2016年11月28日

大きなガラリが、いっぱい

あるビルの裏手。



大きなガラリが、
いっぱいついていました。

gihkmnngrrtcykmenikd.JPG


デジカメの干渉のせいもあって、
(もちろん、皆無に等しい撮影技術のせいでもある)
外壁仕上げとガラリとの区別が
画像ではよくわからないことと思います。

ま、それだけ目立たないように
ガラリが取り付けられている、とも言えます。


ガラリの必要面積は、
設備設計時の計算によって
出すことができます。


有効開口率をどうするとか、
建物のどの面に、
どのような形で、
どのような外装の中でつけるか。
色をどうするか。
そのあたりの条件は、
意匠設計上の意図によって
決めてもらったほうが良いでしょう。


いずれにしても、
建物には空気の出入口が必須です。


平面プランが固まってしまう前に
設備設計者との意見交換ができれば、
意匠設計者の意図に反した
「みっともない」ガラリや換気フードが
そこかしこに出現するのを
避けることができます。


建物の用途やグレードによって、
設備設計者の早めの参画を
期待したいものです。
(「大きなガラリが、いっぱい」おわり)
posted by けろ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 換気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444349168
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック