


mihmptnrmstaton2.JPG


壁面との取り合い部分が、
何か雑っぽいけど。

そんなにキレイに仕上げたって
誰も見やしないし。
ってことかな。

高級ホテルじゃないしね。




フィルターは、
しっかり掃除されているみたい。

だから、問題ないでしょう。


mihmptnrmstaton3.JPG




外装は、こんな風になっている。


mihmptnrmstaton4.JPG


そう。

要するに「ウインドエアコン」的な感じなのである。
室内機・室外機一体のエアコンで、
窓下にあるのが
室外機と外気との熱交換用ガラリなのである。




コントロール部分は、
本体と別になっている。


mihmptnrmstaton5.JPG


壁についてるから、
そっちでやってね、
というわけだ。


mihmptnrmstaton6.JPG




「Honeywell」の文字は、
何となく見慣れた感じがある。

1998年にグループ会社を再編・商号変更するまでは、
ビル計装と言えば
「山武ハネウエル」だったから。
(ジョンソンさん、シーメンスさん他、ごめんなさい)


でも、2002年にHoneywell社と資本関係を解消し、
2012年にアズビル株式会社と商号変更してからは
新築では見なくなった。

けれども、既存建物だと、
まだまだ良く見かける。


75°とは何ぞや?

と思いきや、華氏表示なのである。かの地は。

摂氏表示なら、約24℃のようだ。


テレビで天気予報を見ても、88°とか86°とか書かれていて
わけがわからんかった。




天井面には、
火報らしきものと、スプリンクラヘッドらしきもの。


mihmptnrmstaton7.JPG


ヘッドを拡大してみる。


mihmptnrmstaton8.JPG


日本だと、一昔前の形状である。




電源は120Vであるから、
コンセント形状は同じ。


mihmptnrmstaton9.JPG


日本で使っているトランス付のACアダプターなら
たいてい使える。

INPUT:100V-240V AC

と書いてあるはずだ。

220V、240Vの国でも問題ない。


そもそも、持参しているノートパソコンはDELL製だし。


ネジ1本で留めるタイプのプレートだった。




改装の名残か、ブランクプレートがついていたが、
こちらはネジ2本。


mihmptnrmstaton10.JPG


日本人の感覚だと「何で揃えないの?」となるところだろうが。
プレートが割れたままにもしておかないだろうし。




ベッドサイドには、チャージポイントも。


mihmptnrmstaton11.JPG


ホコリが付きまくっているのが、
他部分の掃除が行き届いていただけに
少々目立った。




照明器具。


mihmptnrmstaton12.JPG




ランプ。


mihmptnrmstaton13.JPG


MADE IN CHINA である。




いやあ、なんか、無性に楽しいのだが。


これだけのために訪れても良いかも、と
思うくらい。


訪問初日は、
興奮して撮りまくってしまったのである。

いやはや。
(「国が違うと設備も違う」おわり)
posted by けろ at 09:00| Comment(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]