2016年12月22日

給水ポンプ、なんだけど。

あるところに展示されていた、
給水ポンプ。


今どきの呼び方にすれば、って話で。

idyupmp.JPG

手押しの井戸ポンプなのでした。


むか〜し昔は、
各家庭や、各町内に井戸があって、
そこで汲んで利用していたんですよね。

もっと昔は『つるべ』でやってたけど、
機械が発達して手押しポンプが出てきた、と。



あまり見なくなりましたね。


ごくたまに、公園や道端にあっても、
「この水は飲めません」と書かれていたりして。


現在は、多くの家庭では、
ただ蛇口をひねるだけで水が使える。

ひねりさえせずに、
手をかざすだけでセンサーによって検知されて電磁弁が開き
水が出る。


便利になったものです。

便利は、ありがたいものです。

便利をもたらすのは、『せつび』。


これからも、いろんな『せつび』が、
いろんな便利を実現してくれることでしょう。
(「給水ポンプ、なんだけど。」おわり)
posted by けろ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 衛生設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445118202
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック