2017年04月12日

設備工事もチェックしてみませんか

空調機(エアハンドリングユニット)の冷温水コイルに
配管をつないだところです。



kucukcilnhiknwstzkstir.JPG

往管と還管、
ねじ接合とフランジ接合、
防振継手、
支持のとり方、
錆止めの塗装状況、
圧力計や温度計の設置、
などなど、
適切に施工されていることを目視確認してから、
圧力試験によって漏れが無いことを確かめます。

その後、保温工事に移ります。




設備の監理を外注に出す費用は無いけど、
設備業者さんに完全お任せ盲判っていうのも
何だか格好付かないし。

そんな方がおられるかも知れません。


普段、意匠設計だけに携わっている方々でも、
設備工事の流れを追うように見ていくと、
それなりにチェック出来ることと思います。

建築工事には凄くたくさんの工種があるのに、
それぞれについて確認・チェックできてるんです。

設備や電気の分が少々増えたって、
ちゃんと意識さえ向けてやれば
十分監理できると思いますよ。


1回くらい監理を外注に出してみて、
一緒について回って逐一解説してもらえば、
次の物件では自分だけで結構見られるんじゃないでしょうか。

「設備業者さんお任せ」で建てられた建物の中には、
残念な事になっているモノもあります。

そうならないように、ちょっとだけでも
視界を広げてみて下さいませ。

きっと、仕事の幅も広がっていくはずです。



もちろん、ちゃんと外注して、
『餅は餅屋』で観ることをお薦めしますけれど。
でもそれが叶わない時には、
せめてご自分で観てみましょうよ。

そういうご提案です。
(「設備工事もチェックしてみませんか」おわり)
posted by けろ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック