2016年07月21日

雪庇、侮るべからず

ある建物を見上げたところ、
見るも無残なフードたちが。

spnhgi1.JPG

換気用の丸形フードも(青矢印)
角形フードも(緑矢印)
見事に潰されています。

spnhgi2.JPG
(丸形フード拡大)


たぶん、先代のエアコンの室外機も
これで破壊されちまったんでしょう。

改めて、頑丈な屋根(1枚めの写真の赤矢印)で
防護してありました。

spnhgi3.JPG


なぜ、こんな事に?


積雪期、
この建物の屋上に出来た雪庇(せっぴ)が落ちてきて
これらのモノを破壊したんじゃないでしょうか。

しっかり育った雪庇って、
見た目は真っ白な『雪』なんですが、
その実、
硬い氷の塊に近い状態。
『岩石』と言って差し支えない。

落ちてきたら、モノは壊れるし、
人は怪我します。(当たり所によっては……超危険)


雪庇、恐るべし。

雪庇、侮るべからず。
(「雪庇、侮るべからず」おわり)
posted by けろ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 換気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440243110
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック