2015年08月05日

換気の出口

天井埋込形換気扇などでちょっとした換気をする時、

外壁面にこんなモノを取り付けて、排気の出口とします。
フード付きのベントキャップ.JPG

換気用のキャップなので『ベントキャップ』と言ったり、
フードが付いているから『フード付ベントキャップ』と呼んだり、
某社の商品名を一般名詞化して『セルフード』と呼んだり、
呼び方はさまざまです。

アルミ製、ステンレス製といった、材質の違いがあったり、
丸形フード、角形フード、防風板といった、形状の違いがあったり、
横ガラリ、縦ガラリ、網付きといった、開口部の状態の違いがあったり、
フードから水垂れして壁面を汚すことを避けるためのエプロンがついていたり、
金属材質そのまま、焼付塗装、耐塩害塗装といった仕上げの違いがあったり、
防火ダンパー付だったりそうでなかったり、
細かく言えばキリがないくらい、いろいろあります。

建物の立面図に、この『フード』が描いていないことが多いように思います。
外観イメージに結構影響が大きいので、立面図やパースに落としこむと共に、
形状や仕上げにも気を遣って選定できたら良いのではないでしょうか。
(「換気の出口」おわり)
posted by けろ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 換気設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック