2017年01月25日

玄関脇の散水栓

ある施設の玄関脇に、
散水栓が設けてありました。



雨水再生水を利用したもので、
「飲めません」と明示してあります。

dirgcwknsnsisntmznk.JPG



水撒きに使うなら、
飲める水質の水を使わなくてもよいでしょう。


日本の水道設備は、
すごく高品質なんだと思います。

普通の日本人が、
水道水をそのまま飲んで腹を壊さなくて済む国は
どのくらいあるんでしょう。


・水道水は、飲んじゃダメ。汚染されてるから。
・生野菜は、食べちゃダメ。洗う水が汚染されてるから。
・レストランで出て来るコップの水も飲んじゃダメ。
・未開封の缶飲料なら大丈夫。
・良く加熱されていない食材は、食べちゃダメ。
・採ったままの果物は大丈夫だけど、カットしてあるやつは危険。


そんな注意事項が列挙される渡航先もあります。


水資源自体が豊富で、
普段あまり有り難みを実感せずにいますが、
やはり有り難いことです。


でも、雨水や排水を再生して使うためには、
やはりそれなりの設備が必要で、
コストもかかります。

ある程度大きな施設でないと、
なかなか「再生水」は使いづらいところでしょう。


なお、上の水栓にはハンドルがありませんね。
勝手に使われるのを避けるため、
敢えてこのようにしてあります。


また、寒冷地ゆえ、冬期間は凍結する恐れがあります。
そのため、床面には水抜き用ハンドルが設けてあります。


冬期、気温が-4℃以下になる場合には、
水抜きしないと凍結してしまいますから
うっかり忘れないように、
お気をつけ下さい。

玄関ガラス面内側には
放熱器が設置してありますね。
(「玄関脇の散水栓」おわり)
posted by けろ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 衛生設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446240682
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック