2017年05月26日

セラミックの表情

以前ご紹介した、
セラミックアートセンター



ebtcrmcartctr1.JPG




内部の展示を通じて、
いろいろなセラミックの表情を見ることができる。


ebtcrmcartctr2.JPG




古い建物から、壁面を剥ぎ取ってきたものも
展示されている。


ebtcrmcartctr3.JPG



近代化産業遺産に指定されている。


ebtcrmcartctr4.JPG




外壁・内壁とも、
れんが仕上げが基調である。


ebtcrmcartctr5.JPG


こんな斜めの面に、
ファンコイルユニット(か、ファンコンベクターか)。

本体まで斜めについているのか、
本体はまっすぐなのか。

知る由もない。




トップライト。


ebtcrmcartctr6.JPG


ガラスも、
一種のセラミックである。

二酸化ケイ素のアモルファス。




窓まわりの納まり。


ebtcrmcartctr7.JPG




間接照明にも、
映えるような気がする。


ebtcrmcartctr8.JPG




耐震性の難もあるため、
構造材というよりは仕上材という位置づけになっているようではあるが、
なかなか趣のある建材である。


「せつび」は、ボード面に取り付くか、
露出で設けられるか。

れんが面を切り欠いて取り付けるのは
納まりが悪そうだ。


れんがの表情を活かすためにも、
「せつび」の配置には気を遣いたいものである。
(「セラミックの表情」おわり)
posted by けろ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック