2017年03月14日

稜堡式城郭の中

五稜郭は、
稜堡式城郭に分類されるのだとか。



世界各地に、特に欧州に、
多く造られた『稜堡式城郭』。


ruhskjukk7.JPG


タワーの展望室には、
築造されてからの歴史について、
詳細に、しかし見やすく
展示されています。


本来的に利用された期間がたいそう短い、
残念な歴史を辿っているようです。


実際の城郭の中は、
公園になっていて散策できます。



石積み。


ruhskjukk8.JPG


冬なので、植栽には雪囲いが施されています。


ruhskjukk9.JPG


もういっちょ、雪囲い。


ruhskjukk10.JPG




現代でも、政治状況・経済状況によって、
せっかく建てられた施設なのに、
大して古びないうちに解体される例があります。


せっかく新築で建てられた注文住宅が、
オーナーの事情によりすぐに売りに出されたり。

鳴り物入りでオープンした大型商業施設やテーマパークが、
客入りの不調により数年で閉鎖してしまったり。

諸行無常の響きあり、でしょうか。


そんな中、我々は生活しています。
(「稜堡式城郭の中」おわり)
posted by けろ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447889253
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック