2016年11月21日

壁埋込配管から接続された機器を撤去した跡に

新築時に、床とか壁のコンクリート内に
配管を埋め込んで施工する事もあります。



配管が傷んできたので、取り替えようとすると、

・埋め込まれたコンクリートを解体して、配管もやり直す

なんて大掛かりなことは、
あまりやりません。

時間も費用もかかるし、
やかましい音が出るし。


埋まっている部分は切り離してしまって、
別のルートで配管を通してしまうほうが
早く出来るし、費用もかからない。

露出で出てくる配管さえ、
あまり気にしない場所ならば。


そんな時、
元々の壁から配管が生え出ていた部分は
塞いでしまわなくてはなりません。

カビたり
虫が入ったりしてもイヤですし。


モルタルを詰め込んで、
表面をキレイに仕上げても良いんですけど、

こんな『化粧プラグ』をつけて済ませることも。


kbumkmhiknwtkstatn.JPG

昔は、もっとゴッツいのしかありませんでしたが、
最近のやつは結構スッキリししているのでは。


それでも「見栄えが悪い」と感じる方もいるし、
一方で存在すら意識しない方もいるし。


好き好きですかね。
(「壁埋込配管から接続された機器を撤去した跡に」おわり)
posted by けろ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444114581
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック