2017年03月11日

天災は、忘れてしまい易いから

東北の震災から、6年となりました。

ニュースで観た、リアルタイムの惨劇は、
衝撃的でした。


ワタクシの地でも、
結構揺れました。

ちょうど打合せの後に、
ミスドでコーヒーを啜っていたところ、
ガシガシと短周期の揺れが遅い、
続いて、長周期の振幅の大きな揺れが
しばらくの間継続したのでした。

S−P時間から、震源は結構遠いこと、
振幅の大きさから、規模がかなり大きいものであることが
わかりました。

近くにいた女子高生が、
携帯の速報を見て「震度、7だってぇ〜!」と
大声を上げました。


立て続けに起こる余震のたび毎に停止する交通機関を経て
仕事場に帰り着くと、
この異常事態の片鱗を必死に中継するテレビが。

その後、容赦なく実況中継される、
津波、引波、津波、火災、救助。

頻繁な余震。

原発被災、爆発。




そして震災半年後、
現地を訪れ目にした光景によって、
報道によって知ったつもりになっていた様子なんて
ほんの一部の事でしかなかったことを思い知らされました。


その後、
各地で復興が進み、進まず、
生活が再建できた方も、再建できていない方も、
新しい歩みが軌道に乗った方も、命を落とされた方も、
それぞれの『今』があることでしょう。


他の地域でも、
地震があり、
水害があり、
台風があり、
噴火があり。



阪神淡路の時には、
調査のため出張中でした。

朝、行き掛けの高速道路で、
実態が良くわからないけれども、
阪神地域の大地震で、
相当な被害が出た模様、とのラジオニュース。

夕刻、帰りがけのニュース音声では、
朝とはかけ離れた状況が
淡々と読み上げられていました。

その被害の甚大さに、
言葉を失ったものでした。





天災(人災によって深刻化した部分も含み)が
日本全国、毎年とこかで起きています。

恐らく我が国は今年も、
何らかの天災に見舞われることでしょう。


その時、
何ができるのか、
何ができないのか、

どう感じるのか、
どう影響を受けるのか。



今現在はわかりません。

わかりませんが、
平穏無事な今、
考えられること、
実行できることはあるはず。



記憶として、
今一度振り返っておきます。
(「天災は、忘れてしまい易いから」おわり)
posted by けろ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック