2017年01月30日

バルブ操作用のハンドル

パイプシャフトって、結構狭くって
中のバルブを操作したくっても
なかなか難儀することが多いもの。



バルブのハンドルを延長して、
点検口の高さまで持ち上げると
とっても操作しやすくなりますね。

psnnkdvlvwsussysusrnh.JPG


バルブには、
「常時開」とか「常時閉」としか
表示が無いことも多いのですけど、
用途(給水、給湯、温水)とか
系統名(1階便所系統、水抜用)とか
場合によっては口径(25A、65A)とか
表示を追加してあげると
後々役立ちます。

お金をかけて立派な彫り込み文字を入れなくても
テプラで作ってしっかり貼っておいてあげれば十分です。

……この表示が間違っていたりすると
後々混乱しますから、
よぉく確かめて付けて欲しいのですけどね。
(「バルブ操作用のハンドル」おわり)
posted by けろ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446433699
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック