2016年08月29日

鉄道高架のルーフドレン

鉄道の高架は、
降ってくる雨を受ける形状になっています。

その雨水は、しっかり集めて排水しなければなりません。


主目的物の構造体(橋脚、梁、スラブ)があるため、
雨水配管は支障にならない所に設けなくてはなりません。


とある駅傍の駐輪場にて。

ttdukukkunrfdrn.JPG


橋脚足元が写っていません。
雨水は、下部に雨水桝を設けて受け、
地中埋設配管にて集める場合もありますし、
地表に垂れ流してしまうところもあります。


大雨の時、どんな具合になっているか
見に行ってみると良いでしょう。
(「鉄道高架のルーフドレン」おわり)
posted by けろ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 衛生設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441434814
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック