2016年12月16日

被写体は、一体……

某駅で撮ったのは。



pintwttmtndgsigikguttrjnik.JPG

構図からして、
これは線路の「ポイント」を撮ったのに違いないのだ。


レールや、枕木や、
ポイント切替装置や、
そこにつなぐ電源線、制御線、
そういったモノに興味を感じて
撮ったのに決まっているのだ。


しかし、だ。


写っている写真を見ると、
背景の建物の外壁には
いろんなモノがついているじゃないか。


ウェザーカバー、防風板、
いろんな能力の室外機に
配管類、配線類。

ライトアップ用の器具もある。


ひとたびそちらに意識が向くと、
もはやそちらが主役であるかのように、
当初からの被写体であったかのように
感じられてしまうのは、なぜ?



以前の記事のコメントで書いたのだが、

「人には見えないものが、見えてしまう」

ちょっと怪しい職種なんじゃないかと訝ってみたり。


「そんなん、アンタだけや」

と面と向かって言われると、
そうかもしれん、と俯いてみたり。
(「被写体は、一体……」おわり)
posted by けろ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444897097
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック