2017年04月11日

ノーメンテのファンは

コンクリートダクトの上部。
設備設置スペースとしては非常に条件の悪い所に、
斜流ファンがついていました。



取り付けられてから、
どのくらいの期間、
ノーメンテで過ごしてきたのでしょう。


nomantnsrusufuk.JPG




なかなか、人が見に来るような所じゃないから。


汚れたタラップを上へ上へ上がって、
足元の覚束ない高所を移動してようやく辿り着く、
そんな場所だから。


「どうせ遊んでいるスペースだから」


という事はあるんでしょうけど、
もう少しアクセスし易い場所に設置してあげると
ファンにとっても、
見に行く人間に取っても、
優しいように思います。


建築屋さんにお願いして、
タラップに背カゴをつけてもらい、
エキスパンドメタル床と手すりを付け足してもらい、
前よりは取り付きやすい状態に
していただきました。


うっかりタラップを踏み外したら、
20mくらいDS内を落下しちゃう……
っていうのは怖いですからね。

まあ、そうならないように2丁掛けの安全帯を装着して
行くのですけど。
(「ノーメンテのファンは」おわり)
posted by けろ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 換気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448905910
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック