2015年10月03日

冷媒配管の防火区画貫通処理

冷媒配管(銅管や被覆銅管であることが多い)が
防火区画を貫通する場所には、
それなりの処理をしなくてはなりません。

手法はいろいろありますが、
『認定工法』を用いるのが無難。

区画処理.JPG

いろいろ試験を行い、性能が確認された工法(比較的手軽)なので、
確実性が高いと考えられます。
(偽装があった、という例もありますが)

PS060FL-9369
とか、認定番号を図示しておけば、確認申請もバッチリです。
(「冷媒配管の防火区画貫通処理」おわり)
posted by けろ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック