2017年05月07日

大きな鰊番屋

明治〜大正期に栄えた、
鰊番屋。



解体修復され、現代に保存されています。

nsnbnyfkgn1.JPG



入口脇にある像。


nsnbnyfkgn2.JPG


遠目には、二宮金次郎かと思いましたよ。

『もっこ』を背負った人物像でありました。


『もっこ』とは、これ。

nsnbnyfkgn8.JPG



港につけた船に満載された鰊を
これに入れて背負い、
陸に運ぶためのもの。




屋根の上には、洋風の装飾が取り付けられています。


nsnbnyfkgn4.JPG


nsnbnyfkgn5.JPG


これは装飾なのですが、
先が尖っていて落雷の恐れもあるわけで。


それで、別途コンクリート柱に取り付けた避雷針が2本
建てられています。


nsnbnyfkgn3.JPG


屋外消火栓もありますね。




それとは別に、放水銃の設備もあります。


nsnbnyfkgn6.JPG




玄関付近。


nsnbnyfkgn7.JPG


3月から始まる漁期。
この造りでは、
かなり寒かったんじゃないだろうかと思います。


ほんとうに、
昔の人達は大変だったことと思います。

現代は、ありがたい時代なんだと思います。
(「大きな鰊番屋」おわり)
posted by けろ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449647168
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック