2016年08月24日

キュービクルは、どこに据えようか

受変電装置を箱にまとめた
「キュービクル」をどこに置くのか、
設計の際にはいつでも懸案だったりするんです。


電気室を設けて、そこに納めるのか、
敷地の空いたスペースに基礎を作ってその上に据えるのか、
屋根の上に乗っけてしまうのか。

見え掛かりの良し悪しもあるでしょうし、
費用の多寡もあるでしょうし。

本来なら点検し易さも重要ではあるんですが、
優先順位は下げられてしまうことも、
まま、あること。

受電容量が大きいならば、
重量もそれなりになるので、
構造的な配慮も必要になってくることでしょう。

cbclnookskgn.JPG

さて、現在計画中の建物では、
キュービクルを、どこに置きますか?

低圧受電で済む建物なら、
もちろん不要ですけれども。


引込のために新たに建てる、
構内柱の位置も、
揉める材料だったりします。
(「キュービクルは、どこに据えようか」おわり)
posted by けろ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441270768
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック