2016年12月26日

寒い時には、役に立つ。

作業スペースの上に設けられた、
ユニットヒーター。



頻繁に扉が開閉される配送室では、
ちょっと暖めてもすぐ熱が逃げてしまいますから。

ファンコンなんかよりもちょっと強力な放熱器を。


unthttktyhonhmddkd.JPG

側面から吸って、
下方に吹き出します。


中に温水コイルが入っていて、
温水で暖められた空気が
下に吹き出されるのです。


写真でファンの羽根のように見えるものは、
吹出し風向の調整板。
ファン自体は、もうちょっと奥に入っています。

この向きを変えると、
真下を重点的に暖めたり、
拡散させて周囲を一律に暖めたり
必要に応じて変化させることができます。



ある場所では、夏にも運転されていました。


寒いから?

いえいえ、暑いから。



温水は流さないで、
ただ運転していました。

扇風機がわりに。


そんな使い方も、できます。
(「寒い時には、役に立つ。」おわり)
posted by けろ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445118349
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック