2015年05月06日

冷却塔の冬期養生

一般的に、冷房するのは夏の間だけですよね。

使わない冬期は、点検したり、修理したりするチャンス。
でも余程大規模な修理でも無い限りはすぐに終わります。

使わない間は、しっかりと冬期養生しておきます。

冷却塔上部にカバーをかけた例。
冷却塔の養生.JPG
全体にかける場合もあります。

何もせず放置されている建物も、時々見かけます。

冷却塔って、そんなに安価な機器でもありません。
ちょっとだけお金をかけてしっかり養生することで、長持ちさせられますよ。
設計図の機器表には「冬期養生カバー共」と書いておくと良いでしょう。
(夏しか使わない冷房専用のエアコン室外機なんかにも)

カバーをかけるだけじゃなくて、冷却水の管理とか、バルブ類の点検とか、いろいろ『やったほうが尚良い』ことがあります。
冷水系統のポンプや制御弁についても、手がけたいところ。

施設運用費の予算の都合もありましょうが、なるべく世話を焼いてやって下さいませ。
(「冷却塔の冬期養生」おわり)
posted by けろ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック