2016年08月20日

建物のウラ

人間に表と裏があるように、
建物にも表と裏があるのです。

正面玄関のように、
「いつも人に向けている部分」が表だとすれば、
「人に向けていない部分」が裏。

建物使用者の動線や、
周囲の景観などを考慮して、
建物のオモテ・ウラが決められます。


そして、「せつび」は大抵、
ウラ部分に設けられるものなのです。


ttmnhmtmg10wr.JPG


建物のウラは、
側面だったり、裏面だったり、屋上だったり。
ウラを地下に押し込めてしまうことも。


人間だって、
表面上こちらに向いている部分だけでは
評価できないのです。

ぱっと見、良い印象を持ったとしても、
それだけで「良い人」認定するのは
いささか単純過ぎるわけで。

詐欺師なんて、
所見は大抵「良い人」の筈なんですから。
だから、騙される。


有名建築家の「作品」って、
オモテが評価されている場合が多いように
感じられます。

けれども、それらの作品にも「ウラ」が
あるわけ。

オモテが映えるように、
適切な、ふさわしいウラを実現していれば、
建物全体が良いものとなります。

見映えだけしか考えていなければ、
見た目は良いけど、性格がね……という存在に
なりかねません。


見た目だけ八方美人なのではなくて、
人間性を磨くことも大事(なはず)。

内面が美しければ、
多少見た目に難があったとしても
きっと悪いようにはならないでしょう。


人間は、そうなのだろうけど。


建物は、どうなのかな。
(「建物のウラ」おわり)
posted by けろ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 設備一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441185610
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック