2017年02月19日

Re:第68回さっぽろ雪まつり

終幕とともに完全解体されて、
ただの雪山になってしまった雪像ですが。

もちょっと生前の姿(?)を振り返っておきましょうか。



IMG_0332.JPG

遠くに見えるマンションの効果もあって、
超超巨大に見える、
某即席麺のカップ像。



IMG_0335.JPG

自衛隊の寒中訓練を兼ねた、
凱旋門の制作。



IMG_0336.JPG

表面の役物を作るための型も
展示されていました。



抽選を勝ち抜いて小雪像制作権を得て
作ることのできる『市民雪像』。

正直言ってショボいものもありますが、
かなり作りの凝ったものもあります。
今回、いちばん良いと思ったのは、これ。

IMG_0333.JPG



時事を巧みに表現したものもあります。

IMG_0334.JPG




そして、数多くの飲食店舗。


プレハブの仮設なのですが、
せつび観察家としては、
その裏側を見ないわけにはいきません。


IMG_0330.JPG

ガズボンベと、排気ファン。
ファン形式は、シロッコファン。
フレキダクトで、屋上へ排気しています。



IMG_0331.JPG

こっちは、ボンベの本数もたくさん。
焼き物、茹でものが多いお店ですからね。

排気ファンは、
壁換気扇をたくさん並べたもの。

横に3枚ある羽根は「シャッター」です。
換気扇が止まっているときには閉まっています。
換気扇が動くときだけ、開きます。

シャッターには、
電気で動く「電動シャッター」と
換気扇の風圧で開く「風圧シャッター」の
2種類があります。


家庭用なんかで、引き紐により動かす換気扇の場合には、
引き紐に連動して機械的に開くやつもありますね。



飲食物屋台にも、
「給水」「給湯」「排水」「ガス」「冷暖房」「換気」
「照明」「コンセント」「放送」「火災報知」「動力」
などなど、さまざまな『せつび』が取り付けられています。

飲食メニューだけじゃなくて、
こういう所もぜひ見てみて!


普段は、大通公園。

遊具には、
どっかり雪が積もった状態のまま、
KEEP OUT

IMG_0328.JPG
(「Re:第68回さっぽろ雪まつり」おわり)
posted by けろ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446974985
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック